中入とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 能楽用語 > 中入の意味・解説 

なか‐いり【中入】

〔名〕

① 中へ入れること。内へ向けていれること。

満佐須計装束抄(1184)二「わざときぬのうしろのすそを、なかいりにぬふこともあり」

敵味方対陣中、一部の兵を分けて不意に敵を攻めること。

信長記(1622)八「敵国へ中入(ナカいり)して」

能楽一曲前後二場に分かれる場合前場が終わってシテなどが楽屋または作り物中へはいること。

八帖花伝書(1573‐92)四「一 中入に、大夫橋掛りを戻る時、囃子も謡も過ぎて、帰り悪(にく)きものなり

④ 能、芝居相撲寄席などの興行物中途でしばらく休憩すること。また、その休憩

*虎明本狂言老武者室町末‐近世初)「ただいまくやまふぞ、中入はいる」

(5) 中途休憩すること。

俳諧太祇句選(1772‐77後篇・秋「中入に見まふ和尚かり」

(6) 京阪歌舞伎で、二幕目の通称

役者論語(1776)耳塵集下「狂言により、中入(ナカイリ)より出る役人の事を、前にいはねばつまらぬ事有」


なか‐いれ【中入】

〔名〕

中に入れること。また、そのもの。とくに衣服や帯などの表と裏の間に入れる、中入綿(なかいれわた)、帯心(おびしん)など。

浮世草子好色通変歌占(1688)「中入なしの大はば帯」

② =なかいり(中入)

寿阿彌の手紙(1916)〈森鴎外〉二〇「能の中入(ナカイレ)に楽屋に於て紋太夫を斬った時」

③ 𦨞(かわら)や棚板のように、数の板をはぎ合わせて構成する和船の、両側のはぎ板のあいだに入れるはぎ板をいい、ふつう両側より材質の劣る板を用いる。〔席船諸名集図解


中入

読み方ナカイリ

演目前半前場)と後半後場)に分かれている場合
主人公シテ)が、一旦、舞台から下がる場合あります

この、シテ揚幕向こうに退くことを、中入と言います。

中入の間に、アイという役回り狂言方登場し、物語あらすじなどを語り、前と後の場をつなぎます。

関連用語
前場後場シテ揚幕アイ狂言


中入

読み方:なかいり

  1. 芝居寄席などで演芸中頃休憩することをいふ。中に息を入れる意味である。〔役者語〕
  2. 芝居寄席などで演芸中頃休憩することをいふ。中で息を入れる意味である。
  3. 休憩のこと、大阪にはない。〔芸能寄席落語)〕
  4. 芝居寄席などで演芸中頃休憩することをいう。〔芸能俳優)〕
  5. 総出番の七分ぐらいの処で休憩時間をとる。東京寄席ではこの時客席食べ物売りにくる。

分類 俳優寄席落語役者語、芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

中入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 08:32 UTC 版)

中入(なかいり)とは、大相撲取組の途中に入れる休憩のこと。寄席など、相撲以外の興行でも使われる。






「中入」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中入」の関連用語

中入のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
NPO法人せんすNPO法人せんす
Copyright(c) 2021 NPO Sense All rights reserved.
能の誘い
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS