メリヤスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > メリヤスの意味・解説 

メリヤス【(スペイン)medias/(ポルトガル)meias】

靴下の意》編み物機械によって編んだ布地織物縦・横2本の直線の糸でつくられるのに対し、メリヤスは1本の糸による編み輪のからみ合いでつくられる。

[補説] 「莫大小」「目利安」とも書く。


めりやす

長唄一種で、ふつう歌舞伎下座音楽として、物思い愁嘆などの無言演技のとき、叙情的効果上げるために独吟または両吟演奏するもの。もの静かな沈んだ曲調が多い。

義太夫節三味線の手で、人物の軽い対話動作彩りとして、短い手を繰り返し演奏するもの。

[補説] メリヤスのように曲が劇に合わせて伸び縮みするからとも、「滅入りやすい」調子の曲だからともいう。


メリヤス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 14:15 UTC 版)

メリヤス(莫大小・目利安)とは、編み物(ニット)の古い呼び名。


  1. ^ a b c 「メリヤス」『日本国語大辞典
  2. ^ a b c d 大沼淳ほか監修「天竺編み」「メリヤス」「メリヤス編み」『ファッション辞典』文化出版局、1999年。
  3. ^ a b c 並木覚「メリヤス」『日本大百科全書』小学館、1985年。
  4. ^ トリコットとは | 川田ニット株式会社
  5. ^ ニットの知識(Knowledge of knit)|繊維業界検索なび


「メリヤス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メリヤス」の関連用語

メリヤスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メリヤスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメリヤス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS