アイヌ文化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アイヌ文化の意味・解説 

アイヌ文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/09 10:10 UTC 版)

アイヌ文化(アイヌぶんか)とは、アイヌ13世紀鎌倉時代後半)ころから現在までに至る歴史の中で生み出してきた文化である。現在では、大半のアイヌは同化政策の影響もあり、日本においては日常生活は表面的には和人と大きく変わらない。しかし、アイヌであることを隠す人達もいる中、アイヌとしての意識は、その血筋の人々の間では少なからず健在である。アイヌとしての生き方はアイヌプリとして尊重されている。アイヌ独特の文様(アイヌ文様)や口承文芸ユーカラ)は、北海道遺産として選定されている。前時代の擦文文化とアイヌ文化の違いについては、「蝦夷#えぞ」の項を参照。




  1. ^ 『アイヌの歴史』p16
  2. ^ 『アイヌの歴史』p15
  3. ^ 『アイヌの歴史』p190-191
  4. ^ 『アイヌの歴史』p195-199
  5. ^ 『アイヌの歴史』p47
  6. ^ 『アイヌの歴史』p57-59
  7. ^ 『アイヌの民俗』更科源蔵 みやま書房 1982年
  8. ^ 『アイヌの歴史』p46-47
  9. ^ 北千島アイヌの改宗政策について (PDF) - 立命館大学
  10. ^ 樺太における宗教活動 (PDF) - 北海道大学スラブ研究センター ポタポワH.B.
  11. ^ アイヌ民族の宗教意識と文化伝承の課題 (PDF) - 北海道大学学術成果コレクション
  12. ^ 『アイヌの歴史』p167
  13. ^ 『アイヌの歴史』p61-65
  14. ^ 『アイヌの歴史』p146
  15. ^ 九州大学デジタルアーカイブ[リンク切れ]
  16. ^ 関東在住アイヌ民族の会-レラの会 Archived 2008年8月20日, at the Wayback Machine.
  17. ^ 『アイヌの民俗』更科源蔵 みやま書房 1982年
  18. ^ 天理大学附属天理図書館
  19. ^ 北海道ウタリ協会 Archived 2014年4月26日, at the Wayback Machine.
  20. ^ 擦文時代人のくらしⅠ「鍛冶職人」 Archived 2012年12月2日, at the Wayback Machine.
  21. ^ 最上徳内『蝦夷国風俗人情之沙汰』”. アイヌ民族情報センター活動誌 (2007年10月17日). 2014年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月18日閲覧。
  22. ^ アイヌを愛した国語学者、じゃなかったの?~『金田一京助と日本語の近代』
  23. ^ ウレシパ・プロジェクト を実施”. 札幌大学文化学部. 2011年2月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月29日閲覧。
  24. ^ 平成25年度新事業活動促進支援補助金「アイヌ中小企業振興対策事業」の公募について”. 経済産業省中小企業庁. 2013年3月29日閲覧。
  25. ^ アイヌ農林漁業対策事業”. 農林水産省. 2013年8月18日閲覧。
  26. ^ アイヌ農林漁業対策事業”. 北海道. 2013年8月18日閲覧。
  27. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年5月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月18日閲覧。
  28. ^ アイヌの今:民族共生に向けて
  29. ^ 伝統的生活空間(イオル)の再生について


「アイヌ文化」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アイヌ文化」の関連用語

アイヌ文化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイヌ文化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイヌ文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS