三重ノ海剛司とは?

三重ノ海剛司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 13:37 UTC 版)

三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし、1948年2月4日 - )は、三重県松阪市出身の元大相撲力士。第57代横綱。本名は石山 五郎(いしやま ごろう)。現役引退後は年寄として後進の指導に尽くし、日本相撲協会の理事長職も務めた。また、相撲博物館の館長職にも就いている。




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』p40-43
  2. ^ (人生の贈りもの)わたしの半生 相撲博物館館長・57代横綱三重ノ海、石山五郎:2 68歳 朝日新聞DIGITAL 2016年11月1日16時30分
  3. ^ a b c (人生の贈りもの)わたしの半生 相撲博物館館長・57代横綱三重ノ海、石山五郎:4 68歳 朝日新聞 DIGITAL 2016年11月4日16時30分
  4. ^ a b c d (人生の贈りもの)わたしの半生 相撲博物館館長・57代横綱三重ノ海、石山五郎:5 68歳 朝日新聞 DIGITAL 2016年11月7日16時30分
  5. ^ a b c d 大相撲:「いい道を選んだ」…定年の武蔵川親方が会見 毎日新聞 2013年01月22日 20時20分
  6. ^ a b c d e (人生の贈りもの)わたしの半生 相撲博物館館長・57代横綱三重ノ海、石山五郎:6 68歳 朝日新聞 DIGITAL 2016年11月8日16時30分
  7. ^ a b c d 『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』p22
  8. ^ これは1969年7月場所に「大関の地位で2場所連続負け越した場合は関脇へ降格。ただし降格直後の場所で10勝以上の勝ち星を挙げれば大関復帰」という「大関特例復帰」の制度が制定されてから最初の適用例となった。
  9. ^ 特に通算2回目の大関角番だった1977年7月場所は13日目で6勝7敗、あと1敗で負け越せばあわや2度目の大関陥落となる大ピンチだったが、14日目大関・貴ノ花に、千秋楽に前頭5枚目・大潮にそれぞれ勝利して8勝7敗、辛うじて勝ち越して角番を脱出した。
  10. ^ a b (人生の贈りもの)わたしの半生 相撲博物館館長・57代横綱三重ノ海、石山五郎:7 68歳 朝日新聞 DIGITAL 2016年11月9日16時30分
  11. ^ 『相撲』2018年3月号 p.87
  12. ^ a b c (人生の贈りもの)わたしの半生 相撲博物館館長・57代横綱三重ノ海、石山五郎:8 68歳 朝日新聞 DIGITAL 2016年11月10日16時30分
  13. ^ 大関時代の勝率5割9分4厘は、戦後に横綱に昇進した力士としては最も低い勝率だった。
  14. ^ Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p64
  15. ^ 『大相撲中継』2017年11月18日号 p.83
  16. ^ Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p78
  17. ^ 昭和20年代以降、短命横綱では前田山の6場所に次ぐ史上2位だが、年6場所制となった昭和33年以降は三重ノ海の8場所が最短記録となる(但し琴櫻と双羽黒も同じく横綱在位8場所だが、番付上で数えると二人共9場所となる)。
  18. ^ 一説によると、山科を直近で襲名していたのは最高位が十両の大平山だったため「元横綱の名跡に相応しくない」と入門時の師匠で相撲博物館館長を務めていた13代・武蔵川の出羽ノ花から武蔵川の名跡を譲られたという。
  19. ^ a b c 大空出版『相撲ファン』vol.06 p120-125
  20. ^ 【25周年!三重ノ海親方が還暦土俵入り!】大相撲 武蔵川部屋の日々 2007年6月17日
  21. ^ 三重ノ海が初土俵を踏んだ1963年7月場所の時点ですでに大鵬は幕内優勝11回を記録していた。
  22. ^ 武蔵川親方 大鵬との一番「少しでも長く体に触っていたかった」 Sponichi Annex 2013年1月19日 16:49
  23. ^ 武蔵川親方に相撲博物館長を委嘱 6代目館長に 日本経済新聞 2013/1/31 19:37
  24. ^ 元横綱三重ノ海、ライバル追悼 北の湖との時間 日刊スポーツ 2016年1月22日6時48分 紙面から
  25. ^ 『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』p38
  26. ^ 「功」の廻しに「市川國一書」と本名(市川國一)が書かれている。
  27. ^ TBSアッコにおまかせ!』2008年9月14日放送分より
  28. ^ 非力を巧みな前捌きと闘志で補った三重ノ海 All About 2012年12月31日
  29. ^ 『相撲』2012年5月号67頁
  30. ^ 急性肝臓炎により7日目から途中休場
  31. ^ 右足関節捻挫により14日目から途中休場
  32. ^ 左足首関節捻挫及び外傷性炎症により8日目から途中休場
  33. ^ 左膝内側側副靱帯損傷・左足首関節捻挫後遺症により10日目から途中休場
  34. ^ a b c 大関角番(全3回)
  35. ^ 関脇陥落
  36. ^ 大関特例復帰
  37. ^ 輪島と優勝決定戦
  38. ^ 左肘関節挫傷により5日目から途中休場
  39. ^ 外傷性坐骨神経痛・頸肩腕症候群・肝臓炎により10日目から途中休場


「三重ノ海剛司」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三重ノ海剛司」の関連用語

三重ノ海剛司のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三重ノ海剛司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三重ノ海剛司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS