吉井川とは?

吉井川

高瀬舟舞台として地域繁栄支えてきた伝統の川 吉井川
吉井川は岡山県東部位置し、備前の「東の大川」と呼ばれていました。
その源は中国山地三国山(標高1,252m)に発し,津山市貫流しながら途中加茂川吉野川金剛川等を合流して、岡山市西大寺児島湾東端に注ぐ流域面積2,110km2幹川流路延長133km、流域平均降水量約1,280mm(平成5年平成14年)の河川です。

吉井川河口部
吉井川河口

河川概要
水系吉井川水系
河川吉井川
幹川流路延長133km
流域面積2,110km2
流域内人294,000
流域関係都県岡山県

吉井川流域図
○拡大図
1.吉井川の歴史
"吉井川は、岡山県東部貫流し、備前国の「東の大川」と呼ばれていました。
流域開発古く出雲地方近畿地方を結ぶ交通要路となって栄えていきました。
江戸時代初期豪商角倉了以により広められた高瀬舟が有名です。"

吉井川の歴史

1.-1. 吉井川の概要(よしいがわ)
「吉井川(河口から上流を望む)」
「吉井川(河口から上流を望む)」
岡山県東部貫流している吉井川は、旭川(あさひがわ)と共に備前(びぜん)国の二大河川で、古来旭川を「西の大川(おおかわ)」と称するに対して、吉井川は「東の大川」と呼ばれていました。
また、「吉井川」とは、明治以降統一した名称で、以前は他の河川同様に通過地の地名で呼ばれ、上流で「奥津川(おくつがわ)」、津山城下へ出て「津山川(つやまがわ)」となり南下して「周匝川(すさいがわ)」、「和気川(わけがわ)」、「吉井川」、「雄神川(おがみがわ)」などと名を改めました。
吉井川の流域(りゅういき)開発岡山県三大河川の中では最も早く、約1,700年前に開かれたといわれています。また、出雲(いずも)地方近畿(きんき)地方を結ぶ交通要路ともなり高瀬舟(たかせぶね)の利用と相まって流域栄えていきました。

1.-2. 吉井川の高瀬舟
高瀬舟は、すでに室町(むろまち)時代には岡山県下の川運行し、鉄道通じるまでは重要な交通路の役割を果たしていました。吉井川では津山西大寺(さいだいじ)がメインルートでしたが、本川では鏡野町湯指(かがみのちょうゆざす)まで登っていました。また、県下で最も大型で、江戸初期豪商角倉了以(すみのくらりょうい)が17世紀初め、この高瀬舟見本にして、京都大堰川(おおいがわ)をはじめとする河川開発を行って、舟運を開いた話で有名です。

2.-3. 倉安川(くらやすがわ)
延宝(えんぽう)7年(1679)、岡山藩池田光政(いけだみつまさ)の家臣津田永忠(つだながただ)により、沖新田(おきしんでん)開発倉田新田(くらたしんでん)の用水確保舟運連絡ルート確保のため倉安川掘削され、
「倉安川吉井水門」
倉安川吉井水門
吉井川からの取水口には石垣開閉部は木造)の水門(すいもん)が設置されました。この水門は、吉井川の堤防に築かれた「一の水門」と倉安川側の「二の水門」の二重構造となっており、当時では最先端技術であった「閘門式(こうもんしき)」の構造となっています。
現在は、流域開発河川整備進んできたことにより、その役割を終え、当時人々暮らし物語施設として残されています。なお、昭和34年には岡山県史跡指定されています。

2.-4. 石の懸(かけひ)
農業用水恵まれない吉井川右岸水田にするため、岡山藩池田忠雄(いけだただかつ)が命じ、田原用水(たはらようすい)が造られました。寛永(かんえい)元年1624年)に釣井(つりい)の末分岐まで水路造り
「石の懸樋」(移設されている状況)
「石の懸
移設されている状況
その後寛文(かんぶん)9年1669年)に第2次延長工事着手し、津田永忠指揮して元禄(げんろく)10年1697年)に完成しました。当時土木技術水準では難し課題もありましたが、見事に克服しており、その一つが石の懸です。この石のは、田原用水徳富(とくとみ)を流れ小野田川(おのだがわ)をわたるためにかけられた水樋で、川と用水立体交差している独創的施設です。現在は移設されていますが、岡山県重要文化財指定されています。
2.地域の中の吉井川
"吉井川と人とのかかわりあい古く古来舟運などに利用されていました。
また、近年では高水敷グランド公園などが整備され、周辺住民憩いの場として利用されています。
また、イベントなどにも利用され、地域ふれあいの場としても親しまれています。"

2.-1. 吉井川と暮らし
吉井川(よしいがわ)と人とのかかわりあい古く流域(りゅういき)は古来より出雲(いずも)地方近畿(きんき)を結ぶ交通要路となり、吉井川を利用した舟運によって沿川には、西大寺(さいだいじ)・福岡(ふくおか)・和気(わけ)・周匝(すさい)・津山(つやま)を始め多く湊町(みなとまち)が栄えました。吉井川では、陸上交通発達により舟運路としての役割を終えた現在も、湊町から発展した多くの町が地域社会中心的役割を果たしています。
「水辺の楽校でのイベントの様子」
水辺の楽校でのイベント様子
近年では高水敷(こうすいじき)にグランド親水公園(しんすいこうえん)が整備され、スポーツキャンプなど周辺住民憩いの場として利用されています。また、金剛川(こんごうがわ)には子ども達が自然とふれあい体験できる水辺(みずべ)の楽校(がっこう)が整備されており、身近な遊び場教育の場として利用されています。その他、吉井川フェスタ邑久(おく)バルーンミーティングなどのイベント開催されており、地域ふれあいの場として親しまれています。金剛川水辺の楽校 でも毎年、子ども向けのイベント開催され、多く親子連れ参加あります
また、吉井川は自然も多く魚釣りシジミ採りなど多くの人に利用されています。

「邑久バルーンミーティング(昼)」「邑久バルーンミーティング(夜)」
邑久バルーンミーティング(昼)」邑久バルーンミーティング(夜)」
3.吉井川の自然環境
"吉井川は、全般に豊かな山なみと田園風景背景に、ゆったりとした流れ自然的な川の風景が広がっています。
近年国勢調査では魚介類58種、底生動物117種、植物674種、鳥類92種、両生類6種、爬虫類9種、哺乳類9種、陸上昆虫類1,051種が確認されています。"

3.-1. 吉井川(よしいがわ)の環境
吉井川は、全般に豊かな山なみと田園風景背景にゆったりとした流れ自然的な川の風景が広がっており、高瀬舟(たかせぶね)の歴史性と合わせて、沿川の人々心のふるさととして親しまれています。
河川景観は、津山市(つやまし)より上流域では山地渓流景観を呈し、津山市より越堰(かもごしぜき)までは緩やかな河床勾配(かしょうこうばい)で、瀬(せ)や淵(ふち)が存在中州見受けられるなど、中流域様相を呈しています。高水敷(こうすいじき)の植生は、ツルヨシオギなどの高草本群落(こうけいそうほん)のほか、ヤナギが主ですが、下流域では河川改修進みグランドゴルフ場利用されているところも多くなっています。

3.-2. 吉井川にいる生き物
直轄管理区間(ちょっかつかんりくかん)における動植物などの特徴としては、感潮区間(かんちょうくかん)には小規模ながら干潟(ひがた)が見られシギ類やチドリ類の渡り中継地および餌場(えさば)となっています。また、海産貝類ゴカイ類甲殻類などの底生動物地表性のコウチュウ類(エリザハンミョウやバンガミズギワゴミムシなど)などの陸上昆虫類生息場所となっています。また、ヨシ原中心とした塩生植物海浜植生分布しており、ヨシ原にはカヤネズミなどの哺乳類やオオヨシキリ・ツリスガラなどの鳥類生息場所となっています。また、汽水域(きすいいいき)ということもあって汽水海水棲む魚類多く確認されています。
下流にある越堰の淡水区域(たんすいくいき)では、水面にはカモ類の越冬地となっており、止水域(しすいいき)を好むタナゴ類などの魚類確認されています。
中流域ではワンドやたまりが多く分布しており、水生植物(すいせいしょくぶつ)群落河畔林発達しています。河畔林(かはんりん)にはオオタカサギ類・カワウなどの鳥類がみられ、アカネズミテンなどの樹林性の哺乳類生息場所にもなっています。また、ワンドやたまりにはゲンゴロウ類などの水生昆虫カエル類・カメ類など両生類爬虫類生息場所となっています。また、浅瀬アユ産卵場となっています。このように様々な生物生育生息環境の場になっています。
上流域では流路蛇行(だこう)を繰り返し、瀬・淵が連続砂礫地(されきち)、水際草地河畔林発達しています。水域から陸域まで様々な環境を有しているため生物相が大変豊富です。砂礫地には、イカルチドリイソシギなどの鳥類生息しています。
金剛川(こんごうがわ)については、流水域と静水域が混在し、複雑な流路形成しているため、多様な水生植物群落水際草地発達しています。流路が複雑で、様々な河川環境を有しているため、魚類水生昆虫類などの底生動物トンボ類などの昆虫類が大変豊富です。また、山林隣接しているため樹林性の鳥類オオタカ見られます。

近年の吉井川の河川水辺(かせんみずべ)の国勢調査(こくせいちょうさ)によると、魚介類58種、底生動物は9綱2993177種、植物118674種、鳥類133092種、両生類は1目3科6種、爬虫類は2目5科9種、哺乳類は4目7科9種、陸上昆虫類17202科1,051種が確認されています。
4.吉井川の主な災害


発生発生原因被災市町村被害状況
昭和 9年 9月室戸台風吉井川上流部、津山市吉井町死者15
浸水家屋8,092
昭和20年 9月枕崎台風津山市柵原町瀬戸町和気町上道町長船死者92
浸水家屋14,798
昭和38年 7月梅雨前線和木町佐伯町柵原町美作町津山市勝央町、他浸水家屋9,571
昭和47年 7月梅雨前線柵原町大原町勝田町久米町鏡野町、他死者3名
浸水家屋3,049棟
昭和51年 9月台風17号牛窓町邑久町長船町備前市日生町和気町、他死者6名
浸水家屋13,759
平成 2年 9月台風19号牛窓町邑久町長船町備前市和気町、他浸水家屋6,124
平成10年10月台風10号津山市吉井町柵原町佐伯町、他浸水家屋5,890棟

(注:この情報2008年2月現在のものです)

吉井川

読み方:ヨシイガワ(yoshiigawa)

所在 北海道

水系 十勝川水系

等級 1級


吉井川

読み方:ヨシイガワ(yoshiigawa)

所在 北海道

水系 石狩川水系


吉井川

読み方:ヨシイガワ(yoshiigawa)

所在 新潟県

水系 鯖石川水系

等級 2級


吉井川

読み方:ヨシイガワ(yoshiigawa)

所在 岡山県

水系 吉井川水系

等級 1級


吉井川

読み方:ヨシイガワ(yoshiigawa)

所在 愛媛県

水系 加茂川水系

等級 2級


吉井川

読み方:ヨシイカワ(yoshiikawa)

所在 群馬県多野郡吉井町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

吉井川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/23 02:43 UTC 版)

吉井川(よしいがわ)は、岡山県東部を流れる吉井川水系の本流で、一級河川である。旭川高梁川と並び、岡山三大河川の一つとされている。




  1. ^ 『岡山県大百科事典』山陽新聞社、1979年
  2. ^ 太田猛彦『森林飽和』p41 NHK出版 2012年


「吉井川」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「吉井川」の関連用語

吉井川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吉井川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2018 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉井川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS