日本の電話番号とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の電話番号の意味・解説 

日本の電話番号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/07 10:03 UTC 版)

日本の電話番号(にほんのでんわばんごう)は、国際公衆交換電話網では、「81」の国際電話番号を付加した11桁または12桁の数字として表される。


  1. ^ このため、頭の「0」は市外局番には含まれない。よって、外国から日本へ国際電話を掛ける際、市外局番に相当する部分の頭に「0」は付けない。(「日本の市外局番」「国際電話#外国から日本へ国際電話をかける場合」参照)
[ヘルプ]
  1. ^ 加入電話に相当する光IP電話をユニバーサルサービスの対象に追加
  2. ^ 「平成10年度 電気通信番号に関する研究会」の報告について - 総務省
  3. ^ 3桁番号利用指針 - 総務省
  4. ^ KDDIグループの電報 でんぽっぽ お電話からのお申込方法
  5. ^ ソフトバンクグループ、2010年2月から115番で「ほっと電報」サービスを開始 ソフトバンクテレコム株式会社
  6. ^ ソフトバンクグループの電報サービス「ほっと電報」サービス開始のお知らせ ソフトバンクテレコム株式会社
  7. ^ 消費者ホットライン - 消費者庁
  8. ^ 児童相談所全国共通ダイヤルについて|厚生労働省
  9. ^ a b c d e f g h 電話の3桁番号サービス - NTT東日本 Web116.jp
  10. ^ a b c d e 「接続通話サービス(100、102、106、108、DIAL104)」の提供終了について NTT東日本
  11. ^ ニュース - 新規FMC番号や行政用3けた1XY番号を了承、総務省番号研究会:ITpro:
  12. ^ - 総務省研究会がFMCの電話番号に「060」を新規割り当て方針:ITpro:
  13. ^ a b c ホワイト光電話 ご利用いただけない3桁特番 ソフトバンク
  14. ^ 「でんわ会議」サービスの提供終了について NTT東日本
  15. ^ a b 「マジックボックス」、「キャッチホンⅡ」、「ボイスボックス」、「ボイスワープⅡ」等の新規お申し込み受付の終了およびサービス提供の終了について NTT東日本
  16. ^ 専用ダイヤルアップ番号「1492」について NTT東日本
  17. ^ a b Fネット ご利用の手引き (PDF) NTTコミュニケーションズ
  18. ^ 050ビジネスダイヤル着信対象外電話番号一覧 (PDF) NTTコミュニケーションズ
  19. ^ TT-PHONE (NC)サービス対象外電話番号 TT-PHONE
  20. ^ 国が提供する相談ダイヤルへの3桁番号利用の在り方(答申) (PDF)”. 情報通信審議会 (2014年12月16日). 2015年7月15日閲覧。
  21. ^ 携帯電話とPHS間の番号ポータビリティ導入に係る規定の整備 2013年11月26日
  22. ^ 005793117は米軍基地のダイヤルイン回線用プレフィックス[要出典]United States Army Japan & I Corps (Forward)
  23. ^ #ダイヤル NTT東日本


「日本の電話番号」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の電話番号」の関連用語

日本の電話番号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

滝

アンナイボウミウシ

杉本明洋

内装

地方自治法施行60周年記念 愛媛県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

SH001

佛式の葬儀

トップケース





日本の電話番号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の電話番号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS