立夏とは?

Weblio 辞書 > 生活 > ご贈答マナー > 立夏の意味・解説 

りっ‐か【立夏】

二十四節気の一。太陽黄経(こうけい)が45度になる日をいい、太陽暦5月6日ごろ。暦の上夏の始まる日。《 夏》「空輝き輝きて—かな/立子


立夏(りっか):太陽暦の5月6日(または5日)

二十四節気の第7節目で、太陽黄経45度の時点に来たことを示します。
竹林では竹の子さえも顔を覗かせ始めるほど草木青々と生い茂り野山ではホトトギスが、池や川では鳴き始めミミズさえもが這い出す如く全ての生き物活性する心地良い初夏迎え気候としています。

立夏

読み方:リッカ(rikka)

二十四気一つ太陽黄経は四五度

季節

分類 時候

月日 五月六日ごろ


立夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 14:25 UTC 版)

立夏(りっか)は、二十四節気の第7。恒気法では冬至から3/8年(約136.97日)後で5月5日ごろ。


  1. ^ 天体観測ハンドブック―「天文年鑑」を100%活用するために, 誠文堂新光社 (たとえば1970年)
  2. ^ 国立天文台 暦要項 各年版より世界時換算(1984年 - 2016年)
  3. ^ 2009年版より理論が更新されているが、「分」の精度でほとんど違いはない。
  4. ^ 現代の天体力学による位置推算のため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない(代わりに分単位の精度がある)。 将来の見積もりについては(主に閏秒の不確かさから)日付が前後する恐れがある(10分の誤差を見込んだが、表の末尾では恐らく不足)。
  5. ^ JPL HORIZONS Web-Interface (2015年8月22日 Ver 3.9.8) 取得後 TT→UT 変換
  6. ^ NASA による ΔT の解説計算式


「立夏」の続きの解説一覧

立夏

出典:『Wiktionary』 (2020/03/11 05:50 UTC 版)

名詞

(りっか)

  1. 《暦》二十四節気一つ。夜が短くなり夏が始まるころ。四月
    1. 定気法では、太陽黄経45度のときを含む日。5月5日ごろ。
    2. 平気法では、冬至から8分の3年後。5月7日ごろ。
  2. 《暦》立夏(1)から小満までの期間。

発音

りっか

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「立夏」の関連用語

立夏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



立夏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの立夏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの立夏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS