13尺土俵とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 13尺土俵の意味・解説 

13尺土俵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/14 03:18 UTC 版)

13尺土俵(じゅうさんじゃくどひょう)とは、江戸時代から1931年まで使われた土俵の大きさ。直径13(3メートル94センチ)。その外周に直径15尺の土俵がつくられ、その間に砂が厚くまかれ、土俵を割った時にあとが明瞭に残るようになっていた。これは蛇の目の砂と呼ばれ、現在も受け継がれている。また、内俵16、外俵20で構成されていたため、三十六俵という異名も生じた。




  1. ^ 黒田次郎 『図解入門業界研究最新スポーツビジネスの動向とカラクリがよーくわかる本』 秀和システム、2010年、17頁。ISBN 978-4798025902
  2. ^ goo大相撲「相撲用語解説」


「13尺土俵」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「13尺土俵」の関連用語

13尺土俵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



13尺土俵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの13尺土俵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS