日本の犯罪と治安とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の犯罪と治安の意味・解説 

日本の犯罪と治安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/12 09:48 UTC 版)

この項目では日本犯罪治安(にほんのはんざいとちあん)について解説する。




  1. ^ 各年犯罪白書”. 法務省. 2019年11月16日閲覧。
  2. ^ 警察白書”. 警察庁. 2018年11月16日閲覧。
  3. ^ 統計”. 警察庁. 2018年11月16日閲覧。
  4. ^ 内務大臣官房文書課. “国立国会図書館デジタルコレクション 大日本帝国内務省統計報告”. 2019年1月24日閲覧。
  5. ^ 内務省警保局. “国立国会図書館デジタルコレクション 警察統計報告”. 2019年1月22日閲覧。
  6. ^ 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課. “国立国会図書館デジタルコレクション 刑事警察統計書”. 2019年1月22日閲覧。
  7. ^ 警察庁及び国家地方警察本部. “国立国会図書館デジタルコレクション 犯罪統計書”. 2019年2月9日閲覧。
  8. ^ a b 犯罪統計とその意義”. 昭和35年版 犯罪白書. 法務省. 2008年8月26日閲覧。
  9. ^ a b 刑法犯の推移”. 昭和35年版 犯罪白書. 法務省. 2008年8月26日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 総務省 (2019年1月21日). “人口推計 各月1日現在人口 「全国:年齢(5歳階級),男女別人口」及び「(参考表)全国人口の推移」平成30年8月確定値、平成31年1月概算値”. 2018年1月29日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g 総務省. “統計局>統計データ一覧第六十八回日本統計年鑑 平成31年>第2章 人口・世帯>2-1 人口の推移 B表(Excel)”. 2019年1月29日閲覧。
  12. ^ a b c d e 警察庁刑事局捜査支援分析管理官 (2019年2月12日). “平成30年1~12月犯罪統計【確定値】>第1表 刑法犯 罪種別 認知・検挙件数・検挙人員 対前年比較(PDFの12ページ、文書の9ページ)”. 2019年2月18日閲覧。
  13. ^ 警察庁 (2017年7月). “統計>生活安全の確保に関する統計等>犯罪情勢>平成29年の刑法犯に関する統計資料>第1 総括>1 刑法犯の認知・検挙の概況>図表:1-1-1(刑法犯認知・検挙状況S21-H29 の推移)(PDFの7ページ、文書の1ページ)”. 2019年1月29日閲覧。
  14. ^ 法務省. “犯罪白書>平成30年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第1節 主な統計データ>1-1-1-1図 刑法犯 認知件数・検挙人員・検挙率の推移(Excel)”. 2019年1月29日閲覧。
  15. ^ 法務省. “犯罪白書>平成元年版の犯罪白書>目次>付表>第1表 刑法犯の認知件数・検挙件数・検挙人員(昭和元年 ~ 昭和63年)”. 2008年8月26日閲覧。
  16. ^ a b 法務省 (1960年3月). “犯罪白書>昭和35年版の犯罪白書>目次>付録統計表>表-1 刑法犯”. 2019年1月24日閲覧。
  17. ^ a b 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課 (1946年). “昭和21年度刑事警察統計書>第二 刑法犯罪>其ノ一 刑法犯総発生検挙件数累年比較(コマ番号7)”. 2019年1月22日閲覧。
  18. ^ a b 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課 (1946年). “昭和21年度刑事警察統計書>第二 刑法犯罪>第二十八章(3) 業務上過失致死傷罪(コマ番号28)”. 2019年1月22日閲覧。
  19. ^ 国家地方警察本部刑事部犯罪統計課 (1946年). “昭和21年度刑事警察統計書>第二 刑法犯罪>合計(コマ番号38)”. 2019年1月22日閲覧。
  20. ^ 1940年~1945年の一般刑法犯の検挙件数・検挙人員については、総計の検挙件数・検挙人員から業務上過失致死傷罪の検挙件数を引いた値である。
  21. ^ a b 『昭和38年 犯罪統計書>1.年次別罪種別発生・検挙件数>(7)業務上過失致死傷罪』 警察庁、1963年、29頁。 
  22. ^ 1940年の一般刑法犯の検挙件数と総計の検挙件数から業務上過失致死傷罪の検挙件数を引いた値である。
  23. ^ a b 内務省警保局 (1940年10月). “第16回警察統計報告>六、刑法犯罪>第五三 刑法犯發生竝檢擧件數、附警察犯處罰令>第二十八章(3) 業務上過失致死傷罪(コマ番号91)”. 2019年1月22日閲覧。
  24. ^ 1934年~1939年の一般刑法犯の検挙件数については、総計の検挙件数から業務上過失致死傷罪の検挙件数を引いた値である。
  25. ^ 内務省警保局 (1935年1月). “第10回警察統計報告>六、刑法犯罪>第五〇 刑法犯發生竝檢擧件數>総計(コマ番号96)”. 2019年1月22日閲覧。
  26. ^ a b 内務省警保局 (1940年10月). “第10回警察統計報告>六、刑法犯罪>第五三 刑法犯發生竝檢擧件數、附警察犯處罰令>第二十八章(3) 業務上過失致死傷罪(コマ番号91)”. 2019年1月22日閲覧。
  27. ^ 1926年~1933年の一般刑法犯の検挙件数については、総計の検挙件数から業務上過失致死傷罪の検挙件数を引いた値である。
  28. ^ 内務省警保局 (1927年10月). “第3回警察統計報告>六、刑法犯罪>第四五 刑法犯發生竝檢擧件數>総計(コマ番号73)”. 2019年1月24日閲覧。
  29. ^ a b 内務省警保局 (1927年10月). “第3回警察統計報告>六、刑法犯罪>第四五 刑法犯發生竝檢擧件數>業務上過失致死傷罪(コマ番号68)”. 2019年1月24日閲覧。
  30. ^ 1924年・1925年の一般刑法犯の検挙件数については、総計の検挙件数から業務上過失傷害罪の検挙件数を引いた値である。
  31. ^ 法務省. “犯罪白書>平成30年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第1節 主な統計データ>2 検挙人員>1-1-1-5表 刑法犯 検挙人員(罪名別,男女別)”. 2019年1月30日閲覧。
  32. ^ 法務省. “平成9年版の犯罪白書>目次>第3編 まとめ>第1章 憲法施行50年の犯罪動向”. 2008年8月26日閲覧。
  33. ^ a b c d 法務省. “犯罪白書>平成30年の犯罪白書>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第2節 主な刑法犯>2 強制性交等・強制わいせつ”. 2019年1月31日閲覧。
  34. ^ 警察庁 (2018年7月). “統計>生活安全の確保に関する統計等>犯罪情勢>平成29年の刑法犯に関する統計資料>2 包括罪種ごとの認知・検挙の概況>図表:1-2-7(その他の刑法犯の認知・検挙状況H20-H29 の推移)(PDFの16ページ、文書の10ページ)”. 2019年1月29日閲覧。
  35. ^ 警察庁. “統計>平成19年の犯罪情勢>第4 刑法犯の現況>6 その他の特徴的な犯罪>(5) その他>図表5-15 その他の刑法犯の罪種別認知・検挙状況(PDFの157~158ページ、文書の148~149ページ)”. 2008年8月26日閲覧。
  36. ^ 警察庁. “統計>平成12年の犯罪>第1 刑法犯>総括>3 年次別・府県別・罪種別認知・検挙件数及び検挙人員>表F-26 逮捕監禁(PDFの54ページ、文書の49ページ)”. 2008年8月26日閲覧。
  37. ^ 警察庁. “統計>平成3年の警察白書>4 統計資料>第2章関係>統計2-3 刑法犯罪種別認知件数の推移(昭和61~平成2年)”. 2018年4月12日閲覧。
  38. ^ 警察庁. “統計>昭和61年の警察白書>4 統計資料>第2章関係>統計2-3 刑法犯罪種別認知件数の推移(昭和56~昭和60年)”. 2018年4月20日閲覧。
  39. ^ 警察庁. “統計>昭和56年の警察白書>4 統計資料>第4章関係>統計4-2 刑法犯罪種別認知件数の推移(昭和46~55年)”. 2018年4月20日閲覧。
  40. ^ 警察庁. “統計>昭和49年の警察白書>4 統計資料>第4章関係>統計4-1 刑法犯罪種別認知件数の推移(昭和39~48年)”. 2018年4月20日閲覧。
  41. ^ 『昭和38年 犯罪統計書>4.府県別罪種(全罪種)別発生・検挙件数および検挙人員>第31章 逮捕監禁罪(含致死傷)』 警察庁、1963年、58頁。 
  42. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和35年版の犯罪白書>目次>付録統計表>表-26 逮捕・監禁”. 2008年8月26日閲覧。
  43. ^ a b c d 法務省. “犯罪白書>平成30年の犯罪白書>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯>第1節 主な統計データ>1 認知件数と発生率”. 2019年1月29日閲覧。
  44. ^ 法務省. “犯罪白書>平成元年版の犯罪白書>目次>付表>第2表 刑法犯の主要罪名別認知件数(昭和元年~63年)”. 2008年8月26日閲覧。
  45. ^ 内務大臣官房文書課 (1927年9月). “第46回大日本帝国内務省統計報告>警察>(第四三)犯罪発生並検挙件数>第二十二章(1)猥褻罪(コマ番号87)”. 2019年1月24日閲覧。
  46. ^ 内務大臣官房文書課 (1927年9月). “第46回大日本帝国内務省統計報告>警察>(第四三)犯罪発生並検挙件数>第二十二章(3)強姦罪(コマ番号88)”. 2019年1月24日閲覧。
  47. ^ 内務省警保局 (1927年10月). “第3回警察統計報告>六、刑法犯罪>第四五 刑法犯發生竝檢擧件數(殺人:コマ番号66・67、略取・誘拐:コマ番号69、傷害:コマ番号67、強盗:コマ番号61、放火:コマ番号61、逮捕・監禁:コマ番号69)”. 2019年1月24日閲覧。
  48. ^ a b c 犯罪白書>平成30年版の犯罪白書>目次>第6編 犯罪被害者>第1章 犯罪被害>第3節 性犯罪被害>6-1-3-1表 強制性交等・強制わいせつ 認知件数・被害発生率の推移(Excel)”. 法務省. 2019年1月31日閲覧。
  49. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 死亡者数は合計死亡者数から交通事故死者数を引いた数を死亡者数とし、そのため、その他の期間と同一に比較できる値でないことと過少であることに留意する。
  50. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 負傷者数は、負傷者合計から過失による負傷者数を引いた数を負傷者数とした。そのため、その他の期間と同一に比較できる値でないことと過少であることに留意する。
  51. ^ 統計>平成29年の 刑法犯に関する統計資料(死亡者・負傷者はPDFの17ページ、文書の11ページ 強姦・強制わいせつはPDFの36,37ページ、文書の30,31ページ)”. 警察庁 (2018年7月). 2018年11月29日閲覧。
  52. ^ 犯罪白書>平成30年版の犯罪白書>目次>第6編 犯罪被害者>第1章 犯罪被害>第2節 生命・身体への被害>6-1-2-1表 生命・身体に被害をもたらした刑法犯 被害者数・人口比の推移(Excel)”. 法務省. 2019年1月31日閲覧。
  53. ^ 犯罪白書>平成9年版の犯罪白書>目次>第1編 憲法施行50年の犯罪動向>第7章 犯罪被害とその国家的救済>第1節 犯罪被害の実情>I-13表 生命・身体に被害を受けた犯罪被害者数”. 法務省. 2018年12月7日閲覧。
  54. ^ 犯罪白書>昭和62年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第3章 犯罪被害とその国家的救済>第2節 不起訴処分に対する救済制度>I-63表 罪名・死傷別犯罪被害者数(昭和61年)”. 法務省. 2018年12月7日閲覧。
  55. ^ 犯罪白書>平成7年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第2章 犯罪被害とその国家的救済>第1節 犯罪被害の実情>Ⅰ-28図 犯罪被害者数の推移(昭和60年~平成6年)”. 法務省. 2018年12月7日閲覧。
  56. ^ 犯罪白書>昭和61年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第3章 犯罪被害の推移>第2節 被害の種別ごとに見た推移>1 生命・身体の被害>Ⅳ-9表 刑法犯の死傷者数の推移”. 法務省. 2018年12月7日閲覧。
  57. ^ 『昭和41年の犯罪: 犯罪統計書>94.罪種別被殺傷者数』 警察庁、1966年、352頁。 
  58. ^ 『昭和39年の犯罪: 犯罪統計書>第7 その他>49.年次別因由別被殺傷者数』 警察庁、1964年、302,304頁。 
  59. ^ 内務省警保局 (1940年10月). “第16回警察統計報告>第二編 保安>第三八 被殺傷者数>総計(コマ番号66)”. 2019年3月7日閲覧。
  60. ^ 内務大臣官房文書課 (1925年). “第47回大日本帝国内務省統計報告>警察>第四七 被殺傷者>総数(コマ番号129)”. 2019年3月7日閲覧。
  61. ^ 内務大臣官房文書課 (1924年). “第46回大日本帝国内務省統計報告>警察>第四七 被殺傷者>総数(コマ番号105)”. 2019年3月7日閲覧。
  62. ^ 内務大臣官房文書課 (1927年9月). “第41回大日本帝国内務省統計報告>警察>第四九 被殺傷者(績)>総数(コマ番号90)”. 2019年3月7日閲覧。
  63. ^ 犯罪白書>平成11年版の犯罪白書>目次>第5編>第5編 犯罪被害者と刑事司法>第2章 犯罪被害とその国家的救済>第1節 犯罪被害の実態>1 犯罪被害者数の推移>V-4表 性犯罪被害者数・被害発生率, 法務省, http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/40/nfm/n_40_2_5_2_1_1.html#H005004H 2019年1月30日閲覧。 
  64. ^ 平成30年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について>1 交通事故の発生状況>交通事故発生状況の推移(昭和23年~平成30年), 警察庁>統計, (2019年2月14日), https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00130002&tstat=000001027458&cycle=7&year=20180&month=0 2019年2月18日閲覧。 
  65. ^ 統計>生活安全の確保に関する統計等>犯罪情勢>平成29年中の交通事故の発生状況>1 交通事故の発生状況>交通事故発生状況の推移(昭和23年~平成29年)”. 警察庁 (2018年2月15日). 2018年12月7日閲覧。
  66. ^ 犯罪白書>平成30年版の犯罪白書>目次>第4編 各種犯罪の動向と各種犯罪者の処遇>第1章 交通犯罪>第1節 交通犯罪の動向>1 交通事故の発生動向>4-1-1-1図 交通事故 発生件数・死傷者数の推移(Excel)”. 法務省. 2019年1月29日閲覧。
  67. ^ 『犯罪統計書:昭和32年>第10 交通関係>8.交通事故年度別推移』 警察庁、1957年、462頁。 
  68. ^ 法務省. “犯罪白書>平成元年版の犯罪白書>目次>付表>第1表 刑法犯の認知件数・検挙件数・検挙人員(昭和元年~昭和63年)”. 2008年8月26日閲覧。
  69. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和35年版の犯罪白書>目次>付録統計表>表-41 通貨偽造、表-42 文書偽造、表-43 有価証券偽造、表-44 印章偽造の合計値”. 2019年2月9日閲覧。
  70. ^ 内務省警保局 (1927年10月). “第3回警察統計報告>六、刑法犯罪>第四五 刑法犯發生竝檢擧件數(窃盗:コマ番号70、詐欺:コマ番号71、横領:コマ番号71・72、住居侵入:コマ番号62、偽造:コマ番号63)”. 2019年2月8日閲覧。
  71. ^ a b c d e 昭和45年の犯罪 : 犯罪統計書 15. 年次別 被害高および被害回復高状況, 警察庁, (1971年), pp. 59 
  72. ^ a b 警察庁. “警察白書>平成5年年版警察白書>目次>第3章 犯罪情勢と捜査活動>2 犯罪情勢及び捜査活動の現況>(3) 犯罪による被害の状況>イ 財産犯による被害”. 2018年12月17日閲覧。
  73. ^ 内閣府 (2019年2月14日). “内閣府ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 統計表(四半期別GDP速報) > 2018年(平成30年) > 統計表一覧(2018年10-12月期 1次速報値)> 実額 >名目暦年(CSV)”. 2019年2月14日閲覧。
  74. ^ 内閣府 (2018年1月). “内閣府ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 平成23年基準支出側GDP系列簡易遡及 > 実額 >名目暦年(CSV)”. 2018年12月10日閲覧。
  75. ^ 内閣府. “内閣府ホーム > 統計情報・調査結果 > 国民経済計算(GDP統計) > 統計データ > 統計表(国民経済計算年次推計) > 1998年度国民経済計算 (1990基準・68SNA) > フロー編 > 1. 統合勘定 > 国内総生産と総支出勘定(Excel)”. 2018年12月10日閲覧。
  76. ^ 溝口 敏行、野島 教之「1940-1955年における国民経済計算の吟味 表14 国民経済計算総括表」、『日本統計学会誌』第23巻第1号、日本統計学会、1993年、 106頁、 doi:10.11329/jjss1970.23.912019年2月9日閲覧。
  77. ^ a b 総務省統計局 (2019年1月18日). “2015年基準消費者物価指数(全国、年平均)”. 2019年1月30日閲覧。
  78. ^ a b 警察庁 (2018年7月). “平成29年の 刑法犯に関する統計資料(はPDFの18ページ、文書の12ページ)”. 2018年11月29日閲覧。
  79. ^ a b 法務省. “犯罪白書>平成30年版の犯罪白書>目次>第6編 犯罪被害者>第1章 犯罪被害>第1節 被害件数>第4節 財産への被害>6-1-4-1表 財産犯 認知件数・被害額(罪名別)の推移(Excel)”. 2019年1月30日閲覧。
  80. ^ a b 警察庁. “警察白書>平成元年年版警察白書>目次>第2章 犯罪情勢と捜査活動>1 刑法犯の状況>(3) 被害の状況>ア 生命、身体の被害”. 2018年12月10日閲覧。
  81. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和61年版の犯罪白書>目次>第4編 犯罪被害の原因と対策>第3章 犯罪被害の推移> 第2節 被害の種別ごとに見た推移>1 生命・身体の被害>IV-11表 財産犯等による財産被害額の推移”. 2018年12月10日閲覧。
  82. ^ a b 法務省. “犯罪白書>昭和47年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第二章 統計からみた昭和四六年の犯罪の概観>一 刑法犯の概況>2 財産犯罪>I-14表 窃盗の被害額の推移(昭和42~46年)”. 2018年12月19日閲覧。
  83. ^ a b 昭和40年の犯罪 : 犯罪統計書 8 年次別(罪種)主要品目別財物被害高, 警察庁, (1966年), pp. 368 
  84. ^ a b 昭和31年版犯罪統計書 21. 財物被害高並回復高 全国(1), 警察庁, (1957年), pp. 188 
  85. ^ a b 昭和30年版犯罪統計書 17. 財物被害高並回復高 全国, 警察庁, (1956年), pp. 198 
  86. ^ a b 昭和29年版犯罪統計書 19. 財物被害高並びに回復高 全国, 警察庁, (1955年), pp. 196 
  87. ^ a b 昭和28年版犯罪統計書 11. 被害状況, 国家地方警察, (1954年), pp. 193-194 
  88. ^ a b 昭和26年版犯罪統計書 第1.全国的発生状況, 国家地方警察, (1952年), pp. 44 
  89. ^ a b 昭和24年版犯罪統計書 第2.昭和24年中の犯罪(4)財物被害高並回復高調 N.R.P+M.P, 国家地方警察, (1950年), pp. 232-233 
  90. ^ 法務省. “犯罪白書>平成30年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第1章 刑法犯資料>第2節 主な刑法犯>1 窃盗”. 2019年2月14日閲覧。
  91. ^ 法務省. “犯罪白書>平成13年版の犯罪白書>目次>資料>資料IV-9 窃盗における被害額”. 2018年12月19日閲覧。
  92. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和49年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第2章 統計からみた昭和48年の犯罪の概観>第1節 刑法犯の概況>2 財産犯罪>I-14表 財産犯罪の被害額の推移(昭和44年~48年)”. 2018年12月20日閲覧。
  93. ^ 昭和42年の犯罪 : 犯罪統計書 6.年次別 窃盗の手口別認知件数, 警察庁, (1968年), pp. 160-161 
  94. ^ 昭和40年の犯罪 : 犯罪統計書 11.年次別(手口)窃盗発生件数, 警察庁, (1966年), pp. 372-373 
  95. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和52年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第1章 昭和51年の犯罪の概観>第1節 刑法犯の概況>2 主要刑法犯の動向>(1) 財産犯>I-12表 財産犯の被害総額の推移(昭和47年~51年)”. 2018年12月20日閲覧。
  96. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和51年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第3章 財産犯の動向>第2節 詐欺・横領・背任>3 最近の詐欺・横領・背任事件の特色>I-75表 詐欺・横領・背任被害額の推移(昭和40年,46年~50年)”. 2018年12月19日閲覧。
  97. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和50年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第2章 統計から見た昭和49年の犯罪の概観>第1節 刑法犯の概況>2 財産犯罪>I-18表 財産犯の被害額の推移(昭和39年,45年~49年)”. 2018年12月19日閲覧。
  98. ^ 法務省. “犯罪白書>昭和61年版の犯罪白書>目次>第4編 犯罪被害の原因と対策>第3章 犯罪被害の推移> 第2節 被害の種別ごとに見た推移>2 財産上の被害>IV-12表 主要罪名別の財産被害額の推移”. 2018年12月10日閲覧。
  99. ^ 法務省. “犯罪白書>平成30年版の犯罪白書>目次>第1編 犯罪の動向>第2章 特別法犯>第2節 主な特別法犯>1-2-2-1図 主な特別法犯 検察庁新規受理人員の推移(Excel)”. 2019年1月31日閲覧。
  100. ^ 法務省. “犯罪白書>平成9年版の犯罪白書>目次>第3編 まとめ>資料I-7 特別法犯の検察庁新規受理人員(昭和24年~平成8年)”. 2008年8月26日閲覧。
  101. ^ Home>Crime data”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  102. ^ Statistics and Data>Crime data>Intentional Homicide>Intentional homicide victims”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  103. ^ Statistics and Data>Crime data>Intentional Homicide>Intentional homicide victims by sex”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  104. ^ Statistics and Data>Crime data>Other Crimes>Serious Assault”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  105. ^ Statistics and Data>Crime data>Other Crimes>Kidnapping”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  106. ^ Statistics and Data>Crime data>Other Crimes>Theft”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  107. ^ Statistics and Data>Crime data>Other Crimes>Robbery”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  108. ^ Statistics and Data>Crime data>Other Crimes>Burglary”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  109. ^ Statistics and Data>Crime data>Other Crimes>Theft of private cars”. UNODC. 2019年2月24日閲覧。
  110. ^ 櫻田淳『国家の役割とは何か』(ちくま新書)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の犯罪と治安」の関連用語

日本の犯罪と治安のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の犯罪と治安のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の犯罪と治安 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS