74式戦車とは?

74式戦車 74TK 愛称 ナナヨン


【74式戦車】(ななよんしきせんしゃ)

61式戦車代わる陸上自衛隊主力戦車
1964年基礎開発開始され、1974年9月制式採用1975年から1989年にかけて873両が配備された。
90式戦車登場後に年間40程度ペース退役しているが、2010年時点でも陸上自衛隊主要な機甲戦力を占めている。

設計思想61式戦車同じく戦車駆逐車に近い待ち伏せ主体のものとなっている。
全般的に、61式で生じた設計上の問題解決する目的設計されている。

車体全溶接、砲塔鋳造車体避弾径始重視した低く滑らかな形状
主砲スタビライザー搭載され、行進間射撃が可能。
火器管制装置として弾道計算機レーザーレンジファインダーテレスコープペリスコープ装備する。

また、砲塔の横に赤外線投光器搭載する事で夜戦に対応できるようになっている
この投光器は、赤外線フィルターを外すと夜間1500メートル先でも本が読める程度光量と、フィルター越しでも至近距離で浴びると低温やけどを負うほどの熱量を持つ。
1993年に起きた雲仙普賢岳噴火災害の際、この投光器性能が買われ、戦車としては異例災害派遣出動して火砕流監視貢献した。

61式戦車で大不評を買った操縦性改善され、超信地旋回も可能。
また、シュノーケルを使っての潜水渡河能力もある。
加えて油圧懸架装置シリンダーによって上下200mm、前後6度左右9度まで車体を傾ける事が可能で、これにより遮蔽確保が容易になっている

このように前作61式比して様々な改善加えられた本車であるが、唯一改善が及ばなかったのは装甲防御であった。
これは、鉄道による戦略輸送等への考慮から重量が38t程度抑えられていたためである。
結果主力戦車必須の能力である対応防御達成できず、「自身主砲によって撃破可能」という最大欠陥が残ってしまった。

前述のように老朽化(特に酷使されている足回り部分)に伴って年間40両ほどのペース退役進んでいる。
また、改良加えられてきたとはいえ現代戦を戦うには限界であったことも手伝って、順次後継10式戦車交代する予定である。

参考リンク http://www.jda.go.jp/jgsdf/info/so13.html

74tk.jpg
Photo:MASDF

スペックデータ

乗員4名(車長、操縦手砲手装填手)
全長9.41m
全幅3.12m
全高2.25m(標準時
戦闘重量38t
エンジン三菱重工製10ZF22WT 2ストロークV型10気筒空冷ディーゼルエンジン出力720hp)
登坂60%
堤高1.0m
超壕幅2.7m
潜水能力2.0m
最大速度53km/h(路上
航続距離300km
携行弾数50発(105mm砲)
600発(12.7mm機銃
4,500発(7.62mm機銃
兵装L7A1 105mmライフル砲×1門
12.7mm重機関銃×1挺(砲塔上面
74式7.62mm車載機関銃×1挺(主砲同軸)
60mm3連装発煙弾発射器×2基

主な改修型

派生型


74式戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/07 04:48 UTC 版)

74式戦車(ななよんしきせんしゃ)は、陸上自衛隊61式戦車の後継として開発、配備された国産二代目の主力戦車である。部隊内での愛称は「ナナヨン」。




注釈

  1. ^ かつてタミヤはSTB時代の74式戦車をモチーフとした半架空の戦車「M.B.T.71」のプラモデルを販売していた
  2. ^ 90式では前後方向への傾斜のみに簡略化されており、74式よりも可動範囲の自由度は小さい。これは弾道計算コンピューター、レーザー測距器に代表される電子機器の発達により、砲撃時に車体の水平を維持する必要性が薄れたためである。10式は左右の傾斜調整機能が復活している
  3. ^ サイドスカートを装着した状態では一般に公開された例はないが、試作車のみ、「SPEARHEAD (スピアヘッド) No.3」などでサイドスカートを装着した写真が掲載されている
  4. ^ M1エイブラムスの初期型車両に類似したもの

出典

  1. ^ a b c 丸 2002, p. 78.
  2. ^ a b c 古是三春 & 一戸崇雄, p. 68.
  3. ^ 丸 2002, p. 80.
  4. ^ 丸 2002, p. 81.
  5. ^ a b 丸 2002, p. 82.
  6. ^ 『戦後日本の戦車開発史』林磐男 著 p248-249
  7. ^ 丸 2002, p. 83.
  8. ^ a b c d PANZER 2004.
  9. ^ 古是三春 & 一戸崇雄, p. 91.
  10. ^ 古是三春 & 一戸崇雄, p. 105.
  11. ^ a b c d e f 古是三春 & 一戸崇雄, p. 106.
  12. ^ a b c d e f g 古是三春 & 一戸崇雄, p. 81.
  13. ^ a b 古是三春 & 一戸崇雄, p. 83.
  14. ^ a b ワールドタンクミュージアム」第4弾 74式戦車解説書
  15. ^ a b 古是三春 & 一戸崇雄, p. 89.
  16. ^ 『世界のハイパワー戦車&新技術』(Japan Military Review『軍事研究』2007年12月号別冊p135、一戸崇雄)
  17. ^ 平成20年度予算から初度費が一括計上されており、10式戦車の単価には初度費は含まれていない
  18. ^ 装甲車両・火器及び弾薬の開発・調達について (PDF) - 防衛省経理装備局艦船武器課 平成23年2月
  19. ^ 平成27年度防衛白書 資料34 戦車、主要火器などの保有数(2015年3月末時点で戦車総数が690輌で、2013年度予算計上分までの53輌の10式戦車が調達されたと仮定し、90式戦車は累計で341輌調達されたので、10式の配備数が50輌程度、90式が1輌も喪失・退役していないと仮定すると、74式は290輌程度となる)
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 古是三春 & 一戸崇雄, p. 99.
  21. ^ a b c d e 古是三春 & 一戸崇雄, p. 75.
  22. ^ “戦車にウインカー「軍隊否定」の象徴”. MSN産経ニュース. (2012年4月28日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120428/plc12042822520013-n1.htm 2012年4月29日閲覧。 
  23. ^ 日本経済新聞:自衛隊、福島第1原発周辺に戦車2両 がれき撤去へ
  24. ^ “がれき撤去で、戦車派遣=福島第1原発、放水作業を支援—防衛省”. livedoorニュース. 時事通信社 (ライブドア). (2011年3月20日). オリジナル2011年3月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110322033459/http://news.livedoor.com/topics/detail/5428657/ 
  25. ^ PANZER 2011.
  26. ^ 大砲・戦車との音楽展示2
  27. ^ 2016年[4Kチャイコフスキー序曲1812年/2曲目砲撃有【高知駐屯地】]


「74式戦車」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

74式戦車に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「74式戦車」の関連用語

74式戦車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タイコンデロガ

グレーダ

施設作業車

ヴェイパー

ガンシップ

81式自走架柱橋

重装輪回収車

V尾翼





74式戦車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2018 陸上自衛隊 All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの74式戦車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS