斎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > の意味・解説 

【斎

( 接頭 )
古く神に関連のある名詞に付いて、「神聖な」「清浄な」の意を表す。 「 -垣」 「上つ瀬に-くい)を打ち古事記

いつき 【斎

心身をきよめて神に仕えること。また、その人。特に斎宮斎院。 「賀茂の-には、孫王の居給ふ多くもあらざりけれど/源氏 賢木
神をまつる場所。 「隼は天に上り飛び翔(かけ)り-が上の鷦鷯さざき)取らさね/日本書紀 仁徳

いみ [2][1] 【忌み・斎

動詞「いむ(忌)」の連用形から〕
神に仕えるために汚(けが)れを避け謹慎すること。
死・産・血などの汚れ触れた人が一定期間、神の祀(まつ)りや他人から遠ざかること。 「 -が明ける」
避けるべきこと。方角日取りその他、一般によくないとされていること。差し支えはばかり。 「事の-あるはこたみはたてまつらじ/源氏 絵合
他の語の上に付いて複合語作り汚れ清めた、神聖な、などの意を表す。 「 -斧」 「 -垣」 「 -鎌」 「 -竈(かまど)」 「 -場」 「 -」 「 -殿(どの)」 「 -服殿(はたどの)」

いむ 【忌む・斎

〔「いみ(忌・斎)」の転〕
いみ」に同じ。他の語に付いて複合語作る。 「 -斧(おの)」 「 -鎌」 「 -御衣みぞ)」

いわい いはひ 【斎

心身清浄にして無事安全を祈り神をまつること。 「 -の返り事神賀かみほき)の吉詞(よごと)奏したまはく/祝詞 出雲国造神賀詞
神をまつる所。また、神をまつる人。 「是の皇女伊勢大神の-に侍り日本書紀 雄略

さい 【斎】

[1] ( 名 )
〘仏〙
汚れ清め行為をつつしむこと。
八戒中心をなす戒で、正午を過ぎて食事をとらないこと。
仏事の際の食事。とき。おとき。
接尾
居室の名や文人などの雅号添える。 「自然-」 「六無-」

【さい】[漢字]

【才】 [音] サイザイ
学問教養。 「和魂漢才」 〔年齢の「歳」に当てるのは、俗用
【再】 [音] サイ ・サ
ふたたび。二度。 「再建再婚再審再度再発一再
【西】
⇒ せい〔西〕 [漢]
【災】 [音] サイ
(自然の)わざわい。 「災禍災害災難災厄火災人災息災天災
【妻】 [音] サイ
つま。夫の配偶者。 「妻子妻帯愛妻後妻正妻夫妻
【采】 [音] サイ
〔「採」に同じ〕 とる。 「采詩采薪さいしん)・納采
〔「彩」に同じ〕 いろどり。あや。 「采色文采
すがた。かたち。 「神采風采
知行所領地。 「采地采邑さいゆう)」
さいころ。賽(さい)。 「六采
【 哉 】 [音] サイ
感嘆助辞。かな。 「快哉善哉
】 [音] サイ
しば。雑木。 「柴薪さいしん)・柴扉さいひ)・柴門
ふさぎ守るかこい。 「鹿柴ろくさい)」
【砕(碎)】 [音] サイ
くだく。くだける。 「砕片破砕・粉砕砕氷船粉骨砕身
【宰】 [音] サイ
【栽】 [音] サイ
植える。 「栽培植栽
【殺】
⇒ さつ〔殺〕 [漢]
【 砦 】 [音] サイ
とりで。 「山砦城砦堡砦ほうさい)・鹿砦ろくさい)」
【彩】 [音] サイ
美しかがやき。つや。 「光彩生彩
【採】 [音] サイ
草木などを切りとる。 「採集伐採
【済(濟)】 [音] サイ ・セイ
救う。 「済度救済共済経済
なしとげる。 「済美せいび)」
すむ。すます。 「皆済既済返済
そろって盛んなさま。 「済済せいせい)((さいさい))
【 猜 】 [音] サイ
そねむ。ねたむ。 「猜忌
うたがう。邪推。 「猜疑猜忍
【祭】 [音] サイ
神をまつる。 「祭祀さいし)・祭政祭壇祭典葬祭
まつり。にぎやかな催し。 「芸術祭文化祭
【細】 [音] サイ
ほそい。 「細小細流繊細毛細管
小さい。こまかい。 「細菌細心細則細大細目
くわしい。 「細緻さいち)・細密子細詳細
とるに足りない。 「細君細民些細ささい)・零細
】 [音] サイ
・根などを食用とする総称。 「菜園菜食白菜野菜
おかず。副食物。 「前菜惣菜そうざい)・一汁三菜
【斎(齋)】 [音] サイ
ものいみする。神仏をまつる。 「斎戒潔斎
ものいみをする場所。また、静かに学問などをする部屋。 「斎場書斎山斎
〘仏〙法会ほうえ)。また、その際食事。とき。 「斎日
【最】 [音] サイ
この上なく。もっとも。 「最愛最悪最期さいご)・最初最上最善・最低」
【 犀 】 [音] サイ ・セイ
哺乳動物の一。さい。 「犀角燃犀斑犀はんざい)」
たくするどい。 「犀利
【裁】 [音] サイ
衣服仕立てるために布をたちきる。 「裁断裁縫
さばく。是非を判断する。 「裁決裁断裁判
きりもりする。処理する。 「裁量総裁独裁
かた。きまり。様式。 「体裁ていさい)」
裁縫」の略。 「洋裁和裁
裁判所」の略。 「家裁地裁最高裁
【債】 [音] サイ
返済する義務のあること。借金。おいめ。 「債券債務負債
返済求めること。 「債鬼債権
債券」の略。 「起債公債社債
【催】 [音] サイ
もよおす。きざす。 「催眠催涙
や行事を行う。もよおす。 「開催主催
【塞】
⇒ そく〔塞〕 [漢]
【歳】 [音] サイ ・セイ
とし。一年。 「歳暮さいぼ)((せいぼ))歳末千秋万歳ばんぜい)」
とし。よわい。年齢。 「百歳・満二十歳
田畑一年のみのり。 「凶歳
時間。つきひ。 「歳月歳時記
木星。 「歳次歳星
【載】 [音] サイ
物を車などにのせる。 「積載満載
書きしるす。書籍雑誌などにのせる。 「載録記載掲載転載連載
〔「歳」に同じ〕 とし。 「千載せんざい一遇
【際】 [音] サイ
きわ。はて。 「際涯さいがい)・際限水際辺際
まじわる。 「交際国際
おり。機会また、ある機会いきあう。 「際会際遇実際
【 賽 】 [音] サイ
神仏へのお礼参り。 「賽銭報賽
さいころ

とき [2] 【斎

〘仏〙 〔仏弟子戒律として正午を過ぎての食事禁ずる規定があり、時間内の食事斎食さいじき)・斎、時間外のそれを非時食ひじじき)・非時といい、これが時刻にかかわるものであるところから、食事を「とき」と呼ぶ〕
僧侶修行者が戒に従って正午前にとる食事。時食。おとき。 ⇔ 非時
肉・などを用いない料理精進料理
法会の際に出される食事。施食(せじき)。
法会仏事の俗な呼び方。

【斎

神聖であること。斎()み清めること。助詞「つ」を伴って、また直接名詞に付いて複合語として用いられる。 「 -庭/日本書紀 神代訓注」 → ゆつ

読み方:ユ(yu

けがれを避けて身を清め慎むこと。


いつき 【斎】

日本で、潔斎して神に仕えること。また、その人。神に仕え少女斎女といい、伊勢神宮賀茂神社仕え未婚内親王斎王とか斎宮といった(斎宮は、大嘗祭神殿をもいう)。→ 忌子

いみ 【斎】

動詞イム名詞形。日本で、神事に慎むこと。心身清浄に保つこと。関係語多く、斎斧(神事用材木を伐る斧)、斎蔵神宝納め)、斎竹(神事の時、四方立てて注連繩張る青竹)、斎館潔斎のため籠る家。斎殿)、斎火忌火とも。神への供物を煮る清めた火)その他がある。→ 忌

とき 【斎】

仏教用語斎食・おとき。戒律定められた食事で、正午以前正時分量を過ごさないだけの食事をいう。また仏事時の食事をいう。正午以後非時食という。→ 持斎

読み方
いしき
いつき
いわい
さい
せい
とき
ひとし
わたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/15 22:29 UTC 版)

正字 : )、用法によって読みが異なる。




「斎」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/03/25 03:48 UTC 版)

発音


出典:『Wiktionary』 (2012/03/30 02:39 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



斎と同じ種類の言葉


品詞の分類

接頭語    斎    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「斎」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

斎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



斎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS