日本のイスラム社会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本のイスラム社会の意味・解説 

日本のイスラム社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/20 01:44 UTC 版)

この項目では日本イスラム社会について記述する。




[ヘルプ]
  1. ^ イスラームQ&A”. 宗教法人日本ムスリム協会 (1991年12月). 2014年5月14日閲覧。
  2. ^ いつ日本にイスラムは伝えられた?”. ジャーメ・マスジド横浜. 2014年8月4日閲覧。
  3. ^ “日本最大のモスク「東京ジャーミイ」”. nippon.com. (2013年5月8日). http://www.nippon.com/ja/features/c01301/ 2014年5月3日閲覧。 
  4. ^ 福田安志 (2014年8月17日). “石油をめぐる日本とサウジアラビアの外交秘史”. 朝日新聞. http://middleeast.asahi.com/column/2014081700001.html 2014年9月6日閲覧。 
  5. ^ a b “日本のイスラム教徒永眠の地は 土葬の墓、住民ら反発”. 朝日新聞. (2010年10月18日). http://www.asahi.com/special/playback/TKY201010170288.html 2017-12-20]閲覧。 
  6. ^ 世界と日本のムスリム人口 2011年 - 店田廣文教授早稲田大学
  7. ^ “日本のムスリム11万人 イスラム的アジアを行く”. 朝日新聞GLOBE. (2014年8月3日). http://globe.asahi.com/feature/memo/2014080100024.html 2014年11月1日閲覧。 
  8. ^ “東南アジアからの観光客をもてなすには”. NHK. (2013年7月5日). http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/161421.html 2013年12月15日閲覧。 
  9. ^ “ポスト中国は東南アジア観光客! イスラム対応に急ぐ日本政府の本気”. デイリー・ダイヤモンド. (2013年7月3日). http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/6004 2013年12月15日閲覧。 
  10. ^ 鷲巣真大; 石間亜希 (2014年6月1日). “県がイスラム客マニュアル”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/news/20140531-OYTNT50255.html 2014年6月1日閲覧。 
  11. ^ ハラルフードについて”. 全国大学生活協同組合連合会. 2014年6月1日閲覧。
  12. ^ 麻生千晶 (2014年4月11日). “800円フレンチにハラール食、 こんなことになっている大学の学食”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40404 2014年6月1日閲覧。 
  13. ^ “イスラム学生も安心、学食でも「ハラール」食”. 読売新聞. (2014年5月29日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140529-OYT1T50108.html 2014年6月1日閲覧。 


「日本のイスラム社会」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本のイスラム社会」の関連用語

日本のイスラム社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レディング石

チチェン・イツァ遺跡

チェルノブイリ原子力発電所事故

裏筋

蝶結び

Gerald Ford

アンペール

サーブ式SAAB340B型





日本のイスラム社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本のイスラム社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS