トンガ人力士廃業騒動とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > トンガ人力士廃業騒動の意味・解説 

トンガ人力士廃業騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/14 23:54 UTC 版)

トンガ人力士廃業騒動(トンガじんりきしはいぎょうそうどう)は、1976年10月14日に大相撲朝日山部屋所属のトンガ人力士が当時の師匠(元小結・若二瀬)と先代師匠(元幕内・二瀬山)の未亡人との間の確執に巻き込まれて廃業に追い込まれた騒動であり、角界関係者の間では通称「トンガ騒動」と呼ばれている。




  1. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p77
  2. ^ 国会会議録検索システム[1]による。会議録では伊勢ノ海は本名の「佐々木秀剛」で記載されている。


「トンガ人力士廃業騒動」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トンガ人力士廃業騒動」の関連用語

トンガ人力士廃業騒動のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トンガ人力士廃業騒動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトンガ人力士廃業騒動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS