下着とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > 衣服 > 下着の意味・解説 

げ‐ちゃく【下着】

読み方:げちゃく

都から地方向かい目的の地に着くこと。

家の子若党引きつれ那須野の原に—して」〈虎明狂・釣狐


した‐ぎ【下着】

読み方:したぎ

肌に直接着る衣類。肌着

和服重ね着したときに上着下に着るもの。


下着

作者ジル・ド・サンタヴィ

収載図書恋人
出版社白亜書房
刊行年月2005.5


下着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 04:25 UTC 版)

下着(したぎ)とは、最も内側(肌に近い側)に着用する衣服の総称であり、アンダーウェアインナーウェアともいう。Tシャツなど、1枚で着用することも想定している衣服を1枚で着用し、結果的に最も内側に着ていることになっていたとしても、通常それを下着とは呼ばない。


  1. ^ *JIS L0215
  2. ^ *田中千代『田中千代 服飾辞典』新増補第2刷、同文書院、1982年3月。[要ページ番号]
  3. ^ ボディをきれいに整える下着選び
  4. ^ 『FLASH』1992年9月15日号[要ページ番号]
  5. ^ 文京区中学校の校則「白無地の下着着用」規定に物議 - R252016年10月25日[リンク切れ]
  6. ^ “小5女子に体操着の下の肌着・ブラ禁止 汗で風邪引くと禁じる小学校の校則が物議「性的虐待では」”. BIGLOBEニュース編集部. (2018年5月18日). https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0518/blnews_180518_3785777464.html 2018年5月23日閲覧。 


「下着」の続きの解説一覧

下着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 06:56 UTC 版)

タンクトップ」の記事における「下着」の解説

アウター調インナーとして保護保温吸汗性のある肌着利用される生地天竺ストレッチ天竺フライスリブスムースなどを用いる。

※この「下着」の解説は、「タンクトップ」の解説の一部です。
「下着」を含む「タンクトップ」の記事については、「タンクトップ」の概要を参照ください。


下着

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 02:55 UTC 版)

カルバン・クライン」の記事における「下着」の解説

Calvin Klein Underwearとして展開している。着心地良くPOPプリント魅惑的なウィメンズラインは、ネット通販セレクトスクエア入手可能ストッキンググンゼ提携して製作している。 映画バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも登場した主人公マーティウェストバンドに「カルバン・クラインロゴ書いてあるブランド下着をはいていたが、タイムスリップした1955年当時はウェストバンドロゴ入ったアンダーウェア存在せず、またカルバン・クライン ブランド生まれ13年前になるため、自分の名前(=カルバン・クライン)が書いてある下着をはいていると勘違いされるというギャグであったまた、俳優のマーク・ウォールバーグカルバン・クライン下着モデル起用され話題にもなった。

※この「下着」の解説は、「カルバン・クライン」の解説の一部です。
「下着」を含む「カルバン・クライン」の記事については、「カルバン・クライン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「下着」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下着

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:54 UTC 版)

和語の漢字表記

(したぎ)

  1. したぎを参照

「下着」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




下着と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

下着のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下着のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下着 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタンクトップ (改訂履歴)、カルバン・クライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの下着 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS