沙流川とは?

沙流川

大自然の懐に抱かれて、アイヌ文化優駿の里を潤すたくましい川
沙流川は、日高山脈北海道日高町日勝峠近くに源を発し、ほぼ南西方向に流下している。途中芽室岳(1,754m)、ルベシベ山(1,740m)、チロロ岳(1,880m)等に源を発するウエンザル川、ペンケヌシ川、パンケヌシ川等と合流日高町市街地至り、さらに戸別岳(1,960m)、幌尻岳(2,052m)に源を発する額平川等の支川合流し、平取町本町市街地経て門別町富川にて太平洋に注いでいる、流域面積1,350km2幹川流路延長104kmの河川です。

沙流川河口より上流方向
沙流川河口より上流方向

河川概要
水系沙流川水系
河川沙流川
幹川流路延長 104km
流域面積1,350km2
流域内人13,000
流域関係都県北海道

沙流川流域図
○拡大図
1.沙流川の歴史
"流域にはアイヌ語地名数多くあり、また数々遺跡などから、近世アイヌ文化期に至るまでの営みを知ることができます地域に住むアイヌ人々の間には、チプサンケ等、今もその文化が受け継がれています。一方和人入植江戸末期で、流域農業漁業軽種馬生産通じ発展してきました。"


明治時代の地名
沙流川は原名アイヌ語で「シシリムカ」と言い、「満潮毎に集まる砂が多くて、その河口がふさがって高台になっている」という意味ですが、その流域アイヌ民族の「サル・ウン・クル」(葦原住む・人々)一族中心地であり、その後郡制時代には「沙流郡」といったことなどから「サル」がそのまま河川の名称として使われるようになったと言われています。
沙流川の流域には、先史時代から人々の生活の足跡が残されており、アイヌ文化時代にあっては道内有数コタン集落)が形成されていました。流域にはその土地特徴歴史を知る重要な手がかりとなるアイヌ語地名数多くあり、また、数々遺跡発掘されていて、旧石器時代から近世アイヌ文化期に至るまで、絶え間なく人間営みのあったことをうかがい知ることができます。特に平取町においては発掘された多く遺跡から中近世アイヌ文化期に二風谷地区周辺道内有数規模集落形成していたことが知られています。地域住む人々の間には、チプサンケ(舟おろしの儀式)等、今もその文化が受け継がれており、平取町においてはそのアイヌ文化後世伝えるため、様々な学習教育活動が行われている他、アイヌ文化保存会による文化伝承活動などが積極的に実践されています。
一方流域和人による開墾江戸時代末期から始まりました。明治末期には原木輸送のため、鉄道開通するなど、交通要衝として、商工業とともに現在の市街地発達してきました。流域での水産業歴史古く江戸時代末期にはコンブ投石実施によるコンブ養殖記録が残っています。軽種馬生産明治末期に端を発し、その後戦中戦後混乱期を除き、徐々に規模拡大してきました。流域農業の主要作物である水稲は、明治前半から栽培始められ、大正から昭和にかけては門別町平取町において稲作作付け志向強くなり沙流川水系水源とする水田増加しましたが、昭和30年代以降堤防整備が進むまでは、外水の氾濫による大きな洪水災害をたびたび受けていました。
下流域の市街地と田園地帯
下流域の市街地田園地帯
沙流川の河川改修北海道第1期拓殖計画時代大正期小規模護岸始まり戦後になって計画的工事手掛けられるようになり、堤防などの整備が進められるとともに昭和57年から洪水調節などを目的としたダム建設が進められ、平成9年には二風谷ダム完成しました。

2.地域の中の沙流川
"沙流川流域軽種馬生産育成基幹産業一つであることから、高水敷採草放牧地として広く利用されています。また、門別町平取町都市区域においては広場・公園緑地などが整備され、スポーツ散策多目的利用されています。また河川空間利用た行事としてししゃもまつりやチプサンケなどがあります。"


トマトのハウス栽培
トマトハウス栽培
沙流川流域では、シシャモ漁が古くら行われ、そのすだれ干しは季節の風物詩となり地域を代表する特産品となっています。一方流域3町の農業作物水稲大半占めていましたが、近年では水稲にかわりトマトきゅうり軟白長ネギなどの割合増加しています。特に平取町においては、米の生産調整の始まる昭和40年代後半よりトマトハウス栽培始め近年は、休止している水田でその面積拡大しています。現在では水稲大きく上回る生産額となり、収穫量が北海道で最も多い地域となっています。

河川敷での採草放牧
河川敷での採草放牧
軽種馬生産名馬シンボリルドルフ輩出するなど、全国の約2割を生産しており、河川空間利用でも、河川敷採草放牧地として広く利用されています。
門別町平取町都市区域においてはうるおいやすらぎを得られる貴重なオープンスペースとして、河川敷広場・公園緑地などが整備され、スポーツ散策魚釣り多目的利用されています。

河川敷の公園緑地
河川敷公園緑地
また、河川空間利用したイベントとしては、富川地区ししゃもまつりや門別夏まつり二風谷地区の「にぶたに湖水祭り」(二風谷ダム湖)やチプサンケ(沙流川、アイヌ文化の舟おろしの儀式)、平取町最大祭りである沙流川祭り等が実施されています。また平取町ではアイヌ文化紹介するアイヌ文化博物館地域歴史や自然・二風谷ダム等を紹介する沙流川歴史館には、町外から多数観光客訪れており、地元ではこれら地域独特の観光資源を生かし、さらに体験学習志向しながら観光関連産業発達活性化目指しています。


にぶたに湖水まつりチプサンケ(舟おろしの儀式)河川の利用状況
にぶたに湖水まつりチプサンケ
(舟おろしの儀式)
河川利用状況


3.沙流川の自然環境
"上流日高山脈襟裳国定公園に属し、日勝峠付近のエゾマツ・ダケカンバ群落は「沙流川源流原始林」として国の天然記念物指定されています。哺乳類ではエゾシカヒグマクロテンなどが生息し、鳥類猛禽類生息または飛来し、水辺ガンカモ類の渡り中継地となっています。魚類はサケ・マス、シシャモ等が遡上しています。"


日高の山々
日高山々
流川はその源を日高山脈に発し、流域形状はほぼ南西から北東にのび、幹川流路延長104kmに対して流域平均幅は約13kmと細長い形状になっています。上流部の山腹斜面急峻で峰々を連ね竜門峡のような渓谷清流から成る景観連続しています。中~下流部では山腹斜面はやや緩くなり、河岸段丘発達顕著で、河川沿って農地国道連続して、河床堆積土砂多くなり瀬や淵がみられるようになります

平取町のすずらん
平取町すずらん
流域植生は、流域面積の約9割を占め森林植生に代表され、その分布は、温帯低山帯亜寒帯及び高山帯区分されます。上流日高山脈襟裳国定公園に属し、特に日勝峠付近のエゾマツ・ダケカンバ群落は「沙流川源流原始林」として国の天然記念物指定されています。支川額平川の沿川、平取町芽生付近に広がる野生スズラン群生地(約15ha)は日本一広さであり、毎年6月上旬に開かれる1週間鑑賞会とその前後には1万人前後の観光客訪れます。

域内動物は、哺乳類キタキツネタヌキ大型エゾシカヒグマ、貴重種ではクロテンなどが確認されています。鳥類ハヤブサクマタカオオタカオジロワシなどの猛禽類生息または飛来し、水辺オオハクチョウヒシクイなどのガンカモ類の渡り中継地となるほかアオサギ生息しています。魚類サケサクラマス等が遡上するほか、北海道太平洋沿岸にのみ分布する日本固有の魚種であるシシャモが、秋から冬の産卵期に遡上します。

日高町 三岡峡
日高町 三岡
上流部は、竜門峡・千呂露峡・轟ガロウ等のような渓谷地形両岸を覆う森林美、幌尻岳・千呂露岳や貫気別山等の山岳景観構成されています。中下流部は遠く山々背景牧歌的田園風景広がりサラブレッド走り回る採草放牧地公園緑地などが広がっています。
尚、沙流川上中流部には神居古潭帯と呼ばれる地層分布しており、日高累層群、輝岩質岩、蛇紋岩構成されますが、全般に脆弱地すべり土砂崩落起こしやすい地層となっています。
4.沙流川の主な災害


発生発生原因被災市町村被害状況
昭和37年8月台風門別町平取町日高町死者2名、負傷者2名
家屋全壊1戸、家屋半壊1戸、家屋流失4戸
床上浸水76戸、床下浸水42
平成4年8月台風門別町平取町日高町家屋半壊3戸
家屋浸水133
田畑被害1,542ha
平成15年8月台風門別町平取町日高町家屋浸水42
田畑被害318ha


(注:この情報2008年2月現在のものです)

沙流川

読み方:サルガワ(sarugawa)

所在 北海道

水系 沙流川水系

等級 1級


沙流川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 08:52 UTC 版)

沙流川(さるがわ)は、北海道日高振興局管内を流れ太平洋に注ぐ一級河川。沙流川水系の本流である。2004年には国土交通省が行っている全国一級河川の水質調査で1位に選ばれている。




  1. ^ 水管理・国土保全局 (2016年). “沙流川の歴史” (jp). 北海道地方の河川情報. 国土交通省. 2017年2月9日閲覧。
  2. ^ 京助, 金田一 『アイヌ聖典』 世界文庫刊行會、1923年1月15日、298頁。「沙流川の古名なりといひ、アイヌ間にはこの川の名 Sar pet なれど、神々の方で呼ぶ名はShishirimuka なりといふ。」 ※引用部はカムィユカラを記録した金田一京助が「シシリムカ」というアイヌ語につけた注釈。
  3. ^ 日高電源一貫開発 新エネルギー財団
  4. ^ 日勝峠、来秋にも開通へ 復旧工法に見通しWEBみんぽう(2016年11月30日)2016年12月4日閲覧


「沙流川」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「沙流川」の関連用語

沙流川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

信濃川

大和川

霞ヶ浦

筑後川

尻別川

常願寺川

白川

大淀川





沙流川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2018 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの沙流川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS