雑貨とは? わかりやすく解説

ざっ‐か〔‐クワ〕【雑貨】


日用品

(雑貨 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/27 03:57 UTC 版)

日用品(にちようひん)は、生活していくために必要な物。ただし、その範囲は統計や調査など文脈により異なる。


  1. ^ a b 日用品”. 経済産業省. 2022年9月27日閲覧。
  2. ^ a b c d 第1回 日用品「需要予測が当たらない?」二つの理由”. 日立ソリューションズ東日本. 2022年9月27日閲覧。
  3. ^ 消費財(しょうひざい)”. 東海東京証券. 2022年9月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e 山﨑 泰弘. “消費者の食品・日用品における小売業態使い分けの研究”. 流通経済研究所. 2022年9月27日閲覧。
  5. ^ a b 菊田琢也. “消費社会と雑貨 : 1980年代、雑誌『オリーブ』の分析を通じて”. 文化学園大学紀要 服装学・造形学研究 45 37-45. 文化学園大学. 2022年9月27日閲覧。
  6. ^ 金野静一. “気仙風土記(616)地名と歴史(113)高田かいわい10”. 広報りくぜんたかた(2015年(平成27年1月1日号)). 陸前高田市. 2022年9月27日閲覧。
  7. ^ 小売・流通用語集~流通業界で働く方必携~季節指数”. 日経BP 日経クロストレンド. 2022年9月27日閲覧。
  8. ^ a b c 汎用性のある PCR「日用品」の対象製品分類の範囲”. CFPプログラム. 2022年9月27日閲覧。


「日用品」の続きの解説一覧

雑貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/29 08:02 UTC 版)

長谷川義太郎」の記事における「雑貨」の解説

日本独自製品カテゴリーである「雑貨」という概念創造した。これを通じて消費者のみならずファッションデザイナーモデル雑誌編集者など内外クリエイターに対して現在に至るまで多大なる影響力与えている。

※この「雑貨」の解説は、「長谷川義太郎」の解説の一部です。
「雑貨」を含む「長谷川義太郎」の記事については、「長谷川義太郎」の概要を参照ください。


雑貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 23:28 UTC 版)

漢語」の記事における「雑貨」の解説

「碗」(ワン)、「鉢」(ハチ)、「絵」(エ)、「香」コウ)、「草履」(ゾウリ)、「頭巾」(ズキン)、「磁石」(ジシャク)、「樟脳」(ショウノウ)など古くから用いられている雑貨の中にも漢語定着しているものは多い。「太鼓」(タイコ)、「琵琶」(ビワ)、「尺八」(シャクハチ)などの楽器や、「碁」(ゴ)、「賽」(サイ)、「双六」(スゴロク)などの娯楽用具中国由来するもの多く漢語である。 こ のほか「瓶」(ビン)、「蝋燭」(ロウソク)、「吊灯」(チョウチン)、「蒲団」(フトン)、「火燵」(コタツ)、「脚榻」(キャタツ)、「暖簾」(ノレ ン)、「算盤」(ソロバン)、「湯婆」(タンポ)、「急須」(キュウス)、「椅子」(イス)、「石灰」(シックイ)などの日用品は、読みとしては見慣れな いものが多いものの、漢語である。

※この「雑貨」の解説は、「漢語」の解説の一部です。
「雑貨」を含む「漢語」の記事については、「漢語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「雑貨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

雑貨

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 03:59 UTC 版)

名詞

(ざっか)

  1. 生活必要になる、様々日用品

発音(?)

ざ↗っか

類義語


「雑貨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雑貨」の関連用語

雑貨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雑貨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日用品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長谷川義太郎 (改訂履歴)、漢語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの雑貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS