与那国島とは?

与那国島

読み方:ヨナグニジマ(yonagunijima)

琉球列島一部先島諸島八重山群島属す東シナ海有人

所在 沖縄県八重山郡与那国町

別名 ドゥナン

位置・形状 石垣島から127km、日本西端北緯2423分、東経123度0分。第三紀砂岩頁岩周縁部琉球石灰岩からなる円形の島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

与那国島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/15 13:28 UTC 版)

与那国島(よなぐにじま)は、南西諸島八重山列島日本の最西端に位置する国境の島である。




  1. ^ 島しょ別面積”. 沖縄県 (2018年5月2日). 2018年9月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 与那国島について”. 与那国町 (2018年4月5日). 2018年9月3日閲覧。
  3. ^ 国土地理院 都道府県の東西南北端点と重心の経度緯度
  4. ^ 日本の東西南北端点の経度緯度”. 国土地理院. 2018年9月8日閲覧。
  5. ^ “与那国町、町制施行70周年を祝う 町民と協働の島づくりへ”. 八重山毎日新聞. (2017年12月3日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/32655/ 2017年12月3日閲覧。 
  6. ^ a b 沖縄体験滞在交流促進事業 与那国町”. 内閣府沖縄振興局. 2018年9月4日閲覧。
  7. ^ “与那国、きょう町昇格70年”. 八重山毎日新聞. (2017年12月1日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/32644/ 2017年12月3日閲覧。 
  8. ^ a b “与那国に陸自駐屯地 発足半年、変わる島の暮らし”. 日本経済新聞. (2016年9月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H50_R00C16A9CN8000/ 2017年12月3日閲覧。 
  9. ^ “与那国島への陸自配備から1年余 島民に溶け込む自衛隊 国境の砦に「活気」と「安心」もたらす「地域のために 地域とともに」”. 産経ニュース. (2017年7月3日). http://www.sankei.com/premium/news/170703/prm1707030009-n1.html 2017年12月3日閲覧。 
  10. ^ “与那国陸自配備から1年、迷彩服往来で島の風景一変”. 琉球新報. (2017年3月29日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-469190.html 2017年12月3日閲覧。 
  11. ^ 平成26年全国都道府県市区町村別面積調 島面積 (PDF)”. 国土地理院. p. 108 (2014年10月1日). 2015年3月16日閲覧。
  12. ^ 人口と世帯数”. 与那国町 (2018年4月5日). 2018年9月8日閲覧。
  13. ^ a b c d e Yonagunijima Climate Normals 1981-2010” (Japanese). Japan Meteorological Agency. 2014年2月5日閲覧。
  14. ^ 与那国町役場”. 与那国町 (2018年4月5日). 2018年9月8日閲覧。
  15. ^ 日本の浮標式”. 海上保安庁 第十一管区海上保安本部. 2018年9月8日閲覧。
  16. ^ 富島壯英 (1989年). “「ドゥナン」(与那国)語源考 (PDF)”. 沖縄県立博物館総合調査報告書 VI 与那国島. 沖縄県立博物館. 2018年8月11日閲覧。
  17. ^ 那覇自然環境事務所
  18. ^ 国指定鳥獣保護区一覧(平成22年11月1日現在) (PDF)
  19. ^ 萩尾俊章 (2009年). “与那国島に関する主要歴史年表 (PDF)”. 与那国島総合調査報告書. 沖縄県立博物館・美術館. 2017年12月3日閲覧。
  20. ^ a b c 与那国の歴史 与那国びする会議[リンク切れ]
  21. ^ “台湾と新たな交流促進へ”. 八重山毎日新聞. (2014年7月17日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/24985/ 2018年9月8日閲覧。 
  22. ^ “カジキの売り上げ増加 与那国町漁協”. 八重山毎日新聞. (2014年7月18日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/25411/ 2018年9月8日閲覧。 
  23. ^ “与那国漁協、防衛予算でエビ養殖場 年間20億円を計画”. 琉球新報. (2015年12月17日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-189888.html 2018年9月8日閲覧。 
  24. ^ “離島未体験でも「関心」76% 県外観光客 沖縄公庫調査”. 琉球新報. (2017年3月18日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-462961.html 2017年12月3日閲覧。 
  25. ^ 有人国境離島地域の保全に関する状況(平成29年4月) (PDF)”. 内閣府総合海洋政策推進事務局. 2017年7月27日閲覧。
  26. ^ 有人国境離島地域の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する基本的な方針 (PDF)”. 内閣府総合海洋政策推進事務局. 2017年8月19日閲覧。
  27. ^ 新防衛大綱 南西諸島を重視 先島に監視、実戦部隊 琉球新報、2010年12月18日
  28. ^ 町有地賃貸議案を可決 町、月内にも防衛省と仮契約 八重山毎日新聞、2013年6月21日
  29. ^ 与那国町、防衛省と賃貸契約 陸自配備予定の町有地 琉球新報、2014年4月1日
  30. ^ 陸自基地 与那国で起工式 新設は復帰以降初 沖縄タイムスプラス、2014年4月20日
  31. ^ 与那国の陸自拠点で起工式 防衛省 八重山毎日新聞、2014年4月20日
  32. ^ 与那国に陸自部隊発足 隊員160人、レーダー監視 琉球新報、2015年3月29日
  33. ^ 与那国 陸自沿岸監視隊が発足 施設新設は復帰後初 八重山毎日新聞、2015年3月29日
  34. ^ 陸自配備賛成が多数 反対に187票差 八重山毎日新聞、2015年2月23日
  35. ^ “韓国など海外原発事故の検知強化へ規制委、長崎や沖縄に装置”. 産経新聞ニュース. (2017年7月24日). http://www.sankei.com/world/news/170724/wor1707240006-n1.html 
  36. ^ 花蓮訪問団チャーター便で台北入り 八重山毎日新聞オンライン 2007年10月5日
  37. ^ 与那国―花蓮 来月、初チャーター便 琉球新報 2008年6月14日
  38. ^ 与那国―花蓮、初のチャーター便飛ぶ 八重山毎日新聞オンライン 2008年7月5日
  39. ^ 花蓮市から61人来島 与那国―台湾にチャーター便 琉球新報 2009年2月28日
  40. ^ 宇良部岳 (PDF)”. しま山100選. 日本離島センター. 2018年9月3日閲覧。
  41. ^ 久部良バリ及び久部良フリシ - 文化遺産オンライン(文化庁
  42. ^ “「ティンダバナ」国の名勝に 与那国町”. 八重山毎日新聞. (2014年6月21日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/25227 
  43. ^ 先島諸島火番盛 - 文化遺産オンライン(文化庁
  44. ^ a b c 座覇泰 「与那国島の地質」『与那国島総合調査報告書』(PDF) 沖縄県立博物館・美術館、209、1-7頁。
  45. ^ a b 与那国紀行”. 美ら島物語. 日本トランスオーシャン航空 (2001年3月16日). 2018年9月8日閲覧。
  46. ^ 泡盛コラム vol.24 花酒”. 美ら島物語. 日本トランスオーシャン航空 (2003年11月15日). 2018年9月8日閲覧。


「与那国島」の続きの解説一覧



与那国島と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「与那国島」の関連用語

与那国島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



与那国島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウルマックスウルマックス
©2018 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの与那国島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS