沖縄角力とは?

Weblio 辞書 > 方言 > 沖縄大百科 > 沖縄角力の意味・解説 

沖縄角力

読み方おきなわすもう

王朝時代からの歴史を誇る伝統文化一つ。現在も、各地行われる夏祭りには角力大会が催されている。沖縄角力は、互いに右四つに組んだ体勢から始まり相手を倒して背中地面に付ければ勝ちとなる。最初から組んでいるため、必ずしも体が大きなものが有利とはならないらしい。どちらかというとモンゴル角力似ているといわれている。

沖縄角力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/25 09:16 UTC 版)

沖縄角力(おきなわすもう[1]、おきなわずもう[2]は、琉球沖縄県)に伝わる格闘技である。シマウチナージマとも呼ばれる[1]




  1. ^ a b c d e f “「沖縄角力(すもう)」知っていますか? 伝統の技に宿る島の言葉”. 沖縄タイムス+プラス. (2017年2月6日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/82874 2018年2月25日閲覧。 
  2. ^ a b c 沖縄角力 (おきなわずもう)”. 最新版 沖縄コンパクト事典. 琉球新報社. 2018年2月25日閲覧。
  3. ^ a b c 沖縄角力の紹介
  4. ^ a b 前田真之 (1995年). “久米島の沖縄角力 (PDF)”. 久米島総合調査報告書. 沖縄県立博物館. 2018年2月25日閲覧。


「沖縄角力」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「沖縄角力」の関連用語

沖縄角力のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



沖縄角力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウルマックスウルマックス
©2019 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの沖縄角力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS