松下由樹とは?

松下由樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 15:31 UTC 版)

松下 由樹(まつした ゆき、1968年7月9日 - )は、日本女優、元ダンサー


注釈

  1. ^ 松下幸枝名義。
  2. ^ 当初は浅野温子の出演が予定されていたが、体調不良のために降板し、代役として松下が起用された[18]

出典

  1. ^ 松下由樹 まつしたゆき”. ザテレビジョン. スタスケ. KADOKAWA. 2020年2月11日閲覧。
  2. ^ “富田靖子&松下由樹の“生みの親”が涙 デビュー作「アイコ十六歳」豊橋で上映”. 映画.com. (2018年3月3日). https://eiga.com/news/20180303/12/ 2020年7月13日閲覧。 
  3. ^ a b c d e DUNK 1985年10月号 p.54 - 55
  4. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 80年代アイドルたちの美熟化
  5. ^ Interview 松下由樹&TOMOKO(elliott)”. MC-CLUB MC VOL.88. 2018年5月4日閲覧。
  6. ^ 新入社員アンケート調査を実施! - 明治安田生命”. 2014年12月23日閲覧。
  7. ^ a b 週刊女性2017年8月8日号
  8. ^ 鏡の中の笑顔たち | 映画.com”. 映画.com. 2015年4月20日閲覧。
  9. ^ 上川隆也&志田未来が初共演 痴漢冤罪事件の真相に挑む法廷サスペンス”. ORICON STYLE (2015年11月10日). 2016年12月7日閲覧。
  10. ^ “上川隆也主演「佐方貞人」シリーズ第3弾 新パートナーは本仮屋ユイカ”. ORICON STYLE. (2016年11月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2081295/full/ 2016年11月11日閲覧。 
  11. ^ “取調官”天海祐希が復活!“Wユキ”松下由樹&斉藤由貴と対決へ”. SANSPO.COM (2015年8月18日). 2015年8月18日閲覧。
  12. ^ 小泉孝太郎、KY刑事役で新境地なるか 父譲り(!?)の“変人”ぶりに期待”. ORIOCN STYLE (2015年11月23日). 2015年11月24日閲覧。
  13. ^ 加藤清史郎、寺田心ら子役スターが芦田愛菜と“きょうだい”に”. ORICON STYLE (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  14. ^ “波瑠、いくえみ綾作品に再び! 中川大志と初共演「G線上のあなたと私」”. シネマカフェ (イード). (2019年7月21日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/07/21/62645.html 2019年7月21日閲覧。 
  15. ^ テレビ熊本ドキュメンタリードラマ郷土の偉人シリーズ宇良田唯~医者としての使命に燃えて~放送決定!!”. 天草市役所 (2021年1月7日). 2021年1月11日閲覧。
  16. ^ フジパンCM、14年目に”. しらべぇ. 2017年12月22日閲覧。
  17. ^ 熱海五郎一座が新橋演舞場のシリーズに、松下由樹と笹本玲奈がゲスト出演”. ステージナタリー (2016年3月2日). 2016年3月3日閲覧。
  18. ^ “浅野温子が舞台降板、体調不良のため 「銀河鉄道999」代役は松下由樹”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年3月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190327/geo19032711240016-n1.html 2019年3月27日閲覧。 


「松下由樹」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松下由樹」の関連用語

松下由樹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松下由樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松下由樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS