摂食とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 摂食 > 摂食の意味・解説 

せっ‐しょく【摂食】

読み方:せっしょく

食物をとること。主に飼育している動物についていう。「―行動」「―異常」


摂食・嚥下

(摂食 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/29 13:49 UTC 版)

摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)は、食物を認識してに取り込むことに始まり、に至るまでの一連の過程を指す。これらの過程のどこかが障害されると、摂食・嚥下障害となる。




「摂食・嚥下」の続きの解説一覧

摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 19:49 UTC 版)

ギガノトサウルス」の記事における「摂食」の解説

2002年コリアカリーは、頭骨後部見られる様々な特徴前方傾斜のついた後頭部低く幅広後頭顆など)から、首の前の椎骨に対して頭骨横に動か能力高かった提唱したこれらの特徴は顎の筋肉体積長さ増大にも関連した可能性があるギガノトサウルス他のカルカロドントサウルス科顎関節後方へ動いて顎の筋肉長さ増大させており、顎を素早く閉じられるようになっていた。一方でティラノサウルス類下顎筋肉体積増大して咬合力増強繋がっていた。 2005年テリエンらは獣脚類咬合力推定しギガノトサウルスとその近縁属強力な咬合力により獲物捕獲し引き倒すことへ適応していた一方ティラノサウルス類捩じる応力への抵抗と骨の破砕適応していたと発表したニュートンのような絶対値での推定不可能であったギガノトサウルス咬合力ティラノサウルスのものより弱く、また歯列に沿って奥になるほど弱化した。下顎切り裂くような噛み方に適応しており、おそらく顎の前部獲物捕らえて操作していたと推測される。エリテンらは、ギガノトサウルスをはじめとするアロサウルス上科は、竜脚類幼体など自身よりも小さな獲物幅広く捕食するジェネラリスト捕食者であった可能性示唆している下顎腹側の突起は、顎の前部獲物当てて強力に噛みつく際の引張応力耐えるための適応であったと考えられる近縁なマプサウルス最初の化石は、異な成長段階にある複数個体から構成されるボーンベッド発見された。マプサウルス2006年記載においてコリアカリーは、同じ分類群異な成長段階のものが存在することから遺骸堆積偶然ではないと提唱している。2006年の『ナショナルジオグラフィック』の記事において、主に中型の個体ごく僅か若齢高齢個体破壊的な事象巻き込まれ密集化石形成した結果がそのボーンベッドである、と主張した。またコリアは、ギガノトサウルス群れ狩り行って巨大な竜脚類狩る際のアドバンテージ得ていたのかもしれないとも述べた

※この「摂食」の解説は、「ギガノトサウルス」の解説の一部です。
「摂食」を含む「ギガノトサウルス」の記事については、「ギガノトサウルス」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 06:41 UTC 版)

コシジロウタオオタカ」の記事における「摂食」の解説

トカゲ小型哺乳類鳥類大きな昆虫食べ雑食

※この「摂食」の解説は、「コシジロウタオオタカ」の解説の一部です。
「摂食」を含む「コシジロウタオオタカ」の記事については、「コシジロウタオオタカ」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 06:59 UTC 版)

クロハサミアジサシ」の記事における「摂食」の解説

小魚昆虫甲殻類軟体動物を捕る時は、水面上の低空飛行行い水面下の嘴に引っかけ食べる。

※この「摂食」の解説は、「クロハサミアジサシ」の解説の一部です。
「摂食」を含む「クロハサミアジサシ」の記事については、「クロハサミアジサシ」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 03:20 UTC 版)

テムノドントサウルス」の記事における「摂食」の解説

テムノドントサウルスジュラ紀前期海において頂点捕食者であった。主に魚類首長竜他の魚竜といった脊椎動物主な食糧しており頭足類捕食した可能性もある。なお、脊椎動物常食としていたことが提案されジュラ紀魚竜テムノドントサウルスのみである。シュトゥットガルト自然史博物館所蔵されているテムノドントサウルス・トリゴノドンの標本腹部からはステノプテリギウス遺骸確認できるまた、頑丈な歯と深い顎により、テムノドントサウルス・ユーリケファルスは他の魚のような大型の獲物捕食していたと推定されている。一方でテムノドントサウルス・プラティオドンのような種は鋭いが控えめな大きなの歯を有し魚のような小型の獲物体の柔らかい獲物捕食していた可能性があるテムノドントサウルス捕食の際、口を開けた状態で獲物向かって前進して摂食していた可能性が高い。顎の動作俊敏であり、捕食際に咀嚼ではなく噛み付く手法取っていたと考えられている。

※この「摂食」の解説は、「テムノドントサウルス」の解説の一部です。
「摂食」を含む「テムノドントサウルス」の記事については、「テムノドントサウルス」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/29 09:18 UTC 版)

フサエリショウノガン」の記事における「摂食」の解説

雑食で種や昆虫他の小さな生き物食べる。

※この「摂食」の解説は、「フサエリショウノガン」の解説の一部です。
「摂食」を含む「フサエリショウノガン」の記事については、「フサエリショウノガン」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 09:23 UTC 版)

ヤマトメリベ」の記事における「摂食」の解説

摂食は浮遊匍匐際に行われる。飼育下では餌としてはアルテミアノープリウス、および淡水産活け海老使われた。 浮遊時の摂食行動 アルテミア補給した際、およびアルテミアが日照などで集合したときなどに見られた。まず頭巾持ち上げ左右に展開しながら前方広げる。そうして餌の集まった部分頭巾囲い込み海水ごとその中包み込むその後頭巾前縁触手列を絡めながら頭巾左右を合わせるようにして海水外へ出していく。更に頭巾上から下へ縮めて海水押し出し続ける。その後触手列を上から下へ口唇押しつける。この触手中に海水中のアルテミア取り込まれており、これが口唇鈎状突起でそぎ取られることで口に運ばれる。この行動1回あたりで1分 - 1.5分で、しばしば連続して行われる匍匐時の摂食 これは小エビに対して行われた底面を這う個体頭巾持ち上げて前方広げていき、大きく広がったそれを底面覆い被せる。それから底面に沿って絞り込んでいく。その際前縁触手突起エビ閉じこめるように内側に向いて蠢き、外側のそれは底面を探るように動く。その後頭巾上に持ち上げ上から下に左右を合わせるように海水絞り出してゆく。この時、2個体上が入っている場合、1個体だけを中に取り込んで、他は排出する頭巾が縮むにあわせ、口唇すり鉢状にへこみ、そこへ頭巾動いてエビ追い込むエビは口に飲まれるエビ1個体飲み込まれるまでには2分 - 3分かかる。 また、観察個体1つ頭巾片方大きく損傷して餌を囲い込むのが困難だったが、捕獲から26日後に損傷部を底面着けることで餌を捕獲出来るようになり、それ以降はこの捕獲法使ったこの種含め、スギノハウミウシ科やメリベウミウシ科は甲殻類を好むとされており、アルテミア幼生これまでにヤマトメリベの餌として好適であることは知られていた。湖産エビに関しては、捕食されるものの消化されなかった事例あることそれまで報告などから今原この種小型プランクトンサイズから体長3センチメートル程度までの甲殻類を餌にしており、ただ湖産エビサイズのものでは、より殻の薄いタイプ甲殻類を餌としているのではないか見ている

※この「摂食」の解説は、「ヤマトメリベ」の解説の一部です。
「摂食」を含む「ヤマトメリベ」の記事については、「ヤマトメリベ」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 08:36 UTC 版)

リトロナクス」の記事における「摂食」の解説

頭骨の形態からは噛み付き方、更には食べ方獲物狩り方までも推測することができる。本種の摂食様式当時他のティラノサウルス類とはかなり異なってたようである。歯はかなり大きくて頑丈だが、同時に鋭い鋸歯を持っている。このことから、この歯は骨を砕く、肉を切り裂く双方目的で用いることができたと推測される

※この「摂食」の解説は、「リトロナクス」の解説の一部です。
「摂食」を含む「リトロナクス」の記事については、「リトロナクス」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/02 16:58 UTC 版)

セリン (鳥)」の記事における「摂食」の解説

餌は主に植物の種子で、繁殖期には昆虫捕食する。 メドウタンポポ、ハコベタデナズナヨモギシモツケ、コモンソレル、アザミシロザカモガヤカバノキハンノキニレヒマワリ種を食べる。 また、アブラムシを餌をすることもある。

※この「摂食」の解説は、「セリン (鳥)」の解説の一部です。
「摂食」を含む「セリン (鳥)」の記事については、「セリン (鳥)」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/12 02:20 UTC 版)

チャイロニワシドリ」の記事における「摂食」の解説

果実種子昆虫カタツムリ中心に食べている

※この「摂食」の解説は、「チャイロニワシドリ」の解説の一部です。
「摂食」を含む「チャイロニワシドリ」の記事については、「チャイロニワシドリ」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/10 14:06 UTC 版)

イタリアオオカミ」の記事における「摂食」の解説

シャモアカモシカイノシシノロジカウサギなどの小動物食べている

※この「摂食」の解説は、「イタリアオオカミ」の解説の一部です。
「摂食」を含む「イタリアオオカミ」の記事については、「イタリアオオカミ」の概要を参照ください。


摂食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/03 00:20 UTC 版)

ムナグロチュウヒワシ」の記事における「摂食」の解説

主に、ヘビトカゲ小型哺乳類カエル捕食する

※この「摂食」の解説は、「ムナグロチュウヒワシ」の解説の一部です。
「摂食」を含む「ムナグロチュウヒワシ」の記事については、「ムナグロチュウヒワシ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「摂食」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「摂食」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



摂食と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「摂食」の関連用語

摂食のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



摂食のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの摂食・嚥下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギガノトサウルス (改訂履歴)、コシジロウタオオタカ (改訂履歴)、クロハサミアジサシ (改訂履歴)、テムノドントサウルス (改訂履歴)、フサエリショウノガン (改訂履歴)、ヤマトメリベ (改訂履歴)、リトロナクス (改訂履歴)、セリン (鳥) (改訂履歴)、チャイロニワシドリ (改訂履歴)、イタリアオオカミ (改訂履歴)、ムナグロチュウヒワシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS