日本の気候とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の気候の意味・解説 

日本の気候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/21 14:41 UTC 版)

日本気候(にほんのきこう)には、太平洋側日本海側で大きな違いが見られる。日本海側では、北西の季節風により、が多く、太平洋側では、南東の季節風により、に雨が多い[1]。また、瀬戸内海沿岸や中央高地では年中降水量が少ない[1]。また、南北にも長い日本では、緯度による気候の差異も大きい[2]




注釈

  1. ^ Peel, M. C., Finlayson, B. L., and McMahon, T. A. (2007). “Updated world map of the Köppen-Geiger climate classification”. Hydrol. Earth Syst. Sci 11: 1633-1644. doi:10.5194/hess-11-1633-2007. によるもの。気象庁の観測所による値とは多少相異がある。
  2. ^ 発表されるのは関東甲信越・北陸から九州までの各地で、それぞれ少しずつ異なる基準で判定する[37]
  3. ^ 「夏の最小雨月の降水量が30mm未満」という条件を含まずに当てはめたもの。
  4. ^ 正確にいうと、盛夏の前に曇りや雨の日が多くなる年はあるが、不明瞭であり、毎年決まった時期に決まった期間現れるわけではない(《コラム》 盛夏期前の曇・雨天 札幌管区気象台、2017年9月23日閲覧)
  5. ^ 気象台が委託した観測所での記録としては、1931年美深町での-41.5 ℃がある(気温の最高および最低記録 国立天文台、2017年9月23日閲覧。)
  6. ^ a b 現在は高知県四万十市で2013年に記録された41.0 ℃が最高。(歴代全国ランキング 気象庁、2017年9月24日閲覧)
  7. ^ 伊豆諸島も含めた値。

出典

  1. ^ a b c d 主婦の友社 2009, pp. 68-69.
  2. ^ a b c 松本 2005, p. 120.
  3. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 68.
  4. ^ a b 新星出版社編集部 2007, p. 29.
  5. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 67.
  6. ^ a b c 松山 2014, p. 95.
  7. ^ a b 雨や雪の多い国土 国土技術研究センター、2017年9月22日閲覧。
  8. ^ 松山 2014, p. 98.
  9. ^ 日本の年平均気温気象庁、2017年11月7日閲覧
  10. ^ a b c d e 温暖化の科学 Q19 暑い日が増えたのはヒートアイランドが原因? 地球環境研究センター(永島達也)、2017年12月28日閲覧
  11. ^ 宮本昌幸「東北地方北部から北海道地方におけるケッペンの気候区分の再検討」、『地理学論集』第84巻第1号、2009年、 111-117頁、 doi:10.7886/hgs.84.1112017年9月22日閲覧。
  12. ^ 清野編集工房 2015, p. 75.
  13. ^ a b 葛西光希、木村圭司「1kmメッシュデータによる北海道の気候変動解析」、『地理学論集』第88巻第2号、2014年、 37-48頁、 doi:10.7886/hgs.88.372017年9月22日閲覧。
  14. ^ 境田 2008, p. 61.
  15. ^ 吉野 1978, pp. 37-38.
  16. ^ a b 小柴 2002, p. 118.
  17. ^ 吉野 1978, p. 38.
  18. ^ 「読みやすく,わかりやすい」教科書(PDF) 二宮書店、2018年1月6日閲覧
  19. ^ 吉野 1978, pp. 39-41.
  20. ^ 吉野 1978, pp. 41-42.
  21. ^ 小泉和也、加藤央之「気候要素の変動パターンに基づく日本の気候区分 (PDF) 」 、『日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要』第47号、日本大学文理学部自然科学研究所、2012年、 185-197頁、2018年1月6日閲覧。
  22. ^ 草薙浩「平年日降水量時系列のクラスター分析による日本の9気候地域区分の提案 (PDF) 」 、『天気』63巻1号、日本気象学会、2016年、 185-197頁、2018年2月1日閲覧。
  23. ^ 主婦の友社 2009, p. 136-137.
  24. ^ a b 新星出版社編集部 2007, p. 98-99.
  25. ^ 福井 1961, p. 67.
  26. ^ 主婦の友社 2009, p. 137.
  27. ^ 福井英一郎 1961, p. 67.
  28. ^ 主婦の友社 2009, p. 32.
  29. ^ a b c 新星出版社編集部 2007, p. 24.
  30. ^ a b c 日本の天候に影響を及ぼすメカニズム 気象庁、2018年3月4日閲覧
  31. ^ a b 世界と日本の気温、降水量の経年変化に関して、よくある質問 気象庁、2018年1月6日閲覧
  32. ^ a b JAPAN Canty and Associates LLC、2018年1月10日閲覧
  33. ^ 【付録:主な新平年値のデータ表】(2011年3月30日) 気象庁、2018年1月7日閲覧
  34. ^ Q1-2 日本ではどのくらいの雨が降りますか(降水量)(PDF) 国立研究開発法人 森林研究・整備機構、2018年1月6日閲覧
  35. ^ 境田 2008, p. 54.
  36. ^ a b c d e f g h 新星出版社編集部 2007, p. 72.
  37. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 52.
  38. ^ 松本 2002, p. 81.
  39. ^ a b c d 主婦の友社 2009, p. 70.
  40. ^ a b c 新星出版社編集部 2007, p. 54.
  41. ^ 主婦の友社 2009, p. 77.
  42. ^ a b 新星出版社編集部 2007, p. 58.
  43. ^ 新星出版社編集部 2007, p. 59.
  44. ^ 昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値) 気象庁、2017年9月23日閲覧
  45. ^ a b c d 主婦の友社 2009, p. 74.
  46. ^ 松本 2005, p. 130.
  47. ^ a b c d 新星出版社編集部 2007, p. 60.
  48. ^ a b c d e f g h i j 新星出版社編集部 2007, p. 62.
  49. ^ 新星出版社編集部 2007, p. 63.
  50. ^ a b c 松本 2002, p. 92.
  51. ^ 中村ほか 1996, p. 31.
  52. ^ a b c d e f g h 主婦の友社 2009, p. 78.
  53. ^ 松本 2002, p. 97.
  54. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 91.
  55. ^ a b c d e 新星出版社編集部 2007, p. 64.
  56. ^ 新星出版社編集部 2007, p. 181.
  57. ^ 主婦の友社 2009, p. 79.
  58. ^ 松本 2002, pp. 102-103.
  59. ^ a b c d e 主婦の友社 2009, p. 84.
  60. ^ 新星出版社編集部 2007, p. 66.
  61. ^ 新星出版社編集部 2007, p. 110.
  62. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 92.
  63. ^ a b c d e 新星出版社編集部 2007, p. 68.
  64. ^ a b c d e f 主婦の友社 2009, p. 94.
  65. ^ a b c 新星出版社編集部 2007, p. 70.
  66. ^ 主婦の友社 2009, p. 97.
  67. ^ a b c d 新星出版社編集部 2007, p. 74.
  68. ^ a b c d e f 主婦の友社 2009, p. 98.
  69. ^ a b c d e f g 新星出版社編集部 2007, p. 44.
  70. ^ a b c 主婦の友社 2009, p. 100.
  71. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 103.
  72. ^ a b 中村ほか 1996, p. 17.
  73. ^ a b 新星出版社編集部 2007, p. 48.
  74. ^ a b c d 新星出版社編集部 2007, p. 50.
  75. ^ a b c d e 主婦の友社 2009, p. 69.
  76. ^ a b c d e 序章 北海道の地理環境と気候の特徴(PDF) 札幌管区気象台、2018年2月7日閲覧
  77. ^ 全国主要都市との比較(気温・湿度) 札幌総合情報センター株式会社、2017年9月23日閲覧
  78. ^ 四季の特徴 帯広測候所、2017年9月23日閲覧
  79. ^ 上川・留萌地方の季節のトピックス 旭川地方気象台、2017年9月23日閲覧
  80. ^ 歴代全国ランキング 気象庁、2017年9月23日閲覧
  81. ^ a b 北海道の気温と気候 株式会社パム、2017年9月23日閲覧
  82. ^ a b 新星出版社編集部 2007, p. 140.
  83. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 116.
  84. ^ a b 《コラム》 オホーツク海を覆う流氷の影響 札幌管区気象台、2017年9月23日閲覧
  85. ^ a b c The 10 Snowiest Cities On Earth(2015年2月10日) The Richest、2017年10月5日閲覧
  86. ^ 東北地方の気候 ~四季の天気~ 仙台管区気象台、2017年9月23日閲覧
  87. ^ a b 新星出版社編集部 2007, p. 76.
  88. ^ a b 東北地方の気候 ~四季の天気~ 仙台管区気象台、2017年9月24日閲覧
  89. ^ 東北地方の気候 ~四季の天気~ 仙台管区気象台、2017年9月23日閲覧
  90. ^ 宮城県の地勢・気候・コラム 仙台管区気象台、2017年9月24日閲覧
  91. ^ 夏の高温の要因 東京管区気象台
  92. ^ 埼玉県の平野部が暑くなる理由 熊谷地方気象台、2017年9月24日閲覧
  93. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 110.
  94. ^ 秋の降水 東京管区気象台、2017年9月24日閲覧
  95. ^ 新星出版社編集部 2007, p. 45.
  96. ^ 第 2 章 伊豆小笠原諸島沿岸の現況 (PDF)東京都港湾局、2017年9月24日閲覧
  97. ^ 季節ごとの天候の特徴-東海地方-(解説) 名古屋地方気象台、2017年9月25日閲覧
  98. ^ 伊豆半島 いずはんとう コトバンク、2017年9月25日閲覧
  99. ^ 地域特性(愛知県の気候) 名古屋地方気象台、2017年9月25日閲覧
  100. ^ 岐阜県の気象特性 岐阜地方気象台、2017年9月25日閲覧
  101. ^ 近畿地方の平年の天候 大阪管区気象台、2017年9月25日閲覧
  102. ^ 三重県の気候特性 津地方気象台
  103. ^ 気候 和歌山県、2017年9月25日閲覧
  104. ^ 和歌山県の野菜・花き (PDF)和歌山県、2017年9月25日閲覧
  105. ^ 奈良県の気象の特徴 奈良地方気象台、2017年9月25日閲覧
  106. ^ a b 秋霖 しゅうりん コトバンク、2017年9月27日閲覧
  107. ^ a b c 高知県の地勢と気象 高知地方気象台、2017年9月27日閲覧
  108. ^ 四国地方の天候 高松地方気象台、2017年9月27日閲覧
  109. ^ 53.高知 農業環境技術研究所、2017年9月27日閲覧
  110. ^ ≪ レジャー・体験 ≫ 41度最高気温の街 江川崎 四万十市観光協会、2017年9月27日閲覧
  111. ^ 【コラム1】九州北部地方(福岡)の気候は日本海型? 福岡管区気象台、2017年9月28日閲覧
  112. ^ 九州南部の平年の天候 鹿児島地方気象台、2017年9月28日閲覧
  113. ^ a b 新星出版社編集部 2007, p. 120.
  114. ^ 産地紹介:長崎県 JA全農ながさき ~温暖な気候を生かした長崎の新じゃが~ 農畜産業振興機構、2017年9月28日閲覧
  115. ^ 宮崎県 みやざき コトバンク、2017年9月28日閲覧
  116. ^ 作型の種類と留意事項 鹿児島県、2017年9月28日閲覧
  117. ^ a b 新星出版社編集部 2007, p. 46.
  118. ^ 主婦の友社 2009, p. 100-101.
  119. ^ 日比野祥、大門秀志、谷政信「日本海の貯熱量の変動及びその日本海側の降雪との関係 (PDF) 」、『測候時報 』第75巻特別号、気象庁、2008年、S69-S76頁、 2017年9月22日閲覧。
  120. ^ 世界一の豪雪都市 青森市、2017年10月5日閲覧
  121. ^ 秋田県の気象特性 秋田地方気象台、2017年10月5日閲覧
  122. ^ 東北地方の気候 ~四季の天気~ 仙台管区気象台、2017年10月5日閲覧
  123. ^ ワールド・ジオグラフィック・リサーチ 2016, p. 306.
  124. ^ a b ワールド・ジオグラフィック・リサーチ 2016, p. 313.
  125. ^ 山形県の気象特性 山形地方気象台、2017年10月5日閲覧
  126. ^ 北陸地方の天候(解説) 新潟地方気象台、2017年10月5日閲覧
  127. ^ a b 平年値(年・月ごとの値) 気象庁、2017年10月5日閲覧
  128. ^ 石川県の気象特性 金沢地方気象台、2017年10月5日閲覧
  129. ^ 新星出版社編集部 2007, p. 146.
  130. ^ 日本で見られる蜃気楼 日本放送協会、2017年10月21日閲覧
  131. ^ 「蜃気楼(しんきろう)」が出現しやすいシーズン・春に、幻想的風景を見に出かけよう! 日本気象協会、2017年10月21日閲覧
  132. ^ >木下正博、市瀬和義「富山湾における上位蟹気楼の発生理由一気温の鉛直分布が示す新たな事実一 (PDF) 」 、『天気』第49巻、2002年、 57-66頁、2017年10月21日閲覧。
  133. ^ 兵庫県の地勢・気候 神戸地方気象台
  134. ^ 2.近畿圏の自然環境の特性(PDF)国土交通省、2017年10月8日閲覧
  135. ^ 冬の天気 松江地方気象台、2017年10月8日閲覧
  136. ^ コラム 広島地方気象台、2017年10月8日閲覧
  137. ^ 山陰地方 サンインチホウ コトバンク、2017年10月8日閲覧
  138. ^ (山陰側)と瀬戸内式気候(山陽側 国土交通省中国地方整備局、2017年10月8日閲覧
  139. ^ a b 中国地方の天候 広島地方気象台、2017年10月8日閲覧
  140. ^ a b c d 長野県の気候 長野地方気象台、2017年10月14日閲覧
  141. ^ 山梨県の気候特性 甲府地方気象台
  142. ^ 降水量 長野グライダー協会、2017年10月14日閲覧
  143. ^ 2.3 自然的状況 (PDF)長野県、2017年10月14日閲覧
  144. ^ 気温 長野グライダー協会、2017年10月14日閲覧
  145. ^ a b 長野県の冬の特徴 長野地方気象台、2017年10月14日閲覧
  146. ^ 山梨県の気候特性 甲府地方気象台、2017年10月14日閲覧
  147. ^ マーガレット 香川県、2017年10月21日閲覧
  148. ^ 瀬戸内気候 せとうちきこう コトバンク、2017年10月21日閲覧
  149. ^ a b 瀬戸内海の濃霧 高松地方気象台
  150. ^ なんせいしょとうきこう【南西諸島気候】 学習研究社、2017年10月28日閲覧
  151. ^ 小笠原の気候 ―東京と父島の気象の比較― 父島気象観測所、2017年10月28日閲覧
  152. ^ 台風の平年値 気象庁、2017年10月28日閲覧
  153. ^ a b c d e f g 沖縄地方の平年の天候 沖縄気象台、2017年10月28日閲覧
  154. ^ 新星出版社 2007, p. 60.
  155. ^ 沖縄県だけが猛暑日なし…旅行者などから「地元より涼しい」の声 ライブドアニュース)、2017年10月28日閲覧
  156. ^ データーで見る都道府県民性 13 日本一暑い沖縄県、実は猛暑日数は全国最小! 食生活にも独特な文化が マイナビニュース、2017年10月28日閲覧
  157. ^ a b コラム③ 台風の発生と沖縄への接近について 沖縄気象台、2017年10月28日閲覧
  158. ^ 雨・雪について 気象庁、2017年11月1日閲覧
  159. ^ 尖閣諸島の気象(気候区分・気象状況) 島嶼資料センター(海洋政策研究所)、2017年11月1日閲覧
  160. ^ ソチの気候って? 江波山気象館、2017年11月1日閲覧
  161. ^ a b 小笠原の気候 小笠原村観光協会、2017年11月1日閲覧
  162. ^ 吉田圭一郎、飯島慈裕、岡秀一「小笠原諸島における気象観測研究 (PDF) 」 、『小笠原研究年報』第29巻、首都大学東京、2006年、 1-6頁、2017年11月1日閲覧。
  163. ^ 日本の気候の変化 気象庁、2017年9月22日閲覧
  164. ^ 日本の年平均気温気象庁、2017年11月7日閲覧
  165. ^ 日本の平均気温の偏差の算出方法 気象庁、2017年11月7日閲覧
  166. ^ 日本の季節平均気温 気象庁、2017年11月12日閲覧
  167. ^ 日本の季節平均気温 気象庁、2017年11月12日閲覧
  168. ^ 日本の季節平均気温 気象庁、2017年11月12日閲覧
  169. ^ 日本の季節平均気温 気象庁、2017年11月12日閲覧
  170. ^ 日本各地における気温等の長期変化傾向(PDF) 気象庁、2017年12月11日閲覧
  171. ^ a b c d e f g h 気候変動の観測・予測及び影響評価統合レポート 『日本の気候変動とその影響』 (2012年度版)(PDF) 気象庁、文部科学省環境省、2017年12月3日閲覧
  172. ^ 将来予測における「RCPシナリオ」とは? 全国地球温暖化防止活動推進センター、2017年12月11日閲覧
  173. ^ 21世紀末における日本の気候予測結果 (PDF)環境省・気象庁、2017年12月11日閲覧
  174. ^ a b 主婦の友社 2009, p. 14.
  175. ^ a b 大雪ものしり百科:自然編|大雪山の気象:その1 上川総合振興局、2017年12月3日閲覧
  176. ^ a b 縮小する富士山の永久凍土 山梨日日新聞社、YBSテレビ、2017年12月3日閲覧
  177. ^ 近年の桜の開花異常!?(PDF) 地球環境研究センター、2017年12月11日閲覧
  178. ^ a b サクラの開花と地球温暖化 九州大学大学院地球惑星科学科)2017年12月11日閲覧
  179. ^ 「桜の開花と気温」 気候リスク管理の応用 (PDF) 熊本地方気象台 2017年12月11日閲覧
  180. ^ 満開ソメイヨシノ、幻になる?温暖化進行の40年後予測 朝日新聞社、2008年11月14日閲覧
  181. ^ 2010年~2110年における桜開花シミュレーション結果発表 ウェザーニューズ、2009年5月28日、2017年12月11日閲覧
  182. ^ a b 第11回 紅葉は春?お花見は秋? 地球温暖化で日本の風物詩に異変あり 日本経済新聞社、2006年11月30日、2017年12月11日閲覧
  183. ^ 紅葉シーズンはいつ? 地球温暖化の影響?で遅れ 朝日新聞社、2008年10月25日、2017年12月11日閲覧
  184. ^ 松本太「紅葉の季節学」、『日本生気象学会雑誌』第49巻第4号、2013年、 141-148頁、 doi:10.11227/seikisho.49.1412017年12月11日閲覧。
  185. ^ 【地球温暖化の行方】 2050年には紅葉の見頃がクリスマスに…温暖化は年々深刻化 スカスカなミカン、着色不良のリンゴも 産経新聞社、2017年12月11日閲覧
  186. ^ a b 第1章 水の循環と水資源の賦存状況 (PDF)国土交通省、2017年12月12日閲覧
  187. ^ 第I部 進行する地球温暖化とわたしたちのくらし~地球温暖化対策に向けた国土交通行政の展開~  2 渇水リスクの増大 国土交通省、2017年12月20日閲覧
  188. ^ アメダスで見た短時間強雨発生回数の長期変化について 気象庁、2017年12月17日閲覧
  189. ^ a b c ~こんにちは!気象庁です!平成26年11月号~ 気象庁、2017年12月28日閲覧
  190. ^ 1章 ヒートアイランド現象の現状 (PDF)環境省、2017年12月15日閲覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の気候」の関連用語

日本の気候のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の気候のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の気候 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS