廻しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 廻しの意味・解説 

まわし〔まはし〕【回し/×廻し】

回すこと。回転させること。「皿―」「ねじ―」

人や物、また物事を、順に移したり送ったりすること。「患者のたらい―」「返済翌月―にする」「後―」

からだに巻いたり、まとい着けたりするもの。

ふんどし。特に、力士が腰に着ける締め込み

㋑「化粧回し」に同じ。

㋒「二重回し」に同じ。《 冬》

遊女複数の客をかけもちでとること。

金銭やりくりまた、利益の上がるように金銭運用すること。

「米の売り様、金銀の―をだに心得たらば、召し抱へられん」〈仮・浮世物語・一〉

会合などを輪番で行うこと。

「言ひ合はせて随意講の―始まれり」〈咄・醒睡笑・六〉

上方で、私娼である白人(はくじん)の元締め

「元は牢人衆の娘御達とやら、と早偲ばしく詞残して、―が方へ走り行き」〈浮・禁短気・三〉

回し方」の略。

「あっちらの大尽がやけを起こして、やり手や―を呼んで」〈黄・艶気焼〉


廻し

読み方:まわし

サ行五段活用動詞廻す」の連用形、あるいは連用形名詞したもの


廻し

読み方:もとおし

【文語】サ行四段活用動詞廻す」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

廻し

読み方:まわし

  1. 廻。遊女一夜数人の客と接すること。遊里語。まはしをとる。「紙のへどはいてはさせるまはしぼぼ」。
  2. 娼妓幾人もお客を取ること。即ち遊廓娼妓一夜数人お客を取つて、順番に客の部屋廻りて肌を触れ廻ることをいふ。〔花柳語〕
  3. 娼妓幾人もお客を取つて、順番枕席侍すること。〔花柳界
  4. 娼妓幾人も客を取ること。即ち遊廓娼妓一夜数人の客を取つて、順番に客の部屋廻りて肌を触れて行くことをいふ。
  5. 〔俗〕娼妓幾人もの客をとり順に枕席に侍ること。
  6. 娼妓一夜幾人もの客をとつて順次にその枕席に侍べることをいふ。
  7. 娼妓幾人もの客をとり、順に御機嫌をとりに行くこと。
  8. 娼妓幾人もお客をとること。つまり、遊廓娼妓一夜幾人もの客をとって、順番に客の部屋をまわって肌をふれてまわること。まわしぎょくともいう。〔花柳界
  9. 娼妓一人何人もの客をとること。廻わつて相手するところより。〔花〕
  10. 〔花〕遊郭娼妓一夜幾人もの客をとって順番に客の部屋を廻って肌をふれてまわること。「まわしぎょく」ともいう。

分類 花柳界花柳語、花/風俗


廻し

読み方:まわし

  1. 褌のことをいふ。俗にふんどし」といへど「ふどし」の方が正しい。盛衰記に「鎧ぬぎおき、ふどしをかき」とある。〔情事語〕

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

廻し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/11 07:07 UTC 版)

廻し[1][2][3]/回し[1][2][3](まわし、歴史的仮名遣:まはし)とは、競技神事として行われる相撲で用いられる被服の一種。ふんどし)の一種であることから、相撲褌ともいう。締め込み/締込み(しめこみ)[4]ともいう。




注釈

  1. ^ 一部の通販サイトでの表記に拠ると少年用で自身のウェストサイズの4倍+100cm、成年用で自身のウェストサイズの4倍+160cmが一応の目安との表記あり。
  2. ^ 1990年代より、日本大学相撲部は黒色、2000年代より、埼玉栄高校はスクールカラーの橙色、報徳学園高校は同じくモスグリーンの廻しを大会出場時に使用。
  3. ^ 同じ題名で着衣帯刀の図もある。
  4. ^ a b c d 化粧廻しの「前垂/前垂れ(まえだれ)」とは、見せる目的で前に垂らす部分。
  5. ^ a b c 前褌(まえみつ)とは、褌(みつ、ふんどし)を締めた時に体を横に巻いた部分の前面。相撲で用いる褌は「廻し」であるため、「前廻し(まえまわし)」ともいう。同じ前面でも縦に巻いた部分は、局部を覆う袋のような形になることから「前袋(まえぶくろ)」という。

出典

  1. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “回し”. コトバンク. 2020年7月31日閲覧。
  2. ^ a b 池田雅雄、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “回し”. コトバンク. 2020年7月31日閲覧。
  3. ^ a b 三省堂大辞林』第3版. “回し・廻し”. コトバンク. 2020年7月31日閲覧。
  4. ^ 三省堂『大辞林』第3版. “締め込み・締込み”. コトバンク. 2020年7月31日閲覧。
  5. ^ a b c 佐渡ヶ嶽 (1941), p. 135.
  6. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “化粧回し”. コトバンク. 2020年7月31日閲覧。
  7. ^ 三省堂『大辞林』第3版. “化粧回し”. コトバンク. 2020年7月31日閲覧。
  8. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “化粧まわし”. コトバンク. 2020年7月31日閲覧。
  9. ^ 平凡社『百科事典マイペディア』. “化粧まわし”. コトバンク. 2020年7月31日閲覧。
  10. ^ 4関取の化粧廻し[リンク切れ]
  11. ^ 『トリビアの泉〜へぇの本〜 4』 2003 [要ページ番号]
  12. ^ 『月刊武道 2010年2月号』 (2010), p. 191.
  13. ^ 北の富士 & 嵐山 (2016), p. 31.
  14. ^ a b c d e f g 化粧回し”. きもの用語大全(公式ウェブサイト). 有限会社 創美苑. 2019年6月13日閲覧。
  15. ^ 加藤裕一「まわしの「下がり」に個性、白鵬15連勝願い15本」『日刊スポーツ日刊スポーツ新聞社、2019年5月17日。2019年5月19日閲覧。
  16. ^ 『週刊ポスト 2018年3月23日号』 2018 [要ページ番号]
  17. ^ 『週刊ポスト 2018年3月30日号』 2018 [要ページ番号]
  18. ^ 大相撲まわしの前の「ヒラヒラ」 何のためにあるの?調べてみた」『J-CASTニュースジェイ・キャスト、2019年5月24日。2019年12月26日閲覧。
  19. ^ a b c 土俵にまわし「前袋」、反則負けに…実は誤審でした」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2017年3月26日。2017年3月26日閲覧。
  20. ^ 北の富士 & 嵐山 (2016), p. 133.
  21. ^ a b c d e f g h i j k 千代大龍は「キン肉マン」/主な漫画化粧まわしメモ」『日刊スポーツ日刊スポーツ新聞社、2017年4月25日。2019年6月12日閲覧。■画像はキン肉マンの化粧廻しのみあり。
  22. ^ a b c 稀勢の里「北斗の拳」三つぞろいの化粧まわし初披露」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2017年5月7日。2019年6月12日閲覧。
  23. ^ a b c d e お知らせ”. COAMIX(公式ウェブサイト). 株式会社コアミックス (2017年5月1日・6日・7日・10日・12日・14日). 2019年6月12日閲覧。
  24. ^ 佐田の海が「くまモン」の化粧まわし姿披露”. 産経フォト(公式ウェブサイト). 産経新聞社 (2016年5月8日). 2019年6月12日閲覧。
  25. ^ “化粧まわしに「せんとくん」 奈良県、德勝龍関に贈る”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年6月25日). https://www.asahi.com/articles/ASJ6S3C23J6SPOMB003.html 2019年6月12日閲覧。 
  26. ^ “德勝龍に「せんとくん」化粧まわし「いい相撲を取ってアピール」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月1日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/07/01/kiji/K20160701012880580.html 2019年6月12日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「廻し」の関連用語

廻しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



廻しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの廻し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS