江の川とは?

江の川

陰陽をむすぶ中国太郎(ちゅうごくたろう)」
江の川は、広島県山県郡芸北町阿佐山にその源を発し、幾つもの小支川合わせながら盆地の上北東流れ途中三次市において同規模の馬洗川西城川三方向より合わせて西流し、河口までは先行峡谷通り島根県江津市において日本海に注ぐ流域面積3,900km2幹川流路延長194kmの中国地方最大の川です。

三次市で巴状に合流する江の川、馬洗川、西城川
三次市で巴状に合流する江の川、馬洗川西城川

河川概要
水系江の川水系
河川江の川
幹川流路延長194km
流域面積3,900km2
流域内人202,000
流域関係都県島根県広島県

江の川流域図
○拡大図
1.江の川の歴史
"江の川は、中国山地山間狭隘部を貫流し、近年まで瀬戸内側日本海を繋ぐ交易要路として利用されてきました。また鵜飼いを代表とするアユ漁の文化優れていました。治水工事早くら行われ、水害防止用の植林(竹藪)も800年程前から実施されていました。"


高瀬舟運航の様子(三次市)
高瀬舟運航様子三次市
江の川は中国地方中央部(山陽側)に水源を発し、中国山地山間狭隘部を貫流し、日本海(山陰側)に注ぐ川です。山陽山陰を結ぶという点で古くから交易要路とされ、「高瀬舟(帆船)」による舟運発達していました。しかし藩政時代は藩外交易が禁止(津留(つどめ))されていたので、あくまでも局地的なものでした。
明治維新後、津留(つどめ)の解除とともに水運は急激に発達し、内陸交通幹線となりました。輸送された物資全国生産量の約95%を占めていたや米が中心となっていました。しかし、この舟運1930年代には堰建設鉄道道路交通発達により終わりを告げることとなります。
江の川水系では古くから食糧として漁が行われており、明治時代後半には西日本最大とまで言われる江の川固有の優れた漁業文化を生みだしてきました。
江の川の鵜飼(三次市)
江の川の鵜飼三次市
流域におけるアユ漁として注目されるものに『鵜飼漁』があります一説によれば戦国時代末期(1560年頃)から始まったとされており、明治時代には鵜飼漁に対す保護が解かれ、川漁師が増加しました。しかし、第二次世界大戦漁業法等の制定により鵜飼漁は禁止になりました。
現在、観光事業として夏季の3ヶ月のみ鵜飼公開されています(昭和34年12月三次市無形文化財指定)。
洪水対策歴史としては、1200年程前より弘法大師竹林を植えることを教えたと伝えられており、竹林出水時の水の勢い緩和し、堤防侵食崩壊を防ぐのに役立つことが経験的に知られ広まったものと考えられています。江の川下流河岸には、堤防沿って20~30mの竹林(川本町桜江町)が部分的に残っているのを現在でも確認することが出来ます
馬洗西城・江の川の三川に囲まれた三次町は、寛永9年(1632年)、三次藩守となった浅野長治により堤防工事初め取り組まれたと考えられており、当時石積みにて500m程度堤防設置されました。文久元年(1861年)の『三次御家中絵図』の中には
昭和47年豪雨災害直後の栗屋橋
昭和47年豪雨災害直後栗屋
町を取り囲む堤防加え、川側は丁寧に石垣保護されており、さらに流れ緩和して堤防保護するために、川に向かって三角状に突き出した石(はね)や水害防除用の植林(竹藪)が描かれています。今でも当時石垣モニュメントとして現地紹介されています。
現在の堤防事業などは、過去最大中流域盆地大半湖水化するほどの洪水を引き起こし昭和47年(1972年)7月豪雨を基に水量設定し、工事実施しています。
2.地域の中の江の川
"祭や観光遊覧船カヌーなど水面部分を含んだ河川空間利用積極的に行われています。
環境整備事業実施時には該当個所利活用する地域住民との協働作業により整備計画策定しています。
また、市街地洪水被害から守るため、防災ステーション等の水防施設整備しています。"

江の川の河川空間活用したイベント親水施設等はたくさんありますが、高水敷利用したレクリエーションスペースだけではなく豊かな水量利用したカヌー鮎釣り水面を活かした自然的利用中心に行われています。
桜並木が美しい桜堤(三次市)
桜並木美し桜堤三次市
カヌーによる水面利用
カヌーによる水面利用
主なイベントは江の川河口より、御輿(みこし)を舟に乗せて運ぶ『祇園祭』、おろちボートレース花火大会が行われる『江の川祭り』、御輿(みこし)を乗せた舟を中心に水神祠まで漕ぎ競うえんこう(かっぱ)祭』、手作り筏で約7kmを下る『川本夏祭り』、高水敷から15,000発の花火打ち上げる三次市花火大会』、土師ダム記念公園出発し、ダム湖湖畔を走る『土師ダムマラソン』等が開催されています。また、一定期間遊覧船により観光できる勇壮な漁として、舟に付け灯りと音によりアユを網に追い込む火振り漁』や、数匹のを操ってアユを捕る『鵜飼漁』があります
レクリエーション施設としてキャンプカヌー楽しめる拠点も2箇所(邑智町作木町)整備されており、作木カヌー公園水辺プラザとして平成10年(1998年)から都市との交流の場となる「交流の里」として、地域活性化目指し整備が行われました。

子供ワークショップ状況
子供ワークショップ状況
地域外との交流人口増やす目的だけではなく地域住民散策水遊びレクリエーション活動が可能となる憩いの場として親しまれるとともに小中学生自然環境体感できるスペースとして水辺整備された箇所いくつかあります。江の川上流地区では、安全に水辺に近づける場所が限られていたことから、実際に利用する沿川小学生主体となって実施したワークショップによる意見ベース住民方等意見アンケートによりとりまとめ計画作成後に整備行いました。
江の川では、河川空間利用為に環境整備を行うだけではなく市街地洪水被害から守ること目的とした防災ステーション整備実施しています。整備箇所である三次市街地はほぼ全域山地に囲まれ、同規模の江の川、馬洗川西城川合流する地形となっていたため、過去幾度となく大災害発生しました。
三次市街地に建設中の河川防災ステーション
三次市街地に建設中の河川防災ステーション
心して暮らせる地域創造するために、水防活動に必要な資材備蓄基地市民待避場所、災害対策車両基地等を整備しています。
平常時には地域住民学校課外授業を行うコミュニティースペースとして活用できる計画になっています。
3.江の川の自然環境
" 多種多様動植物生息し、水質環境良好ですが、人工構造物影響などにより、回遊魚遡上特定種の減少見受けられるため、過去環境取り戻すことを目的とした自然再生事業取り組み始めています。"

江の川上流は、他には類を見ない中国山地を跨いで流れる珍しい河川であり、中上流域我が国でも浸食平坦面の最もよく発達する地域になっています。古くから人跡到達し、田畑放牧地として利用されてきました。中流域となる三次盆地から河口までは先行峡谷続き平野を作らず江津市において日本海に注いでいます。
江の川流域地質気候等には特徴があり、表層地域は、中生代白亜紀から新生代初期にかけて生成した酸性火山岩類が広い範囲分布しており、気候についても河口部となる日本海側平野部年平均気温に対して中流域となる盆地地帯内陸性気候となり1度程度気温が低くなる傾向がでています。
水生生物調査
水生生物調査
環境基準対す水質については、工場生活排水等の影響少なく昭和40年以降から現在に至るまで生活環境項目については全て基準値を満足しています(大腸菌群数の項目を除く)。BOD値においても河川類型基準値を満足する比較良好水質維持しています。
毎年流域小中学校総合的学習において、水生生物調査による水質判定盛んに行われています。
豊かな自然環境をもつ江の川流域には数多く動植物確認されており、文献調査及び現地調査による確認数は次のとおりです。

魚介類・・ 105小動物(両生類14種、爬虫類15種、哺乳類28種)
植物・・・1,269 ○底性動物(カゲロウ等)・・・ 2種
鳥類・・・ 169 陸上昆虫類・・・・・・2,275

しかし、江の川にも人工構造物設置されており、下流部に位置する浜原ダム発電ダムとして昭和28年(1953年)に建設され、中流域まで遡上していた回遊魚(サケサクラマスアユ)がダム上流には上がらなくなってしまいました。中上流域で普通に食卓に上がっていた江の川の天然アユの殆どは、下流位置する川本町あたりで留まることより、上流において捕獲されるアユ放流アユ占めていることになります
繁殖場所が減少しているオオサンショウウオ
繁殖場所が減少しているオオサンショウウオ
河川敷で姿を消しているオキナグサ
河川敷で姿を消しているオキナグサ
また、特別天然記念物指定されているオオサンショウウオも江の川流域の広い範囲確認されていますが、かつて産卵場所(巣穴)になっていた河川沿いの竹藪河川改修により減少したことにより再生産が行われず、大きな個体のみが確認される要因になっている考えられています。
植物鳥類などについては、高度経済成長期に活発に行われ砂利採取河道工事等の影響大きく受け、流況安定に伴い洪水減少し、かつてレキ河原であった所に細粒土砂堆積し、樹林化が進行することで河原生息域としていたオキナグサイカルチドリ等の繁殖場所が激減しています。江の川沿いの谷底平野水田地帯として発達し、昭和40年代まで家畜の餌や田畑肥料とするために川の中の植物持ち出されており、また、昭和50年代初頭まで川土手植物山羊に採食させていたため、現在と違い河道内には僅かな植物だけが残り植物の発達抑えていたとも考えられています。江の川においては平成14年2002年)から過去環境取り戻す事を目的とした自然再生事業取り組んでいます。
4.江の川の主な災害

発生発生原因被災市町村被害状況
昭和47年7月梅雨前線流域死者22
全半壊3,625
浸水家屋14,063棟
昭和58年7月梅雨前線流域死者7名
全半壊143
浸水家屋3,198

(注:この情報2008年2月現在のものです)

江の川

読み方:ゴウノカワ(gounokawa)

所在 広島県島根県

水系 江の川水系

等級 1級


江の川

読み方:ヌタノガワ(nutanogawa)

所在 高知県

水系 渡川水系


江の川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/14 09:24 UTC 版)

江の川(ごうのかわ)は、島根県および広島県を流れる一級水系本流。流路延長194km、流域面積3,900km2 [1][2]。全国ランキングでは、延長で12位、面積で16位[2]。中国地方においては最大の河川であり、中国地方の一級河川の中で唯一中国山地を貫流する先行河川[2][3]日本百景[4]




注釈

  1. ^ 日本の年平均降水量は1,700mm [32]
  2. ^ 流域:本流上流部流域686km2、馬洗川流域699km2、西城川・神野瀬川流域627km2 [34]。1923年島根県教育会編『島根県誌』には源流は安芸国の東北部と備後国の北部とに発す、と記されている[35]
  3. ^ 藩境を超える輸送の禁止[64]
  4. ^ 官営八幡製鐵所など。
  5. ^ 熊野川で運用されていた舟を持ち込んだものであるという[75]
  6. ^ 法 : 河川法第23条の許可を受けたもの。 ウィキブックスには、河川法第23条に関する解説書・教科書があります。
    慣 : 河川法以前からある慣行水利権。

出典

  1. ^ a b c d e 整備計画 2015, p. 1.
  2. ^ a b c 国交省資料, p. 1-2.
  3. ^ a b c d e f 2.自然特性 (PDF) 」 『建設省浜田工事事務所30年のあゆみ』、国交省浜田事務所、2019年4月27日閲覧。
  4. ^ a b c d 木村晩翠『石見物語 : 随筆』島根評論社、1932年、109-112頁。NDLJP:1170495/732019年4月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 国交省資料, p. 1-4.
  6. ^ a b 日本の川 - 中国 - 江の川 - 国土交通省水管理・国土保全局”. www.mlit.go.jp. 2019年9月7日閲覧。
  7. ^ a b 江津市はこんなまち”. 江津市. 2019年4月27日閲覧。
  8. ^ 可愛川”. コトバンク. 2019年4月27日閲覧。
  9. ^ a b c d e 田渕遺跡 2018, p. 5.
  10. ^ a b c d e f g 江の川漁撈文化研究会「消えていく江の川上・下流域の瀬・淵と民俗調査 (PDF) 」 『河川整備基金助成事業』、河川環境管理財団、 1-40頁、2019年4月27日閲覧。
  11. ^ 『六十五大川流域誌』内務省土木局、1886年、83頁。NDLJP:1876462/542019年4月27日閲覧。
  12. ^ a b c 逓信省『水力調査書. 第3巻 本州西部』逓信省、1923年、475-479頁。NDLJP:966484/2612019年4月27日閲覧。
  13. ^ a b c 整備計画 2015, p. 34.
  14. ^ a b c d e f g h 整備計画 2015, p. 2.
  15. ^ a b c d e f g h i 整備計画 2015, p. 5.
  16. ^ a b c d e f g h i j k l “1.流域の概要” (PDF). 建設省浜田工事事務所30年のあゆみ (国交省浜田事務所). https://www.cgr.mlit.go.jp/hamada/uploads/photos/244.pdf 2019年4月27日閲覧。. 
  17. ^ a b c d e 整備計画 2015, p. 36.
  18. ^ a b c 国交省資料, p. 2-19.
  19. ^ a b c 整備計画 2015, p. 37.
  20. ^ 『コンパクト版日本地名百科事典』、監修:浮田典良、中村和郎、高橋伸夫、小学館、1998年
  21. ^ a b 江の川”. コトバンク. 2019年4月27日閲覧。
  22. ^ a b 国交省資料, p. 1-1.
  23. ^ 国交省資料, p. 2-12.
  24. ^ a b c d e f g h i j 田渕遺跡 2018, p. 1.
  25. ^ 中国山地”. コトバンク. 2019年4月27日閲覧。
  26. ^ a b 国交省資料, p. 1-5.
  27. ^ a b c 国交省資料, p. 1-3.
  28. ^ a b c 国交省資料, p. 2-24.
  29. ^ a b c d e 整備計画 2015, p. 3.
  30. ^ a b c d e 「たたら製鉄」と「鉄穴通し」による山地の荒廃と土砂災害 (PDF)”. 砂防フロンティア整備推進機構 (2018年2月). 2019年4月27日閲覧。
  31. ^ 国交省資料, p. 2-11.
  32. ^ a b c d e f g h 整備計画 2015, p. 4.
  33. ^ 平山琢朗、中越 信和「広島県瀬戸内側河川における淡水魚類相の特性」『魚類学雑誌』第50巻、日本魚類学会、2003年、 1-13頁、 doi:10.11369/jji1950.50.12019年4月27日閲覧。
  34. ^ a b 大賀祥一、森脇孝洋、桝井芳樹、福岡捷二「江の川上流部における治水と環境の調和した. 河道断面形に関する評価 (PDF) 」 『新しい河川整備・管理の理念とそれを支援する河川技術に関するシンポジウム 2011年度』、土木学会、2011年、2019年4月27日閲覧。
  35. ^ 島根県教育会『島根県誌』島根県教育会、1923年、579-580頁。NDLJP:1880017/3192019年4月27日閲覧。
  36. ^ 国交省資料, p. 1-6.
  37. ^ a b c 青木健太郎、藤田正治、稲若孝治、松尾至哲「江の川下流部における水害防備林の課題及び改善策」『土木学会論文集B1(水工学)』第72巻、土木学会、2016年、 I_1099-I_1104、 doi:10.2208/jscejhe.72.I_10992019年4月27日閲覧。
  38. ^ a b 平成29年度公共用水域水質測定結果について - 環境省
  39. ^ a b c d 平成29年全国一級河川の水質現況(平成30年7月6日発表) - 国土交通省
  40. ^ 整備計画 2015, p. 43.
  41. ^ 公共用水域等水質測定結果 - 平成29年度の調査結果概要”. 広島県. 2019年4月27日閲覧。
  42. ^ a b c 国交省資料, p. 2-23.
  43. ^ 国交省資料, p. 2-29.
  44. ^ a b 整備計画 2015, p. 32.
  45. ^ a b 整備計画 2015, p. 33.
  46. ^ 整備計画 2015, p. 35.
  47. ^ a b c 国交省資料, p. 2-2.
  48. ^ 国交省資料, p. 2-3.
  49. ^ a b 国交省資料, p. 2-4.
  50. ^ 国交省資料, p. 2-5.
  51. ^ 国交省資料, p. 2-6.
  52. ^ 国交省資料, p. 2-7.
  53. ^ 国交省資料, p. 2-8.
  54. ^ 国交省資料, p. 2-9.
  55. ^ 三次の鵜飼”. 青空文庫. 2019年4月27日閲覧。
  56. ^ しまねの自然公園”. 島根県. 2019年4月27日閲覧。
  57. ^ 簸川”. コトバンク. 2019年4月27日閲覧。
  58. ^ 上根・向山地域をウォーキングしませんか”. 安芸高田市. 2019年4月27日閲覧。
  59. ^ ヤマタノオロチと草薙剣の伝説”. 鉄の道文化圏推進協議会. 2019年4月27日閲覧。
  60. ^ a b 石見神楽とは”. 石見神楽公式サイト. 2019年4月27日閲覧。
  61. ^ a b 広島神楽早わかり”. ひろしま観光ナビ. 2019年4月27日閲覧。
  62. ^ 国交省資料, p. 3-9.
  63. ^ 国史跡 矢谷古墳”. 広島県教育委員会. 2019年4月27日閲覧。
  64. ^ a b c d e f g h 5.河川の利用 その1 (PDF) 」 『建設省浜田工事事務所30年のあゆみ』、国交省浜田事務所、2019年4月27日閲覧。
  65. ^ 国交省資料, p. 3-3.
  66. ^ 中国地方の「たたら」の特徴”. 鉄の道文化圏推進協議会. 2019年4月27日閲覧。
  67. ^ a b 「たたら製鉄」の進歩”. 鉄の道文化圏推進協議会. 2019年4月27日閲覧。
  68. ^ a b c d e f g h i j k 田渕遺跡 2018, p. 6.
  69. ^ 石見を築いた たたらと水運”. 山陰中央新報 (2015年8月31日). 2019年4月27日閲覧。
  70. ^ 国交省資料, p. 1-15.
  71. ^ a b 徳安浩明「たたら製鉄による中国山地の開発に関する歴史地理学研究」、佛教大学、2016年3月、 NAID 5000009747852019年4月27日閲覧。
  72. ^ 地形改変・於保知盆地編 歳月かけた大地の創造物”. 山陰中央新報 (2015年11月2日). 2019年4月27日閲覧。
  73. ^ 三河内付近の鉄穴流し跡”. 徳山大学総合経済研究所. 2019年4月27日閲覧。
  74. ^ 都野津砂丘”. 徳山大学総合経済研究所. 2019年4月27日閲覧。
  75. ^ a b c d e f g h i j 5.河川の利用 その2 (PDF) 」 『建設省浜田工事事務所30年のあゆみ』、国交省浜田事務所、2019年4月27日閲覧。
  76. ^ a b c d e 整備計画 2015, p. 6.
  77. ^ 『島根縣寫眞帖』島根県、1923年、30頁。NDLJP:1899762/1262019年4月27日閲覧。
  78. ^ a b c 国交省資料, p. 3-1.
  79. ^ 国交省資料, p. 3-2.
  80. ^ a b c 整備計画 2015, p. 7.
  81. ^ 「日本製紙 (株) 江津工場」『紙パ技協誌』第52巻、紙パルプ技術協会、1998年、 106-115頁、 doi:10.2524/jtappij.52.8382019年4月27日閲覧。
  82. ^ a b c d e 4.洪水と治水の歴史 (PDF) 」 『建設省浜田工事事務所30年のあゆみ』、国交省浜田事務所、2019年4月27日閲覧。
  83. ^ a b c 国交省資料, p. 1-9.
  84. ^ a b c 整備計画 2015, p. 8.
  85. ^ a b c 整備計画 2015, p. 9.
  86. ^ a b c d 後藤勝洋、牛田久喜、大嶋吉雄「江の川水系環境整備基本方針策定に係る検討」『リバーフロント研究所』第16巻、リバーフロント研究所報告、2005年9月、 230-237頁、2019年4月27日閲覧。
  87. ^ a b 栗本修滋「地域社会における里山風景の共有と林業・森林技術」『村落社会研究』第11巻、日本村落研究学会、2004年、 37-48頁、 doi:10.9747/jrs.11.1_372019年4月27日閲覧。
  88. ^ a b c 整備計画 2015, p. 10.
  89. ^ 整備計画 2015, p. 22.
  90. ^ 国交省資料, p. 4-1.
  91. ^ a b 松浦茂樹、山本晃一、浜口達男、本間久枝「水害防備林の変遷についてのー研究」『日本土木史研究発表会論文集』第8巻、土木学会、1988年、 193-204頁、 doi:10.11532/journalhs1981.8.1932019年4月27日閲覧。
  92. ^ a b c 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  93. ^ 国交省資料, p. 1-7.
  94. ^ 国交省資料, p. 4-2.
  95. ^ a b 整備計画 2015, p. 13.
  96. ^ a b 土地利用一体型水防災事業”. 国交省三次河川国道事務所. 2019年4月27日閲覧。
  97. ^ a b 整備計画 2015, p. 11.
  98. ^ 整備計画 2015, p. 29.
  99. ^ a b c 整備計画 2015, p. 16.
  100. ^ 矢櫃井堰を切り開いた咽声忠左衛門”. 農林水産省. 2019年4月27日閲覧。
  101. ^ 企業局工業用水道事業【飯梨川・江の川】”. 島根県. 2019年4月27日閲覧。
  102. ^ a b 整備計画 2015, p. 15.
  103. ^ a b 整備計画 2015, p. 39.
  104. ^ 整備計画 2015, p. 53.
  105. ^ 整備計画 2015, p. 40.
  106. ^ 国交省中国地建 川の通信簿
  107. ^ 都道府県別全項目インデックス”. 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』. 2019年4月27日閲覧。
  108. ^ 社団法人電力土木技術協会『水力発電データベース』中国 > 江の川
  109. ^ 三江線 江津~三次駅間の鉄道事業廃止届出について”. JR西日本 (2016年9月30日). 2019年4月27日閲覧。
  110. ^ 板垣正明 (2019年3月8日). “架かる顔ぶれ総まくり”. 朝日新聞. 2019年4月27日閲覧。
  111. ^ 「川」と「川を渡る橋」の情報と資料 - 中日本コンサルタント


「江の川」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江の川」の関連用語

江の川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



江の川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2020 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江の川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS