積雲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 積雲 > 積雲の意味・解説 

せき うん [0] 【積雲】

直方向にわき立ち、一般に濃密輪郭がはっきりしている孤立した底辺はほぼ平らで、上辺ドームになっている太陽の光を受けると白く輝いて見える。綿雲わたぐも)。むくむく

積雲(せきうん)

積雲(キムラス)
パラグライダーにとってサーマル目安となる積雲(キムラス
キムラスとも呼ぶ。
積雲は、底が比較的平らで上方盛り上がっており縁がモクモクした形をとっている。
この対流サーマルなど、しっかりした上昇気流があるところで発生する。上昇気流探す手がかりをはじめ、その日獲得高度目安サーマル発生状態も察知でき、パラグライダーにとっては大変有り難である。
積雲はその大気安定度で形が大きく変わってくる。
比較安定な状態ではが横に平たくなり易く、不安定時には縦に大きく成長する。
大きく成長進んでいく積雲は非常に強い上昇気流乱流をもたらし場合によっては積乱雲になる可能性有り大変危険である。
積雲を利用したソアリングは積雲の成長度合い観察しながらフライトし、安全率を高くとり、早めに離れる事を心がけたい。
フライト中の観察
 1 バリオの上昇率を常に確認していること。
 2 積雲を下から覗き雲底黒く(暗く)なりはじめていたら、積雲はかなり発達している。
 3 地上に映った積雲の影から発達具合確認していく。

積雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/21 04:12 UTC 版)

積雲(せきうん)は、晴れた日によく発生する、綿のような形をした雲。綿雲(わたぐも)とも呼ばれ、形状は綿菓子にも喩えられる。上部はモコモコしていて形がよく変わるが、雲底は平たくほとんど上下しない。上に向かって成長し、下や横にはほとんど成長しないのが特徴。また、雲内部の雲粒の密度が高く、日光が当たった時の明暗がくっきりと表れるのも特徴である。






「積雲」の続きの解説一覧



積雲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「積雲」の関連用語

積雲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



積雲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2018 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの積雲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS