表記ゆれとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 表記ゆれの意味・解説 

ひょうき‐ゆれ〔ヘウキ‐〕【表記揺れ】

読み方:ひょうきゆれ

用字用語の不統一。同じ文書書籍の中で、本来、同音同義使われるべき語句異なって表記されること。「メモリー」と「メモリ」、「引っ越し」と「引越」など。表記の揺れ


表記ゆれ

読み方ひょうきゆれ

表記ゆれとは、同音同意味の語句について異な文字表記付されることである。特に1つ文書において、同じ語句に対して異なる表記存在することを指す場合が多い。

表記ゆれが起こりやすい言葉としては、「サーバー」と「サーバ」、「バイオリン」と「ヴァイオリン」などの例がある。

一般的なワープロソフトには、表記ゆれが発生した時点で自動的に該当する語句下線などを表示してユーザー注意を促す機能搭載されている。手動でこの機能動作させることもできる。ただし、必ずしもすべての表記ゆれが検出されるとは限らないので、重要な文書公式文書などの場合は人の目によるチェックなど十全の注意が必要となる。

印刷・DTPのほかの用語一覧
校正:  ベタ  ペアカーニング  変倍  表記ゆれ  プレビュー  符号無し2進数  分離禁則

表記ゆれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 02:47 UTC 版)

表記ゆれ(ひょうきゆれ)とは、同音・同義の語句について異なる文字表記が付されることである。特に同じ文書や書籍において、同じ語句に対して異なる表記が存在することを指す場合が多い[1]表記揺れとも称す[2]


  1. ^ 表記ゆれとは何? Weblio辞書”. www.weblio.jp. 2022年1月11日閲覧。
  2. ^ デジタル大辞泉 小学館
  3. ^ 送り仮名の付け方 複合の語 通則6 HOME > 国語施策・日本語教育 > 国語施策情報 > 内閣告示・内閣訓令 > 送り仮名の付け方 > 本文 通則6、文化庁、1973年6月18日
  4. ^ 送り仮名の付け方 複合の語 通則7 内閣告示・内閣訓令 > 送り仮名の付け方 > 本文 通則7、文化庁、1973年6月18日
  5. ^ SEO対策を行ううえで「表記ゆれ」はどう扱う? :” (日本語). 株式会社イノーバ. 2020年1月13日閲覧。
  6. ^ 表記ゆれをチェックして自動的に修正する” (日本語). FMVサポート : 富士通. 2020年1月13日閲覧。
  7. ^ ドイツ語における日本語由来の名詞の性について (PDF)”. 東京外国語大学記述言語学論集. 2018年12月31日閲覧。


「表記ゆれ」の続きの解説一覧

表記ゆれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 21:25 UTC 版)

プルトニウム」の記事における「表記ゆれ」の解説

プルトニュウムなど。

※この「表記ゆれ」の解説は、「プルトニウム」の解説の一部です。
「表記ゆれ」を含む「プルトニウム」の記事については、「プルトニウム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「表記ゆれ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

表記ゆれのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



表記ゆれのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ表記ゆれの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの表記ゆれ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプルトニウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS