忌みとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 忌みの意味・解説 

いみ [2][1] 【忌み・斎

動詞「いむ(忌)」の連用形から〕
神に仕えるために汚けがれを避け謹慎すること。
死・産・血などの汚れ触れた人が一定期間、神の祀まつりや他人から遠ざかること。 「 -が明ける」
避けるべきこと。方角日取りその他、一般によくないとされていること。差し支えはばかり。 「事の-あるはこたみはたてまつらじ/源氏 絵合
他の語の上に付いて複合語作り汚れ清めた、神聖な、などの意を表す。 「 -斧」 「 -垣」 「 -鎌」 「 -竈かまど」 「 -場」 「 -」 「 -殿どの」 「 -服殿はたどの


忌み

読み方:いみ

マ行五段活用動詞忌む」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

忌み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/04 15:19 UTC 版)

忌み、斎み(いみ)は




「忌み」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「忌み」の関連用語

忌みのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ツチブタ

日引

ライトロースト

鳴子

衛星移動通信

8000形

内裏雛

シングルステッチ





忌みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの忌み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS