ヘボン式ローマ字とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ヘボン式ローマ字の意味・解説 

ヘボン式ローマ字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/20 23:55 UTC 版)

ヘボン式ローマ字(ヘボンしきローマじ)とは、ラテン文字を使って日本語を書き表す方法のひとつ。特に固有名詞の表記において事実上の標準となっている。


  1. ^ a b 藤岡勝二 『ローマ字手引』 ローマ字ひろめ会、1906年。
  2. ^ Collins & Mees (1998) p.361
  3. ^ 服部(1979) pp.225-226
  4. ^ 茅島(2000) p.230
  5. ^ 木村(1988) pp.19-22
  6. ^ 木村(1988) p.113
  7. ^ a b c d e f g 菱山剛秀「地名のローマ字表記」、『国土地理院時報』第108巻、2005年、 65-75頁。
  8. ^ 『パスポート:ヘボン式ローマ字綴方表』 東京都生活文化局、2016年2月23日http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/documents/0000000485.html 
  9. ^ 『郵便番号データダウンロード:郵便番号データ(ローマ字)の説明』 日本郵便https://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/readme_ro.html 
  10. ^ 『LGドメイン名登録等に関する技術細則』 日本レジストリサービス、2014年4月15日https://jprs.jp/doc/rule/saisoku-1-lgjp.html 
  11. ^ “State of the Standards: 1999”. Information Standards Quarterly 11 (1): 14. (1999). https://groups.niso.org/apps/group_public/download.php/6050/ISQ_vol11_no1_Jan1999.pdf. 
  12. ^ ALA-LC Romanization Tables: Japanese, The Library of Congress, https://www.loc.gov/catdir/cpso/romanization/japanese.pdf 
  13. ^ Jorden (1974) p.xlvi
  14. ^ The Chicago Manual of Style (15th ed.). The University of Chicago Press. (2003) [1982]. pp. 428-429. ISBN 0226104036. 
  15. ^ 茅島(2000) p.126
  16. ^ 『訓点聖書とローマ字聖書』 明治学院大学図書館 デジタルアーカイブスhttp://www.meijigakuin.ac.jp/mgda/bible/topics/kanyaku.html 
  17. ^ 『国語施策百年史』pp.207-208
  18. ^ 羅馬字会 『羅馬字にて日本語の書き方』、1885年。
  19. ^ a b 服部(1960) p.675
  20. ^ 杉本(1989) pp.262-263
  21. ^ 『国語施策百年史』p.210
  22. ^ 『国語施策百年史』p.211
  23. ^ 柿木 (2013) p.135
  24. ^ 柿木(2013) p.152
  25. ^ 『内閣訓令第三號』、1937年http://www.cityfujisawa.ne.jp/~roomazi/Tuzuri/kunrei3.html (ローマ字文庫)
  26. ^ 『国語施策百年史』p.215
  27. ^ 柿木(2013) pp.136-137
  28. ^ 茅島(2000) p.74
  29. ^ 茅島(2000) p.62
  30. ^ 『国語施策百年史』pp.417-421


「ヘボン式ローマ字」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヘボン式ローマ字」の関連用語

1
56% |||||

2
56% |||||



5
30% |||||

6
30% |||||

7
18% |||||



10
14% |||||

ヘボン式ローマ字のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヘボン式ローマ字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘボン式ローマ字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS