日本のバスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本のバスの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


日本のバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/14 23:17 UTC 版)

日本のバス(にほんのバス)は、日本におけるバス事情について述べる。なお、本項においては、旅客自動車運送事業としてのバスを述べる。バス車両の分類、構造、技術に関しては日本のバス車両を参考にされたい。




[ヘルプ]
  1. ^ 『日本自動車史 都道府県別 乗合自動車の誕生 写真・史料集』 180頁~183頁 (2013年(平成25年)2月26日発行 著者:佐々木烈 発行:三樹書房)
  2. ^ しかし、翌1904年(明治37年)2月には破産した。 (『日本自動車史』 273頁 (2004年(平成16年)3月7日発行 著者:佐々木烈 発行所:三樹書房))
  3. ^ 『「運び」の社会史』(庄野新 著。白桃書房)… 同書では、バス事業は「広島、大阪、名古屋、京都の“同時多発”的に登場」としている。
  4. ^ なお、有田鉄道では1975年ごろに、6人乗りのトヨタ・クラウンを路線バス車両として使用していたことがあった(『鉄道ピクトリアル』通巻331号 p.87)
  5. ^ 同年2月5日午後2時から、横川駅前で開通式をし、式の終了後に運行を開始した。 (『日本自動車史』 79頁 (2004年(平成16年)3月7日発行 著者:佐々木烈 発行所:三樹書房))
  6. ^ 国産バスが日本で最初に走ったのは広島市! 初代バスってどんなのだったの? 2013/11/08 マイナビニュース・旅と乗りもの(2018年2月20日閲覧)
  7. ^ 広島市-日本初の国産の乗合バス(横川~可部間) - 広島市
  8. ^ 自動車登録規則(昭和45年2月20日運輸省令第7号)第13条・別表2より、「バス」の定義は「人の運送の用に供する乗車定員11人以上の普通自動車」であること等から、1903年の定員6人(乗客4人)の京都・二井商会の例ではなく、1905年の定員12人の広島のバスを日本最初のバス事業とする考え。
  9. ^ 写真で見るバスの歴史Ⅰ公益社団法人日本バス協会
  10. ^ a b エネルギー-科学技術の進歩と現代生活財団法人日本原子力文化振興財団
  11. ^ http://www.mlit.go.jp/common/000010068.pdf 国土交通省>>統計情報・白書>>統計情報>>自動車関係統計データ バス事業者数
  12. ^ 国土交通省「バス産業勉強会報告書」(2009年4月)p.29 以下、単に「報告書」とする
  13. ^ 「報告書」p.23
  14. ^ 「報告書」pp.40-41
  15. ^ 道路運送法第95条第1項(自動車に関する表示)…自動車(軽自動車たる自家用自動車、乗車定員十人以下の乗用の自家用自動車、特殊自動車たる自家用自動車その他国土交通省令で定めるものを除く。)を使用する者は、その自動車の外側に、使用者の氏名、名称又は記号その他の国土交通省令で定める事項を見やすいように表示しなければならない。


「日本のバス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本のバス」の関連用語

日本のバスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

方面、方向及び距離

シャリンバイ

ばあゆ

トランポビクス

おれんじHOPE

羊蹄山

ボール紙

100系





日本のバスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本のバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS