犢鼻褌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣類 > > 犢鼻褌の意味・解説 

た‐ふさぎ【犢褌/×褌】

読み方:たふさぎ

古くは「たふさき」か》肌につけて陰部を覆うもの。下ばかま。とうさぎ

真裸にて、—ばかりをして」〈宇治拾遺一二


とうさぎ〔たふさぎ〕【犢褌/×褌】

読み方:とうさぎ

たふさぎ


ふどし【×褌/犢褌】

読み方:ふどし

ふんどし」の音変化

「—も人を頼まず、帯も手づから前にむすびて」〈浮・一代男・一〉


ふんどし【×褌/犢褌】

読み方:ふんどし

男子陰部をおおう布。下帯(したおび)。

女子腰巻

「女は襷がけで、裾をまくって鼠色になった—を出している」〈鴎外青年

相撲化粧回し

将棋で、桂馬相手の駒二つ同時に取りに行く手。盤上で丁の字形になるのでいう。

カニ腹部生殖器の板。


犢鼻褌

読み方:トクビコン(tokubikon)

ふんどし


犢鼻褌

読み方:タフサギ(tafusagi)

につけて陰部蔽うもの。


ふんどし

(犢鼻褌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/24 02:15 UTC 版)

(ふんどし)は、日本の伝統的な下着[1]。形状によって状の褌と状の褌に大別される[2]。同様のものは世界各地の民族に見られ[3][4]、帯状の褌は南方系民族、袴状の褌は北方系民族の被服の系統に由来するという説がある[2]


注釈

  1. ^ 「越中」の隣にあるから、という意味で男性器の包茎を指す「越前」という隠語があった。

出典

  1. ^ a b c 亀山市歴史博物館 - 亀山市、2021年1月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 飯島吉晴「鉢巻と褌の民俗」『古事 : 天理大学考古学・民俗学研究室紀要』第14巻、天理大学文学部歴史文化学科考古学・民俗学専攻、2010年3月、16-18頁、ISSN 1346-8847NAID 120005858422 
  3. ^ a b c d e f g h i j 古川智恵子、中田明美「衣の系譜に関する研究 : (第1報)褌の系譜とその機能性」『名古屋女子大学紀要』第31巻、名古屋女子大学、1985年3月、1-12頁、ISSN 02867397NAID 110000954535 
  4. ^ a b 平凡社 『世界大百科事典』
  5. ^ 服装文化協会 『服装大百科事典』
  6. ^ 講談社 『実用版 下着おもしろ雑学事典』
  7. ^ 慶友社 『女相撲民俗誌 越境する芸能』
  8. ^ 心交社 『新・ふんどし物語』
  9. ^ 自由国民社 『海女のいる風景』
  10. ^ “家では“裸”の秋吉久美子と“フンドシ”の高樹沙耶”. オリジナルの2014年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141123112233/http://news.livedoor.com/article/detail/3555302/ 
  11. ^ 河出書房新社 『SM博物館』
  12. ^ 『神祭具便覧40巻』民俗工芸2016年9月発行全76頁



「犢鼻褌」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



犢鼻褌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「犢鼻褌」の関連用語

犢鼻褌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犢鼻褌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのふんどし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS