古武道とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 古武道の意味・解説 

古武道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/25 00:47 UTC 版)

古武道(こぶどう)とは、日本の伝統的な、徒手もしくは鈍器刃物火器などの武具の使用法や、水泳乗馬など戦闘に関わる技術を体系化したものの総称。古流武術古武術もほぼ同義。武芸武術兵法などの類義語もある。対義語現代武道




  1. ^ 勝山物語(畑時能物語)
  2. ^ 近藤好和『武具の日本史』平凡社新書。
  3. ^ 細川重男『頼朝の武士団』歴史新書y
  4. ^ 中世の相撲 ―武芸としての相撲と相撲興行の起こり
  5. ^ 西久保氏武道訓
  6. ^ 中村民雄『史料近代剣道史』、島津書房


「古武道」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「古武道」の関連用語

古武道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古武道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古武道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS