キリンホールディングスとは?

キリンホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 14:22 UTC 版)

キリンホールディングス株式会社: Kirin Holdings Company, Limited)は、飲料事業会社の麒麟麦酒株式会社を中核とする、キリングループの持株会社(ホールディングカンパニー)である。三菱グループの一員であり、三菱金曜会[4]及び三菱広報委員会[5]の会員企業である[4][6]東京証券取引所第一部上場。日経平均株価採用銘柄。




  1. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年2月2日閲覧
  2. ^ a b c d e キリンホールディングス - 企業情報”. キリンホールディングス株式会社. 2016年6月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i キリンホールディングス株式会社 第180期 有価証券報告書”. EDINET (2019年3月28日). 2019年5月24日閲覧。
  4. ^ a b 三菱金曜会
  5. ^ 三菱広報委員会の活動
  6. ^ 三菱広報委員会の加盟会社
  7. ^ 清水律子 (2009年7月13日). “キリンとサントリーが経営統合含め検討”. ロイター. https://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-10016120090713 2020年12月9日閲覧。 
  8. ^ “キリン、サントリー統合へ 酒類・飲料で世界最大級に”. 共同ニュース. 共同通信. (2009年7月13日). オリジナルの2014年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140718052439/http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009071301000169.html 
  9. ^ “キリン、サントリー経営統合断念 統合比率で折り合わず”. 共同ニュース. 共同通信. (2010年2月8日). オリジナルの2014年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140718055328/http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020801000246.html 
  10. ^ a b キリンHD、孫会社の協和発酵バイオを子会社化”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2019年2月5日). 2019年2月6日閲覧。
  11. ^ グループ本社移転のお知らせ
  12. ^ 週刊ダイヤモンド 2016年4月2日号14ページ
  13. ^ 完全子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ”. キリンホールディングス. 2019年1月30日閲覧。


「キリンホールディングス」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「キリンホールディングス」に関係したコラム

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キリンホールディングス」の関連用語

キリンホールディングスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キリンホールディングスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキリンホールディングス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS