在宅勤務とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 勤務 > 在宅勤務の意味・解説 

ざいたく‐きんむ【在宅勤務】

自宅いながら仕事をすること。またその勤務形態自宅パソコンから、勤務先サーバーインターネット通じて情報送受して行う場合が多い。WFH(work from home)。→テレワーク


在宅勤務

ライフスタイル合わせ働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業労働者双方多くメリットをもたらします。一方で事業内容職種によって決めるべきルール整備すべき体制異なるなど、導入に際して難しさ感じている企業少なくありません。ここでは在宅勤務のメリット整理しながら導入時に注意すべきこと、就業規則作成ポイント解説していきます。

在宅勤務

在宅勤務とは、勤務する会社オフィスで 働くのではなく自宅にて働く事を意味する言葉です。
近年ではインターネットをはじめとした、 情報通信環境普及充実伴って、 在宅勤務を認め会社も増え始めています。
特にIT関連職(SEプログラマーデザイナー)の分野では、 優秀な人材確保社員就労意欲向上、業績の向上を 目指して、在宅勤務を推進する会社も増えています。

在宅勤務

読み方ざいたくきんむ
別名:テレコミューティング
【英】telecommuting

在宅勤務とは、会社組織出勤せず、パソコン電話FAXインターネットといった情報通信機器システム活用して、勤務先コミュニケーションを密に取りながら、在宅のまま仕事をする労働形態のことである。

在宅勤務はインターネットをはじめとした通信手段発達によって就労形態として採用されるようになった基本的に個人単位作業を行うため、執筆業翻訳業など、もっぱら個人作業中心となるものが在宅勤務として営まれやすい。

在宅勤務を採用することで、勤務先までの通勤時間省略できたり、家事との両立を図りやすくなったりする、といったメリットがある。また、身体的ハンディを負い、通勤などが困難である場合も、他の人と同様に仕事従事できる利点もある。

なお、在宅勤務では同一組織構成員直接対面する機会少ないため、帰属意識希薄化疎外感などが問題となりやすい、という指摘もある。

情報と社会のほかの用語一覧
ビジネス:  モバイルデバイス管理  モバイルワーク  SOHO  在宅勤務  裁量労働  人事システム  シャドーIT

在宅ワーク

(在宅勤務 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 20:31 UTC 版)

在宅ワーク(ざいたくワーク)、あるいは在宅勤務(ざいたくきんむ)とは、自宅を拠点として仕事をすること。テレワークの一種。




「在宅ワーク」の続きの解説一覧



在宅勤務と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「在宅勤務」の関連用語

在宅勤務のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



在宅勤務のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2021 Net Markers.Inc all rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ在宅勤務の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの在宅ワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS