蛾とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > > の意味・解説 

が【×蛾】

[音]ガ(呉)(漢) [訓]ひむし

昆虫の名。ガの総称。「蛾眉(がび)/穀蛾灯蛾毒蛾誘蛾灯


ひ‐むし【×蛾】

のさなぎ。また、その羽化したもの。ひひるむし。

夏虫の—の衣二重着て隠(かく)み宿りはあに良くもあらず」〈仁徳紀・歌謡


ひいる〔ひひる〕【×蛾】

蛾(が)の古称。特に、(かいこ)の蛾をいう。

愚人の貪(ふけ)る所は、—の火に投(い)るが如し」〈霊異記・下〉


が【×蛾】

翅(りんし)目の昆虫のうち、チョウ類を除いたもの総称。主に、夜間活動し、胴が太く地味な色で、触角糸状羽毛状・くしの歯状などをし、静止するときにチョウのように翅(はね)を立てないものをいう幼虫毛虫芋虫多く、さなぎになるときに繭を作るものが多い。日本には約5000種が分布。カイコガ・ハマキガ・ドクガ・スズメガ・ヤガ・シャクガ・ヒトリガなど。《 夏》


が【蛾】

〔名〕 チョウ翅)目の昆虫のうち、チョウ類を除いたもの総称。形、大きさなどチョウによく似ているが、ふつう体が太く鱗片密生し、はねは比較的狭く、一部のものを除き、はねを広げたまま止まり夜間活動するなどの点で区別される。色は一般に地味で、触角くし状羽毛状、葉状などある。卵、幼虫、さなぎ、成虫完全変態し、幼虫イモムシケムシ形。カイコによる生糸ヤママユガによる天蚕糸(てぐす)の生産など益虫もいるが、作物食害するものが多い。メイガシャクガドクガミノガなど日本では約五〇〇〇種が知られる。《季・夏》 〔八雲御抄1242頃)〕

太平記14C後)二「蛾(ガ)と云ふのあまた明障子(あかりしゃうじ)に取り付きたるを」〔黄庭堅‐渓上吟〕


ひいる ひひる 【蛾】

〔名〕 昆虫の蛾(が)の古称。後には多く(さなぎ)の羽化した、蚕蛾(かいこが)をいう。

書紀720持統六年九月北野南北朝期訓)「越前(こしのさき)の国(くに)の司(みこともち)、白蛾(ヒヒル)献れり」


ひひる【蛾】

〔名〕 ⇒ひいる(蛾)


ひ‐むし【蛾・火虫】

〔名〕

① (蛾) 蛾(が)。特に、(かいこ)のさなぎが羽化して蛾となったもの。また、のさなぎ。

書紀720仁徳二二年正月・歌謡夏蚕(むし)の 譬務始(ヒムシ)の衣 二重着て 隠み宿りは 豈良くもあらず」

夏の夜など灯火に集まる蛾などの火取り虫。《季・夏》 〔俳諧俳諧歳時記(1803)〕

[補注]①を「火虫」の意とする説は、上代、「蛾(ひむし)」の「ひ」が甲類音であるのに対し「火(ひ)」が乙類音であるところから誤り


チョウ

同義/類義語:, ガ, 蛾
英訳・(英)同義/類義語:butterfly, moth

生物の分類で、節足動物門昆虫綱チョウ目鱗翅類)に属す動物総称

作者安岡章太郎

収載図書安岡章太郎集 1
出版社岩波書店
刊行年月1986.6

収載図書ガラスの靴悪い仲間
出版社講談社
刊行年月1989.8
シリーズ名講談社文芸文庫


作者大庭みな子

収載図書虹の繭大庭みな子自選短篇集
出版社学芸書林
刊行年月1990.5


作者立花種久

収載図書森のなかで
出版社パロル舎
刊行年月1990.8


作者金子光晴

収載図書風流尸解記
出版社講談社
刊行年月1990.9
シリーズ名講談社文芸文庫


作者吉行淳之介

収載図書菓子祭夢の車輪
出版社講談社
刊行年月1993.12
シリーズ名講談社文芸文庫


作者篠崎淳之介

収載図書探偵クラブ傑作
出版社光文社
刊行年月2001.12
シリーズ名光文社文庫


作者斎藤広

収載図書海辺だより
出版社新人物往来社
刊行年月2006.12


作者室生犀星

収載図書室生犀星童子文豪怪談傑作
出版社筑摩書房
刊行年月2008.9
シリーズ名ちくま文庫


読み方:ガ(ga

チョウ目属す昆虫で、チョウ以外のものの総称


読み方:ガ(ga

チョウ目チョウ以外の昆虫夜間活動するものが多い

季節

分類 動物


読み方:ガ(ga

作者 金子光晴

初出 昭和23年

ジャンル 詩集


読み方:ガ(ga

作者 壷井繁治

初出 昭和33年

ジャンル


( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 15:32 UTC 版)

(蛾)とは、節足動物門昆虫綱チョウ目(鱗翅目、ガ目とも)に分類される昆虫のうち、チョウ(具体的にはアゲハチョウ上科セセリチョウ上科シャクガモドキ上科)を除いた分類群の総称。




「ガ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2016/07/23 00:51 UTC 版)

発音

名詞

  1. チョウ目鱗翅目)に属す昆虫の分類の一、または同種の成虫に似るが、触角腹部、翅の形状違いや、生態違いにより区別される。完全変態であり、芋虫毛虫の状態で幼虫期を過ごし、作る幼虫多く農作物荒ら害虫だが、成虫一部花粉媒介をする益虫カイコガなど一部の種の絹糸原料になる。毒を持つ、あるいは異臭放つ種類もあり、食用適する種は少ない。(夏の季語)

関連語

訳語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



蛾と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蛾」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蛾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS