こんごうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > こんごうの意味・解説 

こん ごう -がう [3] 【根号】

ある数の累乗根を表す記号n 乗根n√ で表し,特に平方根は √ で表す。

こん ごう -がう [1] 【金剛】

vajra(「伐闍羅(ばさら)」「伐折羅」「跋日羅」などと音訳金属中最も剛(かた)いもの,の意〕
〘仏〙
金属中最も硬いもの。
金剛杵こんごうしよ)」の略。 「手に-を取り今昔 14
金剛力士」の略。 「門に-の形像を立置/万民徳用
金剛草履」の略。 「生絹すずし)直垂緋縅ひおどし腹巻著て,-履いて/義経記 2
金剛草履替えを持って供をしたので〕 近世役者野郎草履取り。 「兎角酒にして-の角内,九兵衛呼出し浮世草子一代男 2

こんごう こんがう 【金剛】

金剛流」の略。
金剛座」の略。

こん ごう -がふ [0] 【混合】

( 名 ) スル
性質の違う物がまざりあうこと。まぜあわせること。 「数種の薬品を-する」 「 -液」

艦艇(護衛艦「こんごう」型)

173「こんごう」 174「きりしま」 175「みょうこう」
176「ちょうかい」
 
基準排水量
  7,250t
主要寸法
  161x21.0x12.0x6.2m
長さ、幅、深さ喫水
船型
  甲板
機械
  ガスタービン4基2軸
馬 力
  100,000PS
速 力
  30kt
主要兵装
  イージス装置一式
VLS装置一式
高性能20ミリ機関砲x2
SSM装置一式
127ミリ単装速射砲x1
連装魚雷発射管x2
電波探知妨害装置一式
対潜情報処理装置一式
定 員
  300名

【こんごう】(こんごう)

JMSDF Kongo(DDG-173).
海上自衛隊ミサイル護衛艦
はたかぜ型後継となる第4世代ミサイル護衛艦にして、日本初イージス艦である。

その設計アメリカ海軍アーレイ・バーク級フライト1)を基にしており、同艦に似た外見能力を持つが、同級比較していくつかの点が異なる。

このため基準排水量は7,250トン満載排水量至ってタイコンデロガ級匹敵する9,485トン達しており、本艦の発展型であるあたご型就役するまでは海上自衛隊中でも最大級戦闘艦であった。

1番艦「こんごう」はソ連軍脅威日本対米貿易黒字懸念された冷戦時代1988年発注され、1992年就役した。冷戦の終わった後はミサイル防衛用途への使用検討されるようになった
テポドン事件においてはみょうこう」が出動して監視にあたり以降テポドン発射兆候見られた際は同型監視にあたった。
順次弾道ミサイル迎撃能力付加されることになっており、最初に改修を受けた「こんごう」は、2007年12月には米軍以外で初めSM-3による弾道ミサイル迎撃実験成功した。

テロ対策特別措置法に基づきインド洋派遣された補給艦交代警護していた護衛艦中にきりしま」や「こんごう」が含まれていた。
これは、探知能力の高いイージス艦護衛任務適する、指揮能力の高いこんごう型艦隊統率優れ交代での任務適すること、他の艦よりも居住性優れており酷暑インド洋における活動適する、などの理由による。
だがこれに対し、「探知能力優れイージス艦アメリカ軍データリンクする可能性があり、集団的自衛権行使にあたる」等の批判もあったが、その他の艦船でもデータリンクは可能であり、批判ではなく単なる当て付けに過ぎない

関連金剛(戦艦)

性能諸元

全長161m
全幅21m
吃水6.2m
深さ12m
排水量
基準/満載
7,250t/9,485t
機関COGAG方式 2軸推進
IHI LM2500ガスタービンエンジン機関出力100,000ps)×4基
発電機ガスタービン発電機出力2500kW)×3
最大速力30ノット以上
航続距離4,500海里巡航速度20ノット
乗員300
兵装オート・メラーラ社製 54口径127mm単装速射砲×1門
Mk.41 Mod2 VLS×2基296190セルRIM-66RIM-161RUM-139装備
4連装艦対艦ミサイルキャニスター×2組(RGM-84装備
HOS-302 3連装324mm短魚雷対潜魚雷発射管×2組
高性能20mm機関砲CIWS)×2門
艦載機なし(着艦スペースのみ)
C4Iシステム自衛艦隊指揮支援システムSFシステム)(後にMOFシステム変更
AWS Mk.7+OYQ-102 対潜情報処理装置+リンク11/14/16
FCSMk.99/SPG-62 ミサイルFCS×3
FCS-2-21FCS
レーダーAN/SPY-1D多機能レーダー×4面1基
OPS-28D対水上捜索低空警戒レーダー×1基
AN/SPG-62 ミサイルFCレーダー×3基(SM-2用)
ソナーOQS-102艦首ソナー
OQR-2 戦術曳航ソナー
電子戦
対抗手段
NOLQ-2 統合電子戦システム
Mk.36 SRBOC 対抗手段展開システム(Mk.137 チャフ・フレア発射機×4基)

同型艦


【金剛】(こんごう)

明治末期大正初期(1910年代前半)に日本海軍導入した超ド級巡洋戦艦
姉妹艦に「比叡」「榛名」「霧島」がある。

この当時海軍主力戦闘艦艇である戦艦は「ドレッドノート」の登場以後大型化・主砲の大口径化が加速度的進んでいた。
工業技術欧米諸国に遅れをとってい日本は、この時期になってようやく主力艦戦艦巡洋艦)の国産化に成功したものの、加速度的進化する世界建艦技術には対応しきれない面が出ていた。
そこで、海軍先進国であった英国から大型艦船建艦技術もう一度学ぶべく、ビッカース社へ発注されたのが本艦である。

本艦の建造に当たっては、当時英国海軍最新鋭巡洋戦艦だった「ライオン」級が参考とされたが、以下のような改良が施されている。

主砲口径アップ
ライオン」の13.5インチ(=34.3cm)砲に変えて14インチ(=36cm)砲を搭載
主砲レイアウト改良
ライオン」では艦尾方向に向けられる主砲は2門しかなかったが、本艦ではレイアウト改良され、艦首艦尾方向のどちらにも4門の主砲が向けられるようになった

これらの技術取り入れ1913年就役した本艦を元に日本国内の造船所姉妹艦の建造始められ、1914~1915年までの間に「比叡」「榛名」「霧島」の3隻が相次いで就役した。
本艦と姉妹艦3隻の就役により、日本海軍世界最強戦闘力を誇る巡洋戦艦手にすることになった。

当時第一次世界大戦優勢ドイツ艦隊苦しめられていた英国海軍が、日本に本艦の貸与申し出るほどであったという。

大戦終結後の1930年締結されたロンドン海軍軍縮条約では、姉妹艦「比叡」が廃棄される予定であったが、兵装・機関装甲一部削減して「練習艦」となることで解体を免れている。
やがて軍縮条約失効すると、(現役に戻された「比叡」も含めて)4隻とも機関出力増強主砲改良対空火器増強などの改装を受け、「高速戦艦」として再デビューした。

大東亜戦争では、(艦齢30年にも達する、連合艦隊最古参戦艦ありながらも)最大30ノットという高速力を生かし、3隻の姉妹と共に空母機動部隊護衛をはじめ、さまざまな戦場で活躍したが、1942年1943年第三次ソロモン海戦で「比叡」「霧島」が失われ、本艦も1944年11月台湾海峡で米バラオ級潜水艦シーライオンUSS Sealion,SS-315)」の魚雷攻撃により基隆北方撃沈
また、姉妹艦のうち最後まで生き残っていた「榛名」も1945年7月、呉軍港で米艦載機空襲により大破着底行動不能となって終戦迎えた。

性能諸元

常備排水量金剛:27,500t(新造時)
比叡27,500t(新造時)
榛名27,384t(新造時)/31,785t(一次改装後),35,600t(二次改装後)
霧島27,500t(新造時),30,660t(一次改装後)
基準排水量金剛:29,330t(一次改装後)/32,200t(二次改装後)
比叡27,500t(練習戦艦時)/32,165t(二次改装後)
榛名29,330t(一次改装後)/32,156t(二次改装後)
霧島29,320t(一次改装後)/31,980t(二次改装後)
満載排水量榛名32,306t(新造時)
霧島39,141t(二次改装後)
公試排水量金剛:36,314t(二次改装後)
比叡37,000t(二次改装後)
霧島36,668t(二次改装後)
全長214.6m(新造時)
222m(二次改装後)
全幅28.04m(新造時)
31.02m(二次改装後)
30.9m(霧島,一次改装後)/31.01m(霧島,二次改装後)
喫水金剛:8.38m(新造時)/8.65m(一次改装後)/9.6m(二次改装後)
比叡:8.38m(常備,新造時)/9.37m(二次改装後)
榛名:8.218m/9.419m(常備/満載,新造時)/8.65m(一次改装後)/9.18m(二次改装後)
霧島:8.38m(常備,新造時)/8.41m(常備,一次改装後)/9.72m(常備,二次改装後)
主缶金剛:ヤーロー式混焼缶36基(新造時)/ロ号艦本式(専焼缶4基+混焼缶6基、一次改装後)/
ロ号艦本式缶8基(二次改装後)
比叡:イ号艦本式混焼缶36基(新造時)/ロ号艦本式(大型2基+小型3基+混焼缶6基、一次改装後)/
ロ号艦本式缶8基
榛名ヤーロー式混焼缶36基(新造時)/ロ号艦本式(専焼缶4基+混焼缶10基、一次改装後)/
ロ号艦本式(大型3基+中型6基+小型2基、二次改装後)
霧島ヤーロー式混焼缶36基(新造時)/ロ号艦本専焼缶(大型6基+小型4基、一次改装後)/
ロ号艦本式缶8基(二次改装後)
主機金剛:パーソンズ直結タービン2基4軸(新造時)/艦本式タービン4基4軸(二次改装後)
比叡パーソンズ直結タービン2基4軸(新造時)/艦本式タービン4基4軸(二次改装後)
榛名ブラウン・カーチス直結タービン2基4軸(新造時)/艦本式タービン4基4軸(二次改装後)
霧島パーソンズ直結タービン2基4軸(新造時)/艦本式タービン4基4軸(二次改装後)
軸馬力金剛:64,000shp(新造時)/136,000shp(二次改装後)
比叡64,000shp(新造時)/16,000shp(一次改装後)/136,000shp(二次改装後)
榛名64,000shp(新造時)/75,600shp(一次改装後)/136,000shp(二次改装後)
霧島64,000shp(新造時)/75,600shp(一次改装後)/136,000shp(二次改装後)
速力金剛:27.5kt(新造時)/26kt(一次改装後)/30.3kt(二次改装後)
比叡:27.5kt(新造時)/18kt(一次改装後)/29.7kt(二次改装後)
榛名:27.5kt(新造時)/25kt(一次改装後)/30kt(二次改装後)
霧島:27.5kt(新造時)/25kt(一次改装後)/ 29.8kt(二次改装後)
航続距離金剛:8,000海里(14kt)(新造時)/9,500海里(14kt)(一次改装後)/10,000海里/(18kt)(二次改装後)
比叡:8,000海里(14kt)(新造時)/9,800海里(18kt)(二次改装後)
榛名:8,000海里(14kt)(新造時)/9,500海里(14kt)(一次改装後)/10,000海里(18kt)(二次改装後)
霧島:8,000海里(14kt)(新造時)/9,500海里(14kt)(一次改装後)/9,850海里(18kt)(二次改装後)
乗員金剛:1,201
比叡:1,221名(新造時)/1,222名(二次改装後)
榛名:1,221名(新造時)/1,315名(二次改装後)
霧島:1,221名(新造時)/1,065名(一次改装後)/1,303名(二次改装後)
主砲金剛:毘式35.6cm連装砲4基
比叡:毘式35.6cm連装砲4基(新造時)/同3基(一次改装後)/同4基(二次改装後)
榛名:四一式35.6cm連装砲4基
霧島:四一式35.6cm連装砲4基
副砲金剛:毘式15.2cm単装砲16門(新造時)/同14門(二次改装後)/同8門(最終時)
比叡:四一式15.2cm単装砲16門(新造時)/同14門(二次改装後)
榛名:四一式15.2cm単装砲16門(新造時)/同16門(のちに14門)(二次改装後)/同8門(最終時)
霧島:四一式15.2cm単装砲16門(新造時)/同14門(二次改装後)
高角砲金剛:短8cm砲7門(一次改装後)/12.7cm連装砲4基(二次改装後)/同6基(最終時)
比叡八九式12.7cm連装4基(練習戦艦時,後日装備)/12.7cm連装4基(二次改装後)
榛名8cm単装砲4門(一次改装後)/12.7cm連装砲4基(二次改装後)/同6基(レイテ沖海戦時)
霧島8cm砲4門(一次改装後)/12.7cm連装砲4基(二次改装後)
機銃金剛:25mm機銃連装10基(二次改装時) /25mm機銃(3連装18基+連装8基+単装30挺、最終時)
比叡:40mm連装2基,九二式7.7mm機銃3挺(練習戦艦時)/九六式25mm連装10基,13mm4連装2基(二次改装後)
榛名:25mm連装10基(二次改装後,後日装備)/25mm機銃(3連装24連装2基 単装23挺、レイテ沖海戦時)
霧島:7.7mm機銃3挺(一次改装後)/25mm連装10基(二次改装後)
魚雷金剛:53cm水中発射管8本(新造時)/同4本(一次改装後)
比叡:53cm水中発射管8本(新造時,練習戦艦時に撤去
榛名:53cm水中発射管8本(新造時)/同4本(一次改装後)
霧島:53cm水中発射管8本(新造時)/同4本(一次改装後)
その他金剛:短8cm12門(新造時)/21号電探1基,22号2基,13号2基(最終時)
比叡8cm砲4門
榛名:短8cm砲4門,式6.5mm機銃3挺(新造時)/21号電探1基,22号2基,13号2基(レイテ沖海戦時)
霧島:短8cm砲4門,式6.5mm機銃3挺(新造時)
装甲水線203mm、甲板19mm、主砲天蓋75mm・前盾250mm、副砲廓152mm
搭載金剛:3機(一次改装後)
比叡水上機3機(二次改装後)
榛名:1機(一次改装後)/3機(二次改装後)
霧島:1機(一次改装後)/水上偵察機3機(二次改装後)
装備射出機1基(4艦とも二次改装後)

同型艦

艦名造船所起工進水就役喪失除籍
金剛ヴィッカース1911.1.171912.5.181913.8.161944.11.211945.1.20
比叡横須賀海軍工廠1911.11.41912.11.211914.8.41942.11.131942.12.20
榛名神戸川崎造船所
現・川重工業
1912.3.161913.12.141915.4.191945.7.281945.11.20
霧島三菱合資会社三菱造船所
(現・三菱重工長崎造船所
1912.3.171913.12.11915.4.191942.11.151942.12.20


関連:こんごう(海上自衛隊


こんごう 混合 mixing

温度異な物質が混ざり合うこと。

金綱

読み方
金綱こんごう

こんごう (護衛艦)

(こんごう から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/25 08:46 UTC 版)

こんごうローマ字JS Kongō, DDG-173)は、海上自衛隊護衛艦イージス艦)。こんごう型護衛艦の1番艦。艦名は金剛山に因み、旧海軍金剛型コルベット金剛」、金剛型戦艦金剛」に続き日本の艦艇としては3代目。日本初のイージス・システム搭載艦である。艦名候補として当初は「ゆきかぜ」などが検討されていた。






「こんごう (護衛艦)」の続きの解説一覧

こんごう

出典:『Wiktionary』 (2011/11/07 13:24 UTC 版)

同音異義語

こんごう




こんごうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こんごう」の関連用語

こんごうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



こんごうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
海上自衛隊海上自衛隊
Copyright (C) JMSDF. All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのこんごう (護衛艦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのこんごう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS