止め名とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 止め名の意味・解説 

止め名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 08:52 UTC 版)

止め名留め名(とめな)




  1. ^ 上方落語では他に桂文團治桂春團治桂米團治なども各一門内において事実上の止め名とされているが、いずれの名跡も元はといえば文枝一門の直系または流派に当たるため「同亭号の中の最高位の名跡」には該当しない。
  2. ^ 駒ヶ嶽は襲名条件である横綱昇進を果たせなかったため、大砲は「笑い者になりたくない」と本人が固辞したため、いずれも実現しなかった。
  3. ^ 「梅ヶ谷」の四股名は初代弟子が下の名前も含めて継承しているが、初代の実績に鑑みれば「現役時代の実績」としての止め名ともいえる。
  4. ^ 但し、玉の海の前名である「玉乃島」は片男波部屋の後輩にあたる玉ノ洋が襲名している。
  5. ^ 但し、大翔鳳と同音である「大翔鵬」を、兄弟子にあたる大翔山が師匠の追手風部屋に所属する力士が名乗っている。
  6. ^ 但し、朝青龍に関しては、上記の現役時代の実績によるものとしてもみることもできる。


「止め名」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「止め名」の関連用語

止め名のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



止め名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの止め名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS