大麒麟將能とは?

大麒麟將能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/15 17:41 UTC 版)

大麒麟 將能(だいきりん たかよし、本名:堤 隆能(つつみ たかよし)、1942年6月20日 - 2010年8月4日) は、二所ノ関部屋に所属していた元大相撲力士佐賀県佐賀郡東川副村(のち諸富町、現・佐賀市)出身。最高位は東大関。現役時代の体格は181cm、140kg。得意手は右四つ、寄り、吊り、うっちゃり[2]




  1. ^ 狐のような容貌であったことから兄弟子の大鵬が命名した。
  2. ^ a b c d e f g h i ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p20
  3. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p49
  4. ^ 大相撲ジャーナル』2017年12月号p41
  5. ^ 朝日新聞 2010年5月27日
  6. ^ そのうち1972年(昭和47年)5月場所9日目に小結・魁傑(のち放駒)との取組で、魁傑のマゲを引っ張り反則負けとなっている。最近でも2003年(平成15年)7月場所で朝青龍が同様に反則負けとなっているが、過失も含めそれほど珍しいことではない。
  7. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p39
  8. ^ 2004年11月27日 読売新聞 夕刊
  9. ^ 元大関の大麒麟死去 豪快なつりが人気 共同通信47News 2010年8月6日閲覧
  10. ^ 左脛骨上端骨折・左膝十字靱帯断裂により9日目から途中休場
  11. ^ a b c d e 角番(全5回)
  12. ^ 右尺骨亀裂骨折により4日目から途中休場
  13. ^ 右膝関節捻挫により9日目から途中休場
  14. ^ 流行性角結膜炎により4日目から途中休場


「大麒麟將能」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大麒麟將能」の関連用語

大麒麟將能のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大麒麟將能のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大麒麟將能 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS