ノシメマダラメイガとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > > ノシメマダラメイガの意味・解説 

ノシメマダラメイガ(成虫)

ノシメマダラメイガ Plodia interpunctella (Hübner)

ノシメマダラメイガ(成虫

この害虫属する群
形態
 前翅長は6~8mm前翅は内半が黄白色で、外半には赤褐色灰褐色縞模様がある。後翅灰白色半透明幼虫成熟して8~10mm達し淡黄白色である。体長約7mmで、橙黄色褐色であり、長さ12mm程度半透明な繭の中に入っている。卵は乳白色楕円形長径0.4mm前後
分布
 世界共通種。日本でも全国分布する。
被害
 米ヌカ小麦粉などの穀粉穀類乾燥果実、コーヒー豆調味料クッキーチョコレートなどの菓子類、飼料ペットフードなど、極めて多く食品食害する。菓子インスタント食品の袋や包装パッケージ穿孔し、中に入り込んで食べることもある。食品原料加害のほか、食品体が迷入して混入異物となることも多い。時に装飾品ドライフラワーなども加害することがある
生態
 穀粉をはじめ、穀類乾燥果実、菓子類などきわめて多く食品から発生する。また飼料ペットフード時にはドライフラワーなどからも発生する。穀粒では胚芽部を好んで摂食するため、玄米白米のようになる。自然状態では蜂の巣から発見されている。
 国内における発生は、北日本で年2回、南日本で4~5回と考えられるが、発生経過極めて規則で、暖房のきいた屋内では、常に卵から成虫までが混在して見られる暖地では、3月下旬より10月下旬まで成虫飛翔見られる野外環境に近いところでは、幼虫休眠して越冬する。夏期においては、卵期は数日幼虫期は2245日、期は約1週間で、気温低下すると各期間が延長される。成虫寿命は2週間程度で、その間に何も摂食せずに交尾産卵を行う。成虫は、幼虫の餌やその周辺に、200前後の卵を点々と産む。
 幼虫は、糸を吐いて穀粉などの餌を綴って摂食続けるが、密度大きいとその表面薄絹被せたようになる。また白い穀粉を食べてもノシメマダラメイガの糞は赤いので、比較的よく目立つ。そのため加害食品に糸と赤い糞が見られ場合には、本種によるもの推定される。 
特記事項
 長期間保存する食品は、密閉容器に入れて乾燥が保たれる場所に保管する。発生源となった食品廃棄し、発生源となった食品取り除いた後に、それを置いてあった場所に殺虫剤エアゾール噴霧する。被害が広がっている場合には、燻煙剤または全量噴射エアゾール室内充満させる。しかし、清掃によって、発生源除去することが最も大切である。

ノシメマダラメイガ

和名: ノシメマダラメイガメイガ科]
英名: Indian meal moth
学名: Plodia interpunctella(Hubner) [Pyralidae]
ノシメマダラメイガ
ノシメマダラメイガの卵

ノシメマダラメイガ
ノシメマダラメイガの幼虫

ノシメマダラメイガ
ノシメマダラメイガの
分布 日本を含む世界各国
形態   長径が0.4mm内外楕円形乳白色
幼虫 老齢幼虫体長は10mm-12mm頭部茶褐色腹部系統環境により黄白色、淡赤色淡緑色など。
  体長8mm前後黄褐色
成虫 体長7-8mm。翅を広げると14mm内外頭部は紫赤色腹部灰白色前翅の基半分淡黄色灰褐色仕切られたあと半分赤褐色
加害する食品 穀類小麦粉などの穀粉油分の多い乾燥加工食品など。
加害形態 玄米場合幼虫胚芽部に次いでぬか層を食べ白米化する菓子インスタント食品の袋を食い破って中に入り込み食べることもある。ノシメマダラメイガの糞は赤いので他のとの区別付きやすい。また加害された食品表面細かく糸を張り、覆ってしまうこともある。
防除方法 こまめに清掃し、餌となりやすい食品くずなどを出来るだけ残さないようにする。工場などでは発生確認するフェロモントラップ使用される。
その他 ノシメマダラメイガ(熨斗目斑螟蛾)の名は、前翅模様着物熨斗目模様似ていることによる以前ノシメコクガ熨斗目穀蛾)とも呼んでいた。



ノシメマダラメイガ
ノシメマダラメイガの成虫

ノシメマダラメイガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 23:18 UTC 版)

ノシメマダラメイガ(学名:Plodia interpunctella)は、チョウ目メイガ科に属する昆虫ノシメコクガとも表記される[1]。体長は7~8mm程度の小さな蛾である。幼虫は植物油脂が豊富な種子を食害する害虫として知られ、玄米の胚芽部と糠層を食害したり、チョコレートをも食害する。


  1. ^ 松沢寛 , 福永隆子 (1968)『香川県におけるノシメマダラメイガ(ノシメコクガ)の発生経過について(予報)』香川生物 4, 8-9
  2. ^ http://www.nfri.affrc.go.jp/yakudachi/gaichu/zukan/28.html


「ノシメマダラメイガ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノシメマダラメイガ」の関連用語

ノシメマダラメイガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノシメマダラメイガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2019 IKARI CORPORATION All rights reserved.
食品総合研究所食品総合研究所
Copyright (C) 2019 National Food Research Institute All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノシメマダラメイガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS