現在に至るまでとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 現在に至るまでの意味・解説 

現在に至るまで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 04:45 UTC 版)

歴史教科書問題」の記事における「現在に至るまで」の解説

第一教科書問題発端に、以降90年代から2000年代にかけて歴史教科書問題は、歴史認識問題連動してしばしば中国・韓国との外交問題となってきた。中国・韓国主張記述する過度な配慮がある教科書目立ち中国・韓国外交問題にする可能性がある部分には検定意見付けないというように近隣諸国条項呪縛になっている2001年教科用図書検定に合格した『新しい歴史教科書』(扶桑社) は、中学校社会科歴史教科書として新しい歴史教科書をつくる会によって執筆された。この教科書は、大江健三郎17名によって、「検定申請本から「従軍慰安婦」「燼滅作戦」「731部隊」などへの言及激減し日本の朝鮮植民地支配中国侵略正当化している」と主張、「加害記述後退させた歴史教科書憂慮し政府要求する」という要望書公表されている。 2011年沖縄県八重山地区(石垣市与那国町竹富町)で、文部科学省2002年8月出した通知、「教科書制度改善について」に基づ改革の実施に対し、「新しい歴史教科書をつくる会」の自由社育鵬社中学歴史公民教科書の採択反対主張する勢力が、「つくる会」系教科書の採択のための改革主張改革に対するネガティブ・キャンペーンとしての教科書採択を巡る騒動へ発展した当初、この騒動歴史教科書重点置かれていたが、育鵬社版の公民教科書採択されると、与那国島への自衛隊配備反対主張する勢力加わり自衛隊配備に対するネガティヴ・キャンペーンとしての性質帯びることとなった[要検証ノート]。 なお、この騒動厳密に歴史教科書問題ではないが、前述の通り、「つくる会」系教科書反対派当初歴史教科書採択反対に重点置いたため、便宜上本項分類する。 「八重山教科書問題」も参照 また、2014年3月から韓国一部採択され教学社による教科書日本の植民地支配朝鮮半島近代化させたと記述し李承晩朴正煕大統領肯定的に扱い6・15南北共同宣言批判的に扱っている点が歴史歪曲するものとして騒動になった

※この「現在に至るまで」の解説は、「歴史教科書問題」の解説の一部です。
「現在に至るまで」を含む「歴史教科書問題」の記事については、「歴史教科書問題」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「現在に至るまで」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「現在に至るまで」の例文・使い方・用例・文例

  • 現在に至るまで
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

現在に至るまでのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



現在に至るまでのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの歴史教科書問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS