日本のイスラム社会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本のイスラム社会の意味・解説 

日本のイスラム社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/02 17:14 UTC 版)

この項目では日本イスラム教社会(にっぽん/にほんのイスラムきょうしゃかい)について記述する。




  1. ^ イスラームQ&A”. 宗教法人日本ムスリム協会 (1991年12月). 2014年5月14日閲覧。
  2. ^ いつ日本にイスラムは伝えられた?”. ジャーメ・マスジド横浜. 2014年8月4日閲覧。
  3. ^ “日本最大のモスク「東京ジャーミイ」”. nippon.com. (2013年5月8日). http://www.nippon.com/ja/features/c01301/ 2014年5月3日閲覧。 
  4. ^ 福田安志 (2014年8月17日). “石油をめぐる日本とサウジアラビアの外交秘史”. 朝日新聞. http://middleeast.asahi.com/column/2014081700001.html 2014年9月6日閲覧。 
  5. ^ a b c 宗務時報 No119 (PDF)”. 文化庁文化部宗務課. 2018年9月3日閲覧。
  6. ^ 最初の日本人ムスリム : 野田正太郎(1868-1904年)”. 三沢伸生東洋大学教授CiNii). 2018年9月3日閲覧。
  7. ^ a b “日本のイスラム教徒永眠の地は 土葬の墓、住民ら反発”. 朝日新聞. (2010年10月18日). http://www.asahi.com/special/playback/TKY201010170288.html 2017-12-20]閲覧。 
  8. ^ イスラーム教徒人口の推計 2013年 (PDF)”. 店田廣文早稲田大学教授. 2018年9月3日閲覧。
  9. ^ 世界と日本のムスリム人口 2011年 - 店田廣文教授早稲田大学
  10. ^ “日本のムスリム11万人 イスラム的アジアを行く”. 朝日新聞GLOBE. (2014年8月3日). http://globe.asahi.com/feature/memo/2014080100024.html 2014年11月1日閲覧。 
  11. ^ “東南アジアからの観光客をもてなすには”. NHK. (2013年7月5日). http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/161421.html 2013年12月15日閲覧。 
  12. ^ “ポスト中国は東南アジア観光客! イスラム対応に急ぐ日本政府の本気”. デイリー・ダイヤモンド. (2013年7月3日). http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/6004 2013年12月15日閲覧。 
  13. ^ 鷲巣真大; 石間亜希 (2014年6月1日). “県がイスラム客マニュアル”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/news/20140531-OYTNT50255.html 2014年6月1日閲覧。 
  14. ^ ハラルフードについて”. 全国大学生活協同組合連合会. 2014年6月1日閲覧。
  15. ^ 麻生千晶 (2014年4月11日). “800円フレンチにハラール食、 こんなことになっている大学の学食”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40404 2014年6月1日閲覧。 
  16. ^ “イスラム学生も安心、学食でも「ハラール」食”. 読売新聞. (2014年5月29日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140529-OYT1T50108.html 2014年6月1日閲覧。 


「日本のイスラム社会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本のイスラム社会」の関連用語

日本のイスラム社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本のイスラム社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本のイスラム社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS