日本の世界遺産とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の世界遺産の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


日本の世界遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/02 06:22 UTC 版)

日本の世界遺産(にっぽんのせかいいさん、にほんのせかいいさん)は、ユネスコ世界遺産に登録されている日本国内の文化・自然遺産の一覧。Category:日本の世界遺産に索引がある。




  1. ^ Tentative List (Japan)(2017年5月26日閲覧)
  2. ^ 我が国の暫定一覧表記載文化遺産(2017年5月26日閲覧)
  3. ^ 縄文遺跡群を推薦=20年の世界遺産候補―文化審 時事通信社2018年7月19日(Yahoo!ニュース)(2018年7月19日閲覧)
  4. ^ 「奄美・沖縄」を世界自然遺産に推薦へ 菅義偉官房長官表明 産経新聞2018年11月2日(Yahoo!ニュース)(2018年11月2日閲覧)
  5. ^ List of nominations received by 1 February 2018 and for examination by the World Heritage Committee at its 43rd session (2019)
  6. ^ 世界文化遺産候補「百舌鳥・古市古墳群」に係るイコモス現地調査について 大阪府
  7. ^ 文化審議会世界文化遺産部会(第4回)について」(文化庁、2017年7月31日)
  8. ^ 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産候補地科学委員会
  9. ^ a b Amami-Oshima Island, Tokunoshima Island, the northern part of Okinawa Island and Iriomote Island
  10. ^ 「奄美・琉球」の世界遺産暫定一覧表への記載について(お知らせ)環境省、2013年1月31日)(2014年4月29日閲覧)
  11. ^ 「奄美・琉球」の候補入り保留 世界遺産登録でユネスコ日本経済新聞、2013年4月6日)(2014年4月29日閲覧)
  12. ^ 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の世界遺産一覧表への記載推薦に関する今後の方針について(環境省、2018年6月1日)
  13. ^ 東京文化財研究所
  14. ^ 西日本新聞 2010年2月18日
  15. ^ 西村幸夫「暫定リストの近況」(『世界遺産年報2008』日経ナショナルジオグラフィック社、2008年、p.38)、佐滝剛弘『「世界遺産」の真実 - 過剰な期待、大いなる誤解』祥伝社祥伝社新書〉、2009年、pp.172-173
  16. ^ 世界遺産暫定一覧表候補の文化遺産
  17. ^ 山形県では2009年6月に現職を破って知事に当選した吉村美栄子が、登録推進事業の中止を打ち出した(佐滝剛弘『「世界遺産」の真実 - 過剰な期待、大いなる誤解』祥伝社祥伝社新書〉、2009年、pp.188-191)。
  18. ^ 日本ユネスコ協会連盟『世界遺産年報2004』平凡社、pp.47-49
  19. ^ 「国際的要素」以外は世界自然遺産候補地に関する検討会(環境省、2018年1月11日閲覧)による。
  20. ^ 世界遺産候補追加も 諮問機関の副委員長講演宮崎日日新聞、2018年2月9日)(2018年2月9日閲覧)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の世界遺産」の関連用語

日本の世界遺産のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の世界遺産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の世界遺産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS