尾とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > の意味・解説 

[1] 【尾】

動物の尻(しり)から細長く伸び出た体の部分。しっぽ。 「が-を振る」 「クジャクの-」
に似て)物の本からうしろに、細長く伸びているもの。 「凧(たこ)の-」 「ほうき星の-」
物事終わり部分。末の方。 「其言葉の-に縋(すが)つて/平凡 四迷
山の裾野細くのびた部分。 「山の-をめぐる谷の入口夜明け前 藤村

【尾】

[1] ( 名 )
接尾
助数詞・えびなどを数えるのに用いる。匹(ひき)。 「たい)一-」

【び】[漢字]

【尾】 [音]
動物のしっぽ。お。 「尾骨交尾・尾骶(びてい)骨・竜頭蛇尾
うしろ。あと。 「尾撃尾行
尾張おわり)国」の略。 「尾州濃尾
【 弥 】 [音] ビ ・ミ
ひろがる。ゆきわたる。 「弥漫
梵語外来語音訳字。 「《ミ》弥撤(ミサ)・弥勒みろく)・阿弥陀あみだ)」
【眉】 [音] ビ ・ミ
まゆ。まゆげ。 「眉宇眉睫びしよう)・眉目眉間みけん)・蛾眉がび)・秀眉愁眉焦眉拝眉白眉柳眉
【美】 [音]
うまい。 「美酒美食美味甘美
立派である。すばらしい。 「美挙美質美俗美談美田美徳美風
ほめる。 「賛美賞美嘆美褒美
【備】 [音]
前もって用意する。そなえる。 「備考備荒備忘軍備守備準備戦備武備防備予備
そなえつける。いつでも使えるように置いておく。 「備品常備設備装備
必要なものがそろっている。 「完備具備兼備
吉備きび)国」の略。 「備前備中びつちゆう)・備後びんご)・芸備・伯備
【 媚 】 [音]
こびる。へつらう。色っぽくする。 「媚態媚薬
うつくしい。 「明媚
【微】 [音] ビ ・ミ
非常に小さい。細かい。 「微細微小微塵みじん)・極微細微微生物微粒子顕微鏡
ごくわずか。かすか。 「微雨微温微醺びくん)・微光微罪微弱微笑微動微熱微微微風微量軽微
ほのか。はっきりしない。 「微妙・隠微機微
地位身分が低い。 「微臣微賤びせん)」
人目つかない。ひそか。 「微行
衰える。 「微運衰微
【鼻】 [音]
はな。 「鼻音鼻孔鼻腔びこう)・鼻梁びりよう)・酸鼻耳鼻科隆鼻術
はじめ。 「鼻祖
【 靡 】 [音]
なびく。 「靡然風靡
しおれる。ほろびる。 「萎靡いび)」
はなやか。華美。おごり。 「淫靡いんび)」


作者松田解子

収載図書戦後出発女性文学 第3巻 昭和23年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5

収載図書リンドーいろの焔の歌
出版社澤田出版
刊行年月2008.3
シリーズ名松田解子自選


読み方:つける

  1. 尾行すること。②しゃべる。口上をつけること。③飯をくうこと。

読み方:つける

  1. 掏摸目的ヲ以テ路上通行人尾行スルノ意。〔第三類 犯罪行為
  2. 刑事巡査ガ、挙動不審者ニ尾行シ其行動着目スルヲ云ヒ、掏摸犯人ガ、犯罪着手時機ヲ窺ヒ目的人物追随スルノ意味ニ通ズ。〔第四類 言語動作
  3. 尾行することを云ふ。

分類 掏摸警察

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/16 07:53 UTC 版)

本項では 1. について記載する。


  1. ^ 『「退化」の進化学』 101 - 102頁
  2. ^ 『かたちの進化の設計図』 53頁
  3. ^ a b 『「退化」の進化学』 103頁
  4. ^ 『骨と骨組みのはなし』 124 - 125頁
  5. ^ 『哺乳類の進化』 181 - 183頁
  6. ^ 『骨と骨組みなはなし』 126頁
  7. ^ 國松 豊 ヒト科の出現 地學雜誌、Vol. 111 (2002) No. 6
  8. ^ CiNii論文【Human tail の 1 例 : 本邦報告 49 例の検討】抄録より NAID 110002113149
  9. ^ Humans Evolved from Ape-like Ancestors”. 2009年1月18日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 『フライドチキンの恐竜学』 194頁
  11. ^ 『ありえない!? 生物進化論』 110 - 112頁
  12. ^ 『爬虫類の進化』 30頁
  13. ^ 『両生類・爬虫類のふしぎ』 86頁


「尾」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/01 19:00 UTC 版)

発音

名詞

  1. (お)動物の尻から細長く伸び出たもの。しっぽ。
  2. (お)物体後ろから細長く伸び出たもの。
  3. (お)の裾の細く伸びた所。
  4. (び)二十八宿一つ尾宿

接尾辞

  1. (び)海老数えるときの助数詞

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



尾と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尾」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

尾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



尾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS