エゾシカとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 哺乳類 > 日本の哺乳類 > エゾシカの意味・解説 

エゾシカ

エゾシカ
エゾシカ
エゾシカ
エゾシカ
名称
エゾシカ
飼育園館
上野動物園
生息地
日本北海道
体の大きさ
肩高約1m、体長約1.5m、体重約100kg
えさ
草食性です。動物園で青草(牧乾草)、草食獣ペレットなどをあたえています。
特徴
ニホンジカ亜種で、北海道だけに生息しています。ニホンジカに似ていますが、やや大型です。角は毎年春に自然に落ちそのあと4月から5月にかけて新し袋角ふくろづの)が生えてきます。皮ふにおおわれていた袋角は夏になると内部かたくなりはじめ、10月ごろにシカらしい、かたい白い角になりますオスお互いに角をつきあい自分なわばりを守って、多くメス集めようとします。
鳴き声
エゾシカ 鳴き声
↑クリックすると、鳴き声を聴くことができます
 
“エゾシカ”に関連するニュース・催し物はこちら(1件)

蝦夷鹿

読み方:エゾシカ(ezoshika)

エゾアカシカ別称
哺乳類

学名 Cervus matsumotoi


蝦夷鹿

読み方:エゾシカ(ezoshika)

シカ科シカ

学名 Cervus nippon yesoensis


エゾシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/17 07:57 UTC 版)

エゾシカ(蝦夷鹿、学名:Cervus nippon yesoensis)は、北海道に生息するシカの一種。シカ科シカ属に分類されるニホンジカ亜種である。


出典

  1. ^ 欧米では都市環境に定着・適応したシカはアーバンディア(urban deer)と呼ばれ[12]、北海道でも問題視されている[13]
  2. ^ 餌が極限まで不足した状態では、不嗜好植物や落ち葉を食べて飢えをしのぐことが観察されている[15]
  3. ^ たたし、北海道南部のデータは推計に含まれていない。また、推定精度は年度によって異なるため、単純に過去の推定数と比較して何頭増えたかを論じることはできない[30]
  4. ^ もしもオオカミがエゾシカの数を抑制していたとした場合、オオカミ絶滅直後にシカは爆発的に増加したはずであるが、実際にシカが増加したのはオオカミが絶滅した100年後のことである[33]
  5. ^ こうした個体数の爆発的増加はイラプション(irruption)と呼ばれる[34]
  6. ^ 道内で一般的に設置されている「鹿飛び出し注意」の標識に描かれているシカの絵は、エゾシカではなく北アメリカに生息するオジロジカの姿である(角が前方に向いている)[46]
  7. ^ シャープシューティング(sharpshooting)は、シカの警戒心を上げずに効率的に駆除ができる手法として、アメリカの各地で実施されている [74]
  8. ^ 2011年に白糠町で行われた駆除は、自衛隊がヘリコプターでエゾシカをハンターの方へ追い込むというもので「白糠の夜明け作戦」と名付けられた[76]。2012年の事業では3日間で計92頭を駆除する成果を上げた[77]
  9. ^ 夜間にあらかじめ決まったルートを自動車でゆっくりと走行しながらスポットライトでシカを探す方法で、個体数推定などによく利用される [94]
  10. ^ ハンター1人1日当たりの捕獲数はCPUE(catch per unit effort)、1人1日当たりの目撃数はSPUE(sighting per unit effort)と呼ばれる[86]
  1. ^ Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder. Mammal Species of the World, 3rd edition. Cervus nippon yesoensis
  2. ^ a b c d 『フィールドベスト図鑑 日本の哺乳類』pp.8-9
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「エゾシカ保護管理計画(第4期)」北海道環境生活部
  4. ^ a b c d e f g h i j 梶光一「シカの爆発的増加—北海道の事例」、『哺乳類科学』第35巻第1号、1995年、 35-43頁。
  5. ^ 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』p.63
  6. ^ 『フィールドベスト図鑑 日本の哺乳類』pp.188-189
  7. ^ a b c 『Faura No.25』
  8. ^ a b 『野生動物調査痕跡学図鑑』pp.387-390
  9. ^ a b c 『日本産哺乳類頭骨図説』pp.266-267
  10. ^ 北海道新聞「エゾシカ越冬地 988ヵ所」2011年6月25日
  11. ^ アーバンディア対応マニュアル 北海道
  12. ^ M. R. Conover (1995年). “What is the urban deer problem and where did it come from?”. Urban Deer: A Manageable Resource? Proc. of the 1993 Symposium of the North Central Section, The Wildlife Society: 11-18. 
  13. ^ 『モーリー No.25』特集 エゾシカ 今、問われる共存の知恵「アーバン・ディア 札幌近郊のエゾシカの生息実態について」pp.9-13
  14. ^ a b 『日本の哺乳類 改訂版』pp.110-111
  15. ^ a b c 『エゾシカの保全と管理』pp.16-17
  16. ^ a b c 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』pp.56-57
  17. ^ a b c 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』pp.54-55
  18. ^ a b 『The Wild Mammals of Japan』pp.296-298
  19. ^ 『ヒグマ学入門 自然史・文化・現代社会』
  20. ^ 『Sika Deer Biology and Management of Native and Introduced Populations』p.38
  21. ^ 『エゾシカの保全と管理』p.11
  22. ^ a b c d e f g h i 『北加伊エゾシカ物語-北海道の環境破壊史』
  23. ^ a b 『シカ・クマフォーラム北海道1990報告書』
  24. ^ a b c 『エゾシカの保全と管理』pp.5-6
  25. ^ a b c d e 『エゾシカの保全と管理』pp.6-7
  26. ^ a b 井田宏之「エゾシカ有効活用の経緯と今後の対策」、『ヒトと動物の関係学会誌』第28巻、2011年、 16頁。
  27. ^ a b c d 梶光一・松田裕之・宇野裕之・平川浩文・玉田克巳・斎藤隆「日本各地域におけるシカ管理の現状 エゾシカ個体群の管理方法とその課題」、『哺乳類科学』第38巻第2号、1998年、 301-313頁。
  28. ^ a b 『エゾシカの保全と管理』pp.7-9
  29. ^ a b 北海道新聞 「エゾシカ生息65万頭 10年度、過去最多を更新」 2011年7月17日
  30. ^ a b 北海道新聞 「エゾシカ生息数最多の64万頭」 2010年7月21日
  31. ^ a b 『モーリー No.25』北海道新聞野生生物基金フォーラム2011 シンポジウム エゾシカを考える「エゾシカ被害の現状と生育実態」pp.39-40
  32. ^ 宇野裕之・横山真弓・高橋学察「北海道阿寒国立公園におけるエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の冬期死亡」、『哺乳類科学』第38巻第2号、2002年、 233-246頁。
  33. ^ 揚妻直樹「シカの異常増加を考える」、『生物科学』第65巻第2号、2013年、 108-116頁。
  34. ^ a b c K. Kaji, H. Okada, M. Yamanaka, H. Matsuda and T. Yabe (2004年). “Irruption of a colonizing sika deer population”. Journal of Wildlife Management 68 (4): p.p.889-899. 
  35. ^ a b 梶光一「洞爺湖中島のエゾシカの個体群動態と管理」、『哺乳類科学』第26巻第2号、1986年、 25-28頁。
  36. ^ a b 『モーリー No.25』特集 エゾシカ 今、問われる共存の知恵「知床のエゾシカ 世界遺産の地に及ぶシカの採食による負荷」pp.18-21
  37. ^ 北海道新聞 「エゾシカ対策 駆除の組織づくりを」 2011年5月2日
  38. ^ a b c d e f 赤坂猛「北海道におけるエゾシカ被害の現状と対策」、『酪農ジャーナル』第64巻第4号、2011年、 13-16頁。
  39. ^ 石黒正史 (1999年8月1日). 『鳥獣害対策の現場から(10)北海道のエゾシカ対策(北海道)』ISSN: 0037-4091. 植物防疫 / 植物防疫編集委員会 編. 
  40. ^ 『エゾシカの保全と管理』p.97
  41. ^ エゾシカによる農業、林業被害金額の推移 北海道
  42. ^ a b 『第2期羅臼町鳥獣被害防止計画』羅臼町
  43. ^ 『モーリー No.25』特集 エゾシカ 今、問われる共存の知恵「都市と地元をつなぐ エゾシカ角拾いボランティア」pp.30-31
  44. ^ 平成24年エゾシカが関係する交通事故発生状況 北海道
  45. ^ 平成24年度エゾシカが関係するJR列車支障発生状況 北海道
  46. ^ a b c 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』pp.120-121
  47. ^ 野呂美紗子・原文宏・萩原亨「エゾシカの交通・列車事故にみる共通性〜データの特徴に着目して〜」、『第7回「野生生物と交通」研究発表会』2008年、 87-90頁。
  48. ^ 林野庁 北海道森林管理局「森林におけるエゾシカの被害と対策 (PDF) 」、2011年11月30日閲覧。
  49. ^ 寺井裕美・柴田昌三「ミヤコザサの維持と樹木実生の更新にエゾシカの採食が与える影響」、『森林研究』第74巻、2002年、 77-86頁。
  50. ^ 矢部恒晶「野生動物の生息地管理に関する基礎的研究:知床半島におけるエゾシカの生息地利用形態と植生変化」、『北海道大学農学部 演習林研究報告』第52巻第5号、1995年、 115-180頁。
  51. ^ 北海道新聞 「植生破壊 荒れる山肌 土壌流出」 2011年2月27日
  52. ^ 北海道新聞 「霧多布湿原のエゾカンゾウ エゾシカ食害確認」 2010年9月1日
  53. ^ 北海道新聞 「シカ食害ハマナスまで 春国岱の花ほぼ全滅」 2011年7月20日
  54. ^ 宮木雅美「エゾシカの増加と被害実態、森林植生への影響」、『ヒトと動物の関係学会誌』第28巻、2011年、 15頁。
  55. ^ a b 『世界遺産をシカが喰う シカと森の生態学』
  56. ^ a b 常田邦彦・鳥居敏男・宮木雅美・岡田秀明・小平真佐夫・石川幸男・佐藤謙・梶光一「知床を対象とした生態系管理としてのシカ管理の試み」、『保全生態学研究』第9巻第2号、2004年、 193-202頁。
  57. ^ 釧路自然環境事務所・地域環境計画「平成22年度 知床半島における昆虫類モニタリング業務報告書」2011年
  58. ^ 『エゾシカの保全と管理』pp.166-167
  59. ^ a b 『エゾシカの保全と管理』pp.179-181
  60. ^ a b c 尾針由真、押田龍夫:【原著論文】北海道十勝地方のエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)における 日本産カンテツ(Fasciola sp.)の寄生状況調査 日本野生動物医学会誌 Vol.18 (2013) No.4 p.115-120
  61. ^ 『エゾシカの保全と管理』pp.184-185
  62. ^ エゾシカの疾病等と食肉利用 北海道] (PDF)
  63. ^ 北海道新聞 「口蹄疫 エゾシカの感染に恐々」 2010年5月30日
  64. ^ 北海道環境生活部自然環境課 「野生ジカの口蹄疫に関する窓口を設置しました」
  65. ^ Hubbard, R. D. and C. K. Nielsen. (2009年). “White-tailed deer attacking humans during the fawning season: a unique human-wildlife conflict on a university campus.”. Human-Wildlife Conflicts 3: 129-135. 
  66. ^ エゾシカ捕獲数の推移 北海道環境生活部
  67. ^ エゾシカ猟の可猟期間・可猟区域等 北海道環境生活部
  68. ^ 松浦友紀子・伊吾田宏正「ニッポンのハンターを絶滅から救え!」、『哺乳類科学』第51巻第1号、2011年、 152-153頁。
  69. ^ 北海道新聞 「狩猟者育成 技術・知識の習得急務」2011年2月28日
  70. ^ 北海道新聞「狩猟免許取得最多1200人 わな猟の急増背景に」2011年3月3日
  71. ^ 『モーリー No.25』特集 エゾシカ 今、問われる共存の知恵「ハンティングで地域おこし 西興部村猟区におけるエゾシカ地域管理の取り組み」pp.22-25
  72. ^ 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』p.86-87
  73. ^ a b 濱崎伸一郎・小泉透・山内貴義「生物多様性保全に向けたニホンジカの個体数管理」、『哺乳類科学』第51巻第1号、2011年、 181-185頁。
  74. ^ A. J. DeNicola, S. J. Weber, C. A. Bridges, and J. L. Stokes. (1997年). “Nontraditional techniques for management of overabundant deer populations”. Wildlife Society Bulletin. 25 (2): 496-499. 
  75. ^ 北海道新聞 「陸自エゾシカ駆除支援 道と協定へ 偵察、ヘリ活用」 2011年1月13日
  76. ^ 北海道新聞 「自衛隊協力のエゾシカ駆除 3日間でわずか28頭」 2011年2月11日
  77. ^ 北海道新聞 「白糠 シカ駆除数3倍超」 2012年2月14日
  78. ^ 北海道新聞 「知床エゾシカ駆除 銃の夜間使用検討」 2011年7月15日
  79. ^ 『シカの生態誌』p.393
  80. ^ 「ワシ類の鉛中毒対策について」 北海道環境生活部
  81. ^ 北海道新聞 「本州ハンター目立つ違反」 2011年1月29日
  82. ^ 北海道新聞 「同僚がハンター目撃 厚真男性死亡 直前に銃声」 2011年2月5日
  83. ^ 『エゾシカの保全と管理』p.192
  84. ^ a b 『モーリー No.25』特集 エゾシカ 今、問われる共存の知恵「洞爺湖中島のシカ騒動30年史」pp.26-29
  85. ^ 『シカと日本の森林』pp.38-39
  86. ^ a b c d e 宇野裕之・梶光一・車田利夫・玉田克巳「エゾシカ個体群の個体数管理とモニタリング」、『哺乳類科学』第47巻第1号、2007年、 133-138頁。
  87. ^ 北海道新聞 「高山植物保護 道など夕張岳に設置 電気柵 シカするり」 2010年10月16日
  88. ^ 原文宏「エゾシカのロードキル対策に関する計画及び設計方法」、『国際交通安全学会誌』第28巻第3号、2003年、 247-254頁。
  89. ^ 山口信一・矢島崇・渋谷正人・高橋邦秀「散布種子および埋土種子からみたエゾシカ高密度生息地における植生回復の可能性」、『森林立地』第39巻第2号、森林立地学会、1997年12月25日、 94-100頁。
  90. ^ 常田邦彦「シカ個体群の制限要因としてのオオカミ」、『哺乳類科学』第35巻第1号、1995年、 45-48頁。
  91. ^ 『オオカミを放つ 森・動物・人のよい関係を求めて』
  92. ^ 石城謙吉・中川元「肉食獣再導入問題をめぐって」、『知床博物館研究報告』第26巻、2005年、 29-36頁。
  93. ^ 米田政明「知床に再導入したオオカミを管理できるか」、『知床博物館研究報告』第27巻、2006年、 1-8頁。
  94. ^ 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』pp.19-20
  95. ^ 北海道新聞 「洞爺湖中島 エゾシカ7割駆除へ」 2012年2月11日
  96. ^ 野生動物と生きるということ-エゾシカの過去・現在・未来(旭川市ホームページ)
  97. ^ a b 「道東地域エゾシカ保護管理計画」北海道環境生活部
  98. ^ a b c 「エゾシカ保護管理計画(第3期)」北海道環境生活部
  99. ^ 北海道新聞 「エゾシカ課新設 道、駆除業務急増に対処」 2011年1月14日
  100. ^ 北海道新聞 「道 エゾシカ対策26億円」 2011年6月17日
  101. ^ a b c 増子孝義「エゾシカによる被害の防止と今後の対策―資源活用の可能性―」、『ヒトと動物の関係学会誌』第28巻、2011年、 17頁。
  102. ^ 岡本匡代・坂田澄雄・木下幹朗・大西正男「野生エゾシカ肉の栄養特性について」、『日本栄養・食糧学会誌』第57巻第3号、2004年、 147-152頁。
  103. ^ (例)http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/morinosati.htm 北海道根室振興局 北海道ならではの「森の幸」エゾシカ肉を食べよう!
  104. ^ a b 『エゾシカの保全と管理』pp.214-215
  105. ^ 「シカの日」運動推進事務局 シカの日 公式ホームページ
  106. ^ a b c 「エゾシカ衛生処理マニュアル」北海道環境生活部
  107. ^ エゾシカの疾病等と食肉利用 北海道
  108. ^ 「エゾシカ肉認証制度」で安全安心な食材をご提供 エゾシカ協会
  109. ^ これは牧場の牧草地で飼養されている牛も同じである
  110. ^ 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』pp.104-106
  111. ^ 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』pp.107-108
  112. ^ 『エゾシカは森の幸 人・森・シカの共生』pp.39-41
  113. ^ 『シンポジウム アイヌ-その起源と文化形成』





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エゾシカ」の関連用語

エゾシカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エゾシカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2018 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエゾシカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS