座布団の舞とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 座布団の舞の意味・解説 

座布団の舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/25 19:36 UTC 版)

座布団の舞(ざぶとんのまい)とは、大相撲取組において、横綱が格下の力士に負けた時に、観客が土俵に向かって自らの座布団投げる行為のことである。




  1. ^ 岡本綺堂の「東京風俗十題」(河出文庫『風俗明治東京物語』p22)によれば、「弟子の小力士」が投げた主に届けて祝儀をもらうことになっている。
  2. ^ 野次、波乱、祝福は関係ない。
  3. ^ 2010年初場所が例。
  4. ^ 旭道山和泰千代大海龍二がまだ現役だった時、上位力士を下して懸賞金を受け取る作法をしている際に直撃した事例などがある。
  5. ^ 大相撲嶺崎部屋 平成24年5月6日 行司・木村堅治郎
  6. ^ 浅田真央さんに座布団が直撃!小塚崇彦氏と名古屋場所を観戦 SANSPO.COM 2018年9月11日閲覧
  7. ^ これじゃあ飛ばせない!相撲協会が九州場所で新型座布団 YOMIURI ONLINE 2008年10月2日
  8. ^ 松井秀喜5打席連続敬遠が該当


「座布団の舞」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「座布団の舞」の関連用語

座布団の舞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



座布団の舞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの座布団の舞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS