熊川哲也とは?

熊川 哲也

熊川哲也の画像 熊川哲也の画像
芸名熊川 哲也
芸名フリガナくまかわ てつや
性別男性
生年月日1972/3/5
干支子年
URLhttp://yajimaoffice.jp/kumakawatetsuya.html
プロフィール10歳でバレエ始め15歳の時全国舞踊コンクールジュニア部門で4位となり、同年英国ロイヤルバレエ学校留学1989年若手ダンサー登龍門である第17ローザンヌ国際バレエコンクール日本人初の金賞受賞同年英国ロイヤルバレエ団東洋人として初め入団し、バレエ団最年少17歳)でソリスト昇進1993年日本人として初のプリンシパル主演者)に昇格1996年から1998年にはセルフプロデュース公演Made in LONDON』を開催世界最高峰と称される『ドン・キホーテ』のバジル始め数々名演を残す。1998年退団・独立後は、Kバレエカンパニー創立天才呼ばれる才能を駆使して意欲的活躍国内外続け傍ら、同カンパニー芸術監督としてプロデュース・演出・振付なども手がけるこれまでに『ジゼル』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』などを上演主演国内外での有名ソリストとの共演も多い。また、1998年には、俳優として映画『F』に主演第22回日本アカデミー賞受賞2002年にも映画『およう』に竹久夢二役,2003年にはドラマGOOD LUCK!!』の第05話に本人役ゲストとしても出演2004年、『白鳥の湖』の演出・振り付けに対し、第3回朝日舞台芸術賞を受賞2005年、第55芸術選奨文部科学大臣賞舞踊部門受賞2006年Kバレエカンパニーとして『ドン・キホーテ』『くるみ割り人形』の舞台成果に対し、第5回朝日舞台芸術賞を受賞
代表作品1バレエ白鳥の湖
代表作品2バレエシンデレラ
代表作品3バレエラ・バヤデール
職種文化人

» タレントデータバンクはこちら

熊川哲也

以下の映画熊川哲也関連しています。


熊川哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/03 04:46 UTC 版)

熊川 哲也(くまかわ てつや、1972年3月5日 - )は、日本の北海道旭川市出身[1]バレエダンサー・振付家・演出家である。英国ロイヤル・バレエ団の元プリンシパル。1999年Kバレエカンパニーを創立し、芸術監督を務める。2003年よりKバレエスクール主宰。2012年よりBunkamura オーチャードホール芸術監督。




  1. ^ a b 「<文化施設を考える>札幌市民交流プラザ 活用探る*10月オープン 熊川哲也さん(旭川出身)ら芸術家が座談会*地元と劇場 制作で協力/オペラ、ダンスを身近に」北海道新聞2018年1月5日付朝刊全道21頁 (古家昌伸)
  2. ^ 天才の育て方 - バレエダンサー熊川哲也の親父・健一さん:2 いたずらっ子”. Asahi.com. 朝日新聞社 (2007年5月2日). 2013年12月7日閲覧。
  3. ^ a b 当時、スカラーシップを提供する「プリ・ド・ローザンヌ・スカラーシップ」、コンクールを通して最高の演技をしたダンサーを表彰する「ゴールドメダル」、東京開催を記念した「高円宮賞」の3賞を同時受賞した。
  4. ^ a b c d 「プロ力 - 仕事の肖像」、41頁
  5. ^ 「プロ力 - 仕事の肖像」、30 - 31頁
  6. ^ 「プリンシパルへの道 熊川哲也の青春」48-49頁
  7. ^ 「Made in LONDON」、66 - 67頁
  8. ^ 同コンクールでは、決選以外は拍手を禁止されているが、予選の段階から観客の拍手が鳴り止まなかった。また、当時のテレビ解説者が熊川のドン・キホーテのバジルを評して「少し芝居がかっていますが、素晴らしいですね。彼は既にプロとしてやっていけます。今は膝下が少し短いようですが、成長すればそれも…。」とコメントした。なお、このコンクールの解説者は、クロード・ベッシー元オペラ座バレエ学校校長と混同されがちだが、東京大会の解説者はヴィオレット・ヴェルディである。
  9. ^ a b 「プロ力 - 仕事の肖像」、31 - 32頁
  10. ^ 「プリンシパルへの道 熊川哲也の青春」66頁
  11. ^ 「プリンシパルへの道 熊川哲也の青春」49頁
  12. ^ 「プリンシパルへの道 熊川哲也の青春」76-77頁
  13. ^ 「プリンシパルへの道 熊川哲也の青春」82頁
  14. ^ 「プリンシパルへの道 熊川哲也の青春」87-88頁
  15. ^ 「プロ力 - 仕事の肖像」、33頁
  16. ^ a b 「プロ力 - 仕事の肖像」、34頁
  17. ^ 熊川哲也がBunkamura オーチャードホールの初代芸術監督に就任(シアターガイド、2011年6月28日)
  18. ^ T JAPAN熊川哲也インタビュー”. 2018年8月30日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g Purinshiparu eno michi : Kumakawa tetsuya no seishun. Dansu Magajin Henshūbu., ダンスマガジン編集部. 新書館. (1997). ISBN 4403310095. OCLC 676264592. https://www.worldcat.org/oclc/676264592. 
  20. ^ a b c Tetsuya., Kumakawa,; 熊川哲也. (1998). Meido in London = Made in London. Tōkyō: Bungei Shunjū. ISBN 4163544704. OCLC 41395800. https://www.worldcat.org/oclc/41395800. 
  21. ^ Star defections damage Royal Ballet”. 2018年8月30日閲覧。
  22. ^ 1990年世界のエンターテイメント情報 別冊家庭画報. 世界文化社. 
  23. ^ 「ロンドン便り」1992年7月号 
  24. ^ 「プロ力 - 仕事の肖像」、36 - 37頁
  25. ^ SCUDERIA No.114. 株式会社ネコ・パブリッシング. (2016-06-30). 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「熊川哲也」の関連用語

熊川哲也のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



熊川哲也のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熊川哲也 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS