82式指揮通信車とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 兵器 > 装輪装甲車 > 82式指揮通信車の意味・解説 

82式指揮通信車 CCV 愛称 コマンダー


【82式指揮通信車】(はちにいしきしきつうしんしゃ)

陸上自衛隊運用されている装輪式AFV
小松製作所生産納入担当している。

1983年から導入開始され、各地師団旅団司令部普通科特科連隊本部などに配備されている。

書面上における公式の愛称は「コマンダー」とされているが、広報定め愛称尽く黙殺される自衛隊伝統に則り、本車も実際には「シキツウ」あるいは「CCV」と呼ばれている。

本車の設計コンセプトは、指揮官幕僚機動する部隊随伴しながら部隊統率する「移動司令部」である。
そのため武装面は必要最小限に留められ、車内装備のほとんどは指揮通信に割かれている

車体圧延防弾鋼板による溶接構造で、水深1m程度渡河能力を有している。
固定武装はないが、操縦室及び指揮通信の上面にハッチ銃架備え、主武装12.7mm重機関銃M2 1挺、副武装62式7.62mm機関銃または5.56mm機関銃MINIMI 1挺を装着できる。
また、車内から小銃突き出し射撃できるガンポート備えられており、車内戦闘要員乗車ていればある程度応戦することができる。

後に本車をベースにして、87式偵察警戒車化学防護車開発された。
さらに96式装輪装甲車開発にも経験が活かされ、開発期間短縮に繋がった。

関連87式偵察警戒車 化学防護車

スペックデータ


82式指揮通信車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/13 03:29 UTC 版)

82式指揮通信車(はちにしきしきつうしんしゃ)は、日本において第二次世界大戦後初めて実用化された装輪装甲車である。陸上自衛隊で使用され、主に師団司令部普通科連隊本部、特科連隊本部などに1983年から配備されている。




  1. ^ 装甲車両・火器及び弾薬の開発・調達について 平成23年2月 防衛省経理装備局艦船武器課
  2. ^ 防衛白書の検索
  3. ^ a b c d e PANZER 臨時増刊 陸上自衛隊の車輌と装備2012-2013 2013年1月号,アルゴノート社,P52


「82式指揮通信車」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「82式指揮通信車」の関連用語

82式指揮通信車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

OH-1

9mm拳銃

ウェポンベイ

OH-6D

はやぶさ

CH-47JA

B787

89式装甲戦闘車





82式指揮通信車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2018 陸上自衛隊 All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの82式指揮通信車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS