独り相撲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 相撲 > 独り相撲の意味・解説 

ひとりずもう -ずまふ [4] 【独り《相撲》】

ひとりで相撲をとるまねをすること。神事大道芸などとして行われた。
相手もいないのに、また、周囲事情結果考えずに、ひとりで意気込むこと。 「 -をとる」

一人相撲

読み方:ひとりずもう
別表記:独り相撲、ひとり相撲

特に相手がいるわけでもない状況独りむなしく勇み立ったり意気込んだりするようなさまを述べる言い方思慮足りない身勝手振る舞い、という意味合いを含む場合が多い。

独り相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/01 16:49 UTC 版)

独り相撲(ひとりずもう)は、大道芸である。中世江戸期)から明治期くらいまでは見られたという。


  1. ^ 芳澤勝弘「白隠禅師仮名法語・余談 15 すたすた坊主とちょぼくれ坊主」『禅文化』177号、禅文化研究所、2000年7月、p.133-142.


「独り相撲」の続きの解説一覧



独り相撲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「独り相撲」の関連用語

独り相撲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



独り相撲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの独り相撲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS