もろ差しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > もろ差しの意味・解説 

もろ差し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/04 15:07 UTC 版)

もろ差し(もろざし)とは、相撲において、自分の左右のを対戦相手のの下に入れる(両下手)など、両腕とを相手の体に密着させ、相手のまわしをつかむ腕を密着している取り組みの体勢。「二本差し」ともいう[1]。なお、もろ差しをされた相手が、両上手から左右のまわしを掴むとその体勢は、外四つと呼ばれる。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「諸差(し)」「双差(し)」の表記もある。『大辞泉』
  2. ^ 鶴ヶ嶺は「もろ差し名人」と称された。
  3. ^ モンゴル出身の鶴竜は井筒部屋(師匠は逆鉾昭廣)の力士で、逆鉾は鶴ヶ嶺の次男・門下にあたることから、鶴竜は鶴ヶ嶺からみれば孫弟子にあたる。

出典

  1. ^ 大辞泉


「もろ差し」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もろ差し」の関連用語

もろ差しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もろ差しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのもろ差し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS