CATVとは? わかりやすく解説

シー‐エー‐ティー‐ブイ【CATV】


ケーブルテレビ(けーぶるてれび)(CATV)

ケーブル(通信線)を使って番組送信するテレビ放送

電波飛ばして放送する地上波テレビとは異なりケーブルテレビ番組を送るシステムです。各家庭設置するターミナル利用することにより、番組受信だけでなく、データ送信行えるという双方向の情報通信可能です

歴史的には、山間部などテレビ電波届きにくい地域難視聴解消するため、ケーブルテレビは共聴施設として始まりましたそのため、コミュニティ・アンテナ・テレビの略でCATVと呼ばれてます。

全国には、およそ7施設のケーブルテレビ基地局があり、約1600万世帯が加入してます。1999年度末現在)

最近では地上波再放送を流すだけでなく、自主放送を行うところも出てきましたまた、通信速度速く常時接続可能となることもありインターネット接続サービス急速に伸びてきています。CATVインターネットは、電話代要さない定額制で、一月当た5000円程度使い放題になる点が大きく受けてます。

ケーブルを使うと、通常の電話回線数百倍の通信速度得られることから大容量音楽動画などマルチメディア時代をにらみ、各社ともに競争激化してます。現在、基幹網光ファイバ入れ替えたり、完全なデジタル化目指す計画各地進められています。

関連キーワード「IT」

関連キーワード「BSデジタル放送

(2000.09.02更新


CATV


ケーブル・テレビ

【英】CATV

CATV参照

ケーブルテレビ

テレビのほかの用語一覧
テレビの方式:  Intelsat  ISDB-T  IPTV  ケーブルテレビ  クリアビジョン  MSO  文字多重放送

仙台CATV

(CATV から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 03:36 UTC 版)

仙台CATV株式会社(せんだいシーエーティーヴィー)は、仙台市都心部錦町公園の向かいに本社を構えるテレビ放送、インターネットの他にホームセキュリティ業務も行うケーブルテレビ局である。愛称は、CAT-V(キャット・ヴィ)。




「仙台CATV」の続きの解説一覧

ケーブルテレビ

(CATV から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 02:40 UTC 版)

ケーブルテレビ英語: Cable television)とは、ケーブルを用いて行う有線放送のうち、有線ラジオ放送もしくは旧来の有線放送電話以外のものである。広義には、これを中心としてインターネット接続や電話固定電話)なども含む複合的なサービスを指す。


  1. ^ 2011年7月までにデジタル放送へ完全移行される地上波のテレビ放送では、中継局の整備が遅れるなどして直接受信が難しい地域の難視聴対策として衛星によるセーフティネットを2015年3月まで取り入れていた。
  2. ^ 特に平成新局と呼ばれる地方の第3・4局目(北海道・福岡県は5局目)のアナログ放送に多かった。
  3. ^ 区域外再放送には該当しない。
  4. ^ 代表例として、奈良テレビ放送(昭和時代開局)・あいテレビ愛媛朝日テレビ大分朝日放送、在名民放局の愛知県奥三河地域など。同一県であっても中継回線(海底ケーブル通信衛星含む)などの技術的都合により、テレビ北海道琉球朝日放送は山間部や離島の一部ではケーブルテレビを介した放送も受信できない時代が、特にアナログ放送時代に発生していた。テレビ北海道は特に北見・帯広地域、琉球朝日放送先島諸島宮古島石垣島)、大東諸島北大東島南大東島)が該当した。
    なお沖縄県の離島においては、琉球朝日放送開局前の1993年12月に在那局(琉球放送沖縄テレビNHK沖縄2波の3社・4局)の宮古・石垣中継局が開局するまで受信することが不可能であり、事実上沖縄本島とその周辺にサービスエリアが限定されていた。この間、宮古テレビ石垣ケーブルテレビは独自に在那局や在京・在阪キー局などから番組を購入し、本島では前日に放送されていたニュースワイド番組や、一般番組を自主放送チャンネルで時差放送していた。日テレ系 (NNS) とテレ東系 (TXN) の新局開局予定がないため、この2系列については同様の措置が取られている。大東諸島に至っては、在那局の中継がデジタル新局として開局したのがアナログ放送終了間際の2011年7月になってから。アナログの場合は、当初は1975年にNHK沖縄放送局が本土のテレビ番組を2時間程度に編集し、南大東島役場を通して中継する程度で、1976年からはそれをケーブルテレビを通じて中継していたが、1987年に廃止。その後、1984年5月から1998年3月まではNHKのBS2波のみ、同4月からは左記に加えて在京局のうち、本来の在那局の系列キー局(TBSフジテレビテレビ朝日NHK放送センター)の中継局を小笠原中継局からの分波という形で受信していたため、沖縄県内のニュース・気象情報は電話回線を使い字幕スーパーで流すことしかできなかった。なお、小笠原中継所もデジタル放送への完全移行により2011年7月に廃止され、小笠原村ケーブルテレビでの再放送にて補完している。
    奈良県の場合は奈良テレビのほか、在大阪民放4社、NHK奈良放送局の中継局が、県の人口の大半が集中する奈良市など生駒山に近い北部・西部に集中しており、南部・東部に中継局を整備することによる放送局の経営面への影響、また同地区ではこまどりケーブルに大半の世帯が加入していることで、中継局をあえて整備せず、こまどりケーブルの再放送中継を持って代替している。
    愛知県奥三河では、アナログ移行期に共同受信施設の合理化を狙い、新城市等が光ファイバー回線を整備して、豊橋ケーブルネットワークの再放送中継に置き換えた。
  5. ^ FOX bs238(現・FOXスポーツ&エンターテインメント)では、BS放送として新規開局後の2011年10月から最初の1年間は無料放送としたため、多くのケーブルテレビはBSのチャンネルとして配信したが、有料放送となった2012年10月に一旦BSでの配信を終了した。その後、2012年12月に2013年シーズンからプロ野球中継に参入することを発表し、それに伴い、2013年2月からスカパー!プレミアムサービスでの配信を開始したため、主にプロ野球球団本拠地がある地域を中心にCSチャンネル扱いで配信を再開した局も多数ある[1]
    またJ:COMに於けるBS12・トゥエルビや、2022年に新規開局したBSよしもとBS松竹東急BS Japanextなどのように、セットトップボックスの周波数領域の都合によりCS領域で放送するチャンネルもある。
  6. ^ WOWOWはスカパー!プレミアムサービス(CS124/128度放送)においても配信されているが、ケーブルテレビでの配信の多くはBSから電波を受信しており、CSからの受信は殆ど皆無である
  7. ^ BSは不定期。CSは原則毎月第1日曜の午前0時から翌日月曜の午前4時までを「スカパー!(プレミアムサービス)大解放デー」で行うが、一部あらかじめ無料放送となるチャンネルあり(いずれもミニ番組=番組宣伝などは随時無料とする時間あり)
  8. ^ 放送大学学園のみが使用していたが、2018年10月30日の停波に伴い空席に。
  9. ^ 東京メトロポリタンテレビジョン奈良テレビ放送のみ。
  10. ^ テレビ愛知讀賣テレビ放送のみ。
  11. ^ 但し、ブランドとしては、ソフトバンクモバイルが旧来から展開している現在も「ソフトバンク」に加え、ウィルコムが社名・ブランド変更した際に新しく制定した「ワイモバイル」のデュアルブランドとなっている。
  12. ^ 現在はSIMロックは原則禁止・SIMフリーが義務付けとなっている
  13. ^ 「テレビ都南」がある岩手県では、「東日本大震災」の影響で、アナログ放送が2012年3月31日まで延期されたが、放送エリア内で、地震の影響が無かった事から、当初の予定通り2011年7月24日で廃業した。
  14. ^ 放送の再送信の許諾(著作物の二次利用に当たるため必要になる)を得るための交換条件として成り立っているので、ケーブルテレビ会社が独自の判断で制御内容を選択することは事実上不可能になる。
  15. ^ 再送信を変調方式OFDMで行なう場合、自主制作チャンネルでも無線放送局の再送信と同様「パススルー方式」と呼ばれている。これは節「パススルー方式」と照らし合わすと不適切である。ただし、呼ばれ始めたのは放送が始まる直前ごろで、呼ばれた機会もまだ少ない。従って今後、呼称が変わる可能性がある。
  16. ^ アナログ放送の再送信サービスでは、コピーワンス信号は付加されていない場合が多い。狭帯域CS放送(スカパー!)でのコピー制御についてはスカパー!プレミアムサービス#コピー制御を参照。
  17. ^ 6MHz当たり約38Mbps
  18. ^ 34.5MHz当たり約52Mbps
  19. ^ 34.5MHz当たり約100Mbps
  20. ^ a b 技術的にはトランスモジュレーション方式の中の一方式ではなくそれ自体が独立した技術であるが、実際のケーブルテレビ会社での運用としてはトランスモジュレーション方式との組み合わせで行われている。
  21. ^ a b c 技術用語としてはトランスポート・ストリーム(TS)と呼ばれる。
  22. ^ 2007年以後の開局したBS2K無料放送(BS11(2007年~)、Twellv(2007年~)、放送大学(2011年~)、Dlife(2012年~2020年)、BS松竹東急(2022年~)、BSJapanext(2022年~)、BSよしもと(2022年~))はこのタイプでないと視聴できないことが多い。BSスカパー!系統の無料放送の場合もこちらが必要、一部のCATVはJ SPORTS等の全スカパーチャンネル、WOWOWの有料放送、放送大学の転送をフィルタリング(ブロック)されている帯域(BS-5,11,19,21)がある。
  23. ^ これは同業他社4社をJ:COMが株式の買収その他により傘下に収め、経営統合→のちにJ:COMに合併したことによる
  24. ^ 法人合併直後は「ジェイコム関東」だったが、宮城県の「宮城ネットワーク」との経営統合に伴い、2011年に社名を「ジェイコムイースト」に変更。2010年代後半の関東地区の地域子会社の再編でジェイコム東京に吸収合併されるなどして、会社消滅
  25. ^ tvNMnetOCNトゥーニバースなどを運営する、韓国最大のコンテンツ制作会社。E&M事業部が担当。
  26. ^ テウォンメディアの子会社で、韓国最大のテレビアニメ子供番組の放送事業者。当社のみ同様のチャンネルを3局も持ち、統廃合の予定も無い。
  27. ^ かつてあった東洋放送の流れを汲んだもので、従前からあるJTBCの系列新聞社である中央日報系列のコンテンツ制作会社は、当局に合わせるため、『JTBC Plus』に社名を変更されている。
  28. ^ 当局のみ経済番組専門チャンネルとして開局し、途中から総合編成チャンネルに形態を変更したもの



CATV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:10 UTC 版)

緊急地震速報」の記事における「CATV」の解説

CATV分野においてはオプションとして緊急地震速報システム親機子機)が比較安価に提供されているJCNレンタル契約提供する端末では「高度利用者向け」緊急地震速報受信し予想震度揺れまでの残り秒数(5〜0)を音声知らせたまた、コミュニティFM兼営しているCATV放送局では、この緊急地震速報システム自社コミュニティ放送でも同時使用しているケースがある。 なおケーブルテレビによっては、公共施設(県施設市町村庁舎など)に機材無償提供しているところもある。

※この「CATV」の解説は、「緊急地震速報」の解説の一部です。
「CATV」を含む「緊急地震速報」の記事については、「緊急地震速報」の概要を参照ください。


CATV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 22:25 UTC 版)

ビデオ・オン・デマンド」の記事における「CATV」の解説

有線テレビジョン放送事業者またはRF方式有線役務利用放送をする電気通信役務利用放送事業者が行うものであり、これらが行うCATV(有線テレビジョン放送又は電気通信役務利用放送)に附随するサービスとしてVOD提供しているインターネット電気通信事業)に附随するサービスではない。 主な事業者 KDDI - MOVIE SPLASH VODいちかわケーブルネットワーク 大分ケーブルテレコム 大田ケーブルネットワーク 小田原ケーブルテレビ 近鉄ケーブルネットワーク 熊本ケーブルネットワーク 鎌倉ケーブルコミュニケーションズ ケーブルネットワーク千葉 KCN京都 こまどりケーブル シティテレビ中野 JCNコアラ葛飾 JCN横浜 JCN船橋習志野 JCN埼玉 スターキャット・ケーブルネットワーク 知多メディアスネットワーク テレビ岸和田 八王子テレメディア ひまわりネットワーク 日野ケーブルテレビ ベイ・コミュニケーションズ マイ・テレビ ミクスネットワーク ケーブルテレビ品川 武蔵野三鷹ケーブルテレビ ジュピターエンタテインメント - J:COMオンデマンドジェイコム札幌 宮城ネットワーク ジェイコム東京 ジェイコム湘南 土浦ケーブルテレビ ジェイコムさいたま ジェイコム千葉 ジェイコム関東 江戸川ケーブルテレビ シティテレコムかながわ 横浜テレビ局 ジェイコムウエスト 吹田ケーブルテレビジョン 高槻ケーブルネットワーク 東大阪ケーブルテレビ 豊中・池田ケーブルネット ケーブルネット神戸芦屋 ジェイコム九州 ケーブルネット下関 イッツ・コミュニケーションズ - iTSCOMオンデマンド

※この「CATV」の解説は、「ビデオ・オン・デマンド」の解説の一部です。
「CATV」を含む「ビデオ・オン・デマンド」の記事については、「ビデオ・オン・デマンド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CATV」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CATV」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



CATVと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

CATVのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CATVのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリケーブルテレビの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仙台CATV (改訂履歴)、ケーブルテレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの緊急地震速報 (改訂履歴)、ビデオ・オン・デマンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS