佐藤愛子_(作家)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 佐藤愛子_(作家)の意味・解説 

佐藤愛子 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 10:13 UTC 版)

佐藤 愛子(さとう あいこ、1923年11月5日[1] - )は、日本小説家


  1. ^ 「九十歳。何がめでたい」2016年、小学館、37頁。
  2. ^ 佐藤[1999:268]
  3. ^ 佐藤愛子「淡路島」(『文藝春秋』2007年5月号)
  4. ^ 佐藤[1999:269]
  5. ^ a b 北杜夫『マンボウ談話室』p.115(講談社、1977年)
  6. ^ 佐藤[1999:269]ここには別の市が書かれているが間違いである
  7. ^ 佐藤[1999:269]
  8. ^ 佐藤[1999:270]
  9. ^ 佐藤[1999:28]
  10. ^ 佐藤[1999:271]
  11. ^ 佐藤[2011:愛子の詰め合わせ 205]
  12. ^ a b “91歳・佐藤愛子さん「晩鐘」、紫式部文学賞に”. YOMIURI ONLINE. (2015年8月3日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150803-OYT1T50151.html 2015年8月6日閲覧。 
  13. ^ 佐藤愛子著『私の遺言』
  14. ^ 佐藤愛子『マドリッドの春の雨』
  15. ^ 吉行淳之介『新面白半分対談』p.40-41(講談社1975年


「佐藤愛子 (作家)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐藤愛子_(作家)」の関連用語

佐藤愛子_(作家)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



佐藤愛子_(作家)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐藤愛子 (作家) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS