共演とは? わかりやすく解説

きょう‐えん【共演】

読み方:きょうえん

[名](スル)一緒に演じること。主役格の俳優・歌手などが二人上一緒に出演すること。「日米名優が—する」

「共演」に似た言葉

共演

作者鳥越一朗

収載図書京都一千年の恋めぐり
出版社ユニプラン
刊行年月2005.11


共演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/15 02:32 UTC 版)



共演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:29 UTC 版)

デヴィッド・ブロムバーグ」の記事における「共演」の解説

ブロムバーグは多くのアルバムにおいて、他のアーティストバンド共演している。その一部リスト掲載するMr. Bojangles – Jerry Jeff Walker (1968) Driftin' Way of LifeJerry Jeff Walker (1969) Sanders' Truck StopEd Sanders (1969) Things I Notice NowTom Paxton (1969) Easy Does It – Al Kooper (1970) StonehengeRichie Havens (1970) Tom Paxton 6 – Tom Paxton (1970) Tom RushTom Rush (1970) Woodsmoke and Oranges – Paul Siebel (1970) Wrong End of the RainbowTom Rush (1970) Self PortraitBob Dylan (1970) New MorningBob Dylan (1970) Jack-Knife GypsyPaul Siebel (1970) Buzzy Linhart Is Music – Buzzy Linhart (1971) Sha Na NaSha Na Na (1971) Carly SimonCarly Simon (1971) Blue RiverEric Andersen (1972) Diamonds in the RoughJohn Prine (1972) DobroMike Auldridge (1972) Jerry Jeff WalkerJerry Jeff Walker (1972) Old Dan's RecordsGordon Lightfoot (1972) Subway NightDavid Amram (1972) Be What You Want ToLink Wray (1973) All American BoyRick Derringer (1973) Breezy StoriesDanny O'Keefe (1973) Garland JeffreysGarland Jeffreys (1973) Shotgun WillieWillie Nelson (1973) Have a Good Time for MeJonathan Edwards (1973) Somebody Else's Troubles – Steve Goodman (1973) That's Enough for MePeter Yarrow (1973) Full MoonKris Kristofferson and Rita Coolidge (1973) Texas TornadoDoug Sahm (1973) RingoRingo Starr (1973) Blues and BluegrassMike Auldridge (1974) Phoebe SnowPhoebe Snow (1974) Johnny Shines & Co., Vol. 2Johnny Shines (1974) One of These NightsThe Eagles (1975) Hillbilly JazzVassar Clements (1975) Tales from the OzoneCommander Cody and His Lost Planet Airmen (1975) It Looks Like SnowPhoebe Snow (1976) Took a Long TimeMagna Carta (1977) Goodbye BluesCountry Joe McDonald (1977) Ringo the 4thRingo Starr (1977) Live at McCabes – Paul Siebel (1978) Even a Green DayTom Paxton (1983) Red to BlueLeon Redbone (1985) I've Got a Rock in My SockRory Block (1986) Best Blues and OriginalsRory Block (1987) Jim Post & FriendsJim Post (1987) John Prine LiveJohn Prine (1988) Murder of CrowsJoe Henry (1989) Mr. Cover ShakerJohnny Shines (1992) Picture Perfect MorningEdie Brickell (1993) Catfish for SupperJon Sholle (1996) Relax Your MindJay Ungar (2003) My Last Go RoundRosalie Sorrels (2004) The Bootleg Series Vol. 8 – Tell Tale Signs: Rare and Unreleased 1989–2006Bob Dylan (2008) King Wilkie Presents: The Wilkie Family Singers – King Wilkie (2009) Bless My SoleAngel Band (2010) All My Friends Are HereArif Mardin (2010) First Came Memphis Minnievarious artists (2012) Love for Levon: A Benefit to Save the Barnvarious artists (2013) The Bootleg Series Vol. 10 – Another Self PortraitBob Dylan (2013) Live at Caffè Lena: Music From America's Legendary Coffeehouse (19672013) – various artists (2013)

※この「共演」の解説は、「デヴィッド・ブロムバーグ」の解説の一部です。
「共演」を含む「デヴィッド・ブロムバーグ」の記事については、「デヴィッド・ブロムバーグ」の概要を参照ください。


共演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 23:07 UTC 版)

96猫」の記事における「共演」の解説

EXIT TUNES ACADEMY FINAL SPECIAL 20142014年8月3日さいたまスーパーアリーナ) - ETAステージ出演虹色オーケストラ2014年12月27日東京国際フォーラム ホールAStars on Planet 20152015年7月1129日8月1日大宮ソニックシティ福岡サンパレス 大ホール神戸文化ホールCONNECT LIVE2016年2月19日赤坂BLITZ秋風ライブラリー2016年10月1・10日、神戸文化ホール 大ホール川崎市教育文化会館Stars on Planet 20172017年7月17日予定8月5日予定大宮ソニックシティ神戸文化ホール

※この「共演」の解説は、「96猫」の解説の一部です。
「共演」を含む「96猫」の記事については、「96猫」の概要を参照ください。


共演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 03:36 UTC 版)

ミシェル・ベロフ」の記事における「共演」の解説

世界各地演奏活動を行うとともにクラウディオ・アバドダニエル・バレンボイムレナード・バーンスタインピエール・ブーレーズアンタル・ドラティクリストフ・エッシェンバッハシャルル・デュトワクルト・マズア小澤征爾アンドレ・プレヴィンムスティスラフ・ロストロポーヴィチジュゼッペ・シノーポリゲオルク・ショルティクラウス・テンシュテット国際的なマエストロ共演している。室内楽奏者としては、ピエール・アモイヤルジャン=フィリップ・コラールオーギュスタン・デュメイリン・ハレルらと活動共にするまた、バーバラ・ヘンドリックス伴奏者務めた一時期右手首を傷めて指揮法研究をしたり左手のためのレパートリー探すなどしていたが、マルタ・アルゲリッチアバド指揮ロンドン交響楽団との共演でラヴェルの《ピアノ協奏曲》をドイツ・グラモフォン録音した際、《左手のための協奏曲》のソリストベロフ起用するように進言した。これがきっかけとなってベロフピアニストとして演奏界に返り咲くことができたと言われている。その後ロンドンパリで催された「ブーレーズ・フェスティバル」に参加しほかならぬブーレーズ指揮により、バルトークの《ピアノ協奏曲 第2番》の独奏者務めた

※この「共演」の解説は、「ミシェル・ベロフ」の解説の一部です。
「共演」を含む「ミシェル・ベロフ」の記事については、「ミシェル・ベロフ」の概要を参照ください。


共演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 17:30 UTC 版)

仮面のメイドガイ」の記事における「共演」の解説

単行本第12巻の裏表紙には、同作の別作品の『ゴルフ13』のキャラクターとの共演が描かれている。コガラシ幸助ツララナビゲーターとして登場

※この「共演」の解説は、「仮面のメイドガイ」の解説の一部です。
「共演」を含む「仮面のメイドガイ」の記事については、「仮面のメイドガイ」の概要を参照ください。


共演(オーケストラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 16:21 UTC 版)

宮田大」の記事における「共演(オーケストラ)」の解説

これまでにNHK交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団東京交響楽団東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団東京都交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団日本フィルハーモニー交響楽団読売日本交響楽団水戸室内管弦楽団札幌交響楽団仙台フィルハーモニー管弦楽団山形交響楽団群馬交響楽団オーケストラ・アンサンブル金沢神奈川フィルハーモニー管弦楽団セントラル愛知交響楽団名古屋フィルハーモニー交響楽団京都市交響楽団大阪フィルハーモニー交響楽団関西フィルハーモニー管弦楽団日本センチュリー交響楽団兵庫芸術文化センター管弦楽団広島交響楽団九州交響楽団琉球交響楽団栃木県交響楽団奈良フィルハーモニー管弦楽団岡山フィルハーモニック管弦楽団瀬戸フィルハーモニー交響楽団東京佼成ウインドオーケストラシエナウインドオーケストラ九州管楽合奏団平塚フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニック・ソサエティ・東京湘南エールアンサンブル、那須フィルハーモニー管弦楽団足利市交響楽団足利カンマーオーケスターどの日本のオーケストラと共演。 海外オーケストラでは、パリ管弦楽団ロシア国立交響楽団BBCスコティッシュ交響楽団、フランクフルト・シンフォニエッタ、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団プラハ放送交響楽団プラハ・フィルハーモニア、南チェコ・フィルハーモニー(英語版)、ハンガリー放送交響楽団ベトナム国立交響楽団香港小交響楽団、ウラル・フィルハーモニー・ユース管弦楽団などと共演している。

※この「共演(オーケストラ)」の解説は、「宮田大」の解説の一部です。
「共演(オーケストラ)」を含む「宮田大」の記事については、「宮田大」の概要を参照ください。


共演(音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 16:21 UTC 版)

宮田大」の記事における「共演(音楽家)」の解説

日本を代表する数多く指揮者との共演に加え小澤征爾エリアフ・インバルレオシュ・スワロフスキークリストフ・ポッペンダン・エッティンガーヴァレリー・ポリャンスキーヴァシリー・シナイスキーオンドレイ・レナールトアレクサンドル・ラザレフ、クリストフ・コンツ(英語版)などの指揮者や、リン・ハレルギドン・クレーメルユーリ・バシュメットマキシム・ヴェンゲーロフオーギュスタン・デュメイオリヴィエ・シャルリエマルタ・アルゲリッチミッシャ・マイスキーなどの演奏家と共演。 近年はジュリアン・ジェルネ、小山実稚恵竹澤恭子田村響大萩康司三浦一馬三浦文彰反田恭平清塚信也西尾真実などの各氏と共演。 演奏共演者からの支持厚く小澤征爾絶賛され上皇・上皇后臨席のもと、サントリーホールハイドン作曲チェロ協奏曲第1番小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団と共演。 また、チェコのドヴォルザーク・ホールでドヴォルザークチェロ協奏曲演奏した際には、終演後にドヴォルザークの子孫から「今まで聴いたドヴォルザークチェロ協奏曲の中で1番感動した」と好意的なコメント貰い後日ドヴォルザーク生家招かれ直接手紙貰っている。[要出典](宮田大の公式インスタグラムより)

※この「共演(音楽家)」の解説は、「宮田大」の解説の一部です。
「共演(音楽家)」を含む「宮田大」の記事については、「宮田大」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「共演」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

共演

出典:『Wiktionary』 (2021/09/24 14:10 UTC 版)

名詞

きょうえん

  1. 映画演劇などで俳優等が二人以上一緒出演すること。ある俳優別の俳優一緒に出演すること。

動詞

活用


「共演」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

共演のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



共演のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共演 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデヴィッド・ブロムバーグ (改訂履歴)、96猫 (改訂履歴)、ミシェル・ベロフ (改訂履歴)、仮面のメイドガイ (改訂履歴)、宮田大 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの共演 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS