一色とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 一色の意味・解説 

ひと‐いろ【一色】

一種類の色。いっしょく

一つだけ種類一種類。


いっ‐しき【一色】

【一】[名]

一つの色。ひといろいっしょく

華道で、一種類の花木生けること。「万年青(おもと)を一色にいける」

物事一種類。また、同じ種類。ひとしな。

「しわい人でつひに孫どもに何を―くれられたことが御座らぬ」〈虎寛狂・財宝

【二】[名・形動(「一式」とも書く)いちずであること。また、そのさま。

真面目―な文句」〈漱石明暗


いっ‐しょく【一色】

一つの色。ひといろ。「屋根も壁も白一色に塗る」

全体が同じ一つ傾向でおおわれること。「町は祭り一色に塗りつぶされた」


いっしき【一色】

室町時代守護大名足利(あしかが)氏の一支族足利泰氏の子の公深(こうしん)が三河国吉良庄一色に住んだことに始まる。その子の範氏(のりうじ)が足利尊氏に従って九州戦い、のち四職(ししき)家の一となる。


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

(1)一つの色、同じ色。
(2)一つ種類、同じ種類一品
(3)ひとそろい、ある物事のすべて。


一色

読み方:イシキ(ishiki)

所在 神奈川県中郡二宮町


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 山梨県南巨摩郡身延町


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 岐阜県養老郡養老町


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 静岡県富士市


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 静岡県磐田市


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 静岡県焼津市


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 愛知県新城市


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 愛知県幡豆郡一色町


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 滋賀県米原市


一色

読み方:イシキ(ishiki)

所在 静岡県賀茂郡南伊豆町


一色

読み方:イシキ(ishiki)

所在 静岡県賀茂郡西伊豆町


一色

読み方:イシキ(ishiki)

所在 静岡県駿東郡小山町


一色

読み方:イシキ(ishiki)

所在 岡山県津山市


一色

読み方:イシキ(ishiki)

所在 岡山県真庭市


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 福島県東白川郡棚倉町


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 千葉県富津市


一色

読み方:イッシキ(isshiki)

所在 神奈川県三浦郡葉山町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

一色

読み方
一色いしき
一色いちいろ
一色いちしき
一色いちしょく
一色いちじき
一色いっしき
一色いっしょく
一色いつしき
一色えるねすと
一色かずしき
一色ひいろ
一色ひといろ
一色ひとしき
一色ひとついろ

一色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/21 15:22 UTC 版)

一色(いっしき、いしき)


  1. ^ 一色庄
    吉良荘一色郷。愛知県西尾市一色町一色 (西尾市)


「一色」の続きの解説一覧



一色と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一色」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一色のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一色 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS